GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『無彩限のファントム・ワールド 7話』感想、寂しがり屋なネコミミ回!:シュレーディンガーの猫屋敷

つまり、みんなネコ化して可愛かったって回だった!

イメージ 20

イメージ 42

 しかし、百戦錬磨のファントム対策課揃いの学校が、ああも簡単にハマってしまって大丈夫なの!?
 気付くのが遅く、ちょっとやきもきしたけど
 それはそれとして可愛かった!

 ラスト、ちょっと見とれた先輩はラブコメの波動も感じましたね!

ジブリかシャフトか
 屋敷に呑まれ、困惑する晴彦達の描写も面白く、ちょっとSFっぽい感じも印象的。
 ああいう描写って何か好きです

 ネコ化が進み、「飛びつきたい」とか呟く小糸も可愛かった!

『ありえないから、量子力学の問題点を突いた思考実験って事だよ』

イメージ 2

 現実には、「両方重なってるとかありえねーだろ?」という例え話みたいなモンなのね。

寂しがりやのお屋敷に
 久瑠美の友達、アリナの飼い猫ルドルフが消えた頃から、急に学園中がだらけだした
 人間が、猫に変化しつつあると気付いた晴彦達は
 猫屋敷と呼ばれる寄宿舎跡に

 猫屋敷は本性を表し、彼なりの精一杯で、訪れた晴彦達を歓迎する。

 子猫が迷い込んだ「猫屋」は
 往年を懐かしみ、また猫と人間にいっぱい訪れてほしくて、その想いが発信されていたのだ

 一同は屋敷を整備し、また誰もが訪れられる場所にする'''事でファントムを鎮める。

 次回、第8話「猿温泉を突破せよ!」

ルル『毎日、遅くまで本読んでるからだよっ』

晴彦『でも俺、一学期が終わったら好きなだけ眠るんだーーーーーーっ』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

 猫のポーズの玲奈ちゃんかわいい!

夏眠昼夜問わず
 夏休み目前、暖かな陽気に誰もが眠りに誘われ、また「魚が食べたい」と不可思議な欲求が襲う
 一方、ファントム探知能力を持つ小糸は―――

 それは猫屋敷ね?

 気配の原因は「館」。
 元は寄宿舎で、閉鎖後は猫や猫好きが集まっていたが、事故で閉鎖された。

 一方、学生の「猫化」は傍目には更に加速しつつあり―――

 てか誰か気付け!

晴彦『それで、猫って?』

久瑠美『はい、アリナちゃんの猫の、ルドルフが迷子になってしまって……』

イメージ 12

 そんな晴彦たちに「子猫探し」が舞い込み、今回、一銭もならないのに舞先輩は快諾!
 先輩、苦学生らしいのに良い人だ!
 でかい人だ!

 しかし、今は本当に手軽に「動画」で残せますから、本当に便利ですね。

 一昔前は、写真でさえ手間だったのにねえ

舞『玲奈ちゃん、何してるの…?』

『こ、これは何て良い香りなの! 食欲を歓喜する魔性の調べッ!』

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

 あー、予告の頬を押さえた玲奈ちゃん、コレを恥ずかしがってたのね。

写真撮らなきゃ!
 一行は、晴彦のスケッチを元にポスターを量産、あちこちに「尋ね猫」を出すローラー作戦に出るが
 猫化は激化!

 翌日、遂に猫耳が生えてきてしまい、咄嗟に撮ろうとした晴彦がグーパンされる事態に!

 流れるようにルルてめえ!
 でも、これは撮ろうとしても仕方ないですよね!

 校庭では運動部も全滅、ブルマからシーンに入っていくとかいうあざとい描写も。あざとい!

 このジャンプ力、世界を狙えそう!

その日から、世界は一変した―――

男子生徒『これ、どうやったら取れるんだよ~』

イメージ 23

イメージ 24

 しかし、猫化の進行には個人差があり、ロクに寝てない晴彦あたりはまだマトモな方。
 実は、成長ホルモンのせいなんじゃないか
 と看破する

 運動したり、よく眠ったり、運動部や小学生は進行が早いという道理。

 あ、舞先輩も進行が早そうですね!

晴彦『小糸さん、さっきの“ファントムの仕業”っていうのは…?』

小糸にゃん『猫屋敷よ』

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 27

 ファントムの仕業だ!

シュレーディンガーの猫
 一同は、猫屋敷と「迷い猫ルドルフ」が関わっていると気付き、屋敷の調査に向かうのだったが
 ルドルフの声はするが、姿が見えない
 もしや―――

 ルニョルフは生きてにゃすっ!

 猫箱の話に
 まるで、ルドルフも生きているのか、死んでいるのかという現状。

 これはさすがに舞先輩たちが悪かった!

 しかし探索は進まない。

玲奈『す、すみませんっ』

晴彦『い、いやこれから何があるか分からないから、気をつけてねっ』

イメージ 25

イメージ 26

 また、薄暗いお屋敷に怯える玲奈、飛びつかれて役得な晴彦の図式もありましたが
 舞先輩、ちょっと面白くないと言うご様子。
 ラブコメ

 ともかく、日が沈む前に片付けようという話ですが―――

晴彦『どういう事なんだろう、探せど探せどどこにもいない―――』

小糸『きっと子猫はここにいるはず』

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

 非現実感って好きだな!

シュレーディンガーの猫屋敷
 が、屋敷内は昼であり、夜であり春夏秋冬いずれでもあり、とてつもなく不安定な場所。
 開けてみるまで、何である可能性もある屋敷

 これじゃまるで、俺達が箱の中の猫…、この屋敷自体がファントム!

 屋敷自体が「猫の箱」
 晴彦たちが、シュレーディンガー箱の「中の猫」

 混乱に気付いた晴彦たち、屋敷、それ自体がファントム化している事が判明する!

 異次元空間なワケだよ!

小糸『天地開闢の調べ!』

晴彦『小糸さん! 屋敷燃やしたら、俺達も焼け死ぬから!』

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

 そうと分かれば話は早い! が、「館」が壊れてしまえば晴彦達も巻き添えで死ぬ!
 かといって、内側からじゃ全体像が解らないし
 食べることもできない!

 コレ詰んだ!

 そして、久々にめっちゃ揺れる舞先輩!

晴彦&玲奈『これって…』『猫が喜びそうなものばかり―――?』

小糸『飛びつきたい……』

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 1

 ひょっとして俺たち、もてなされてる…?

猫屋敷の心
 実は、子猫が迷い込んだことで、往年の賑わいを思い出した館が活性化したのが原因。
 彼はただ、寂しかったのだ。

 でも、寂しいのはあなただけじゃない、ここに迷い込んだ子猫を助けて欲しいの―――

 猫化した久瑠美
 玲奈との二人がかりの説得に、館はルドルフを返還

 自分の中で、「生きており/死んでいる」状態になっていたルドルフを、生物として返還する

 館さん、ただ寂しかっただけだったのね…。

『観測した結果が、物体の状態に作用するって考え方があるんです』

イメージ 46

イメージ 47

 晴彦も一通り説明していましたが、舞先輩がさっぱり理解できてない感じで微笑ましい。
 後で解説します、って晴彦が言ってましたが
 いつもそうなんでしょうね

 久瑠美ちゃんたちの気持ちが、ルドルフを命あるものに固定したっていうか…

 猫化も、仲間欲しさにやっていたワケね

玲奈『みなさん、もう一仕事、してみませんか?』

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 56

 ここは生徒が自由に出入りできる、ティースペースになりそうです♪

放課後ティースペース
 その後、「館」の気持ちを感じ取った玲奈の提案、神出鬼没の姫野先生の実行力によって
 再び開放され、寂しがる事はなくなった。

 普通に見えていても、内側には不確かなモノが、沢山含まれているかもしれないって事ですね。

 一見すると普通の館
 でも、そこには人間のような不確かな感情があるのかも。

 晴彦にちょっと見とれる舞先輩、ラブコメ感がありますが、さてどうなんでしょうね

 本作のノリだと、ドロドロ展開は無いですよね…?

予告・玲奈『学校に温泉が涌いて、そこには大きなお猿さんが浸かってて…』

ルル&晴彦『ウキキ♪』『おい、誰が猿だ!?』

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 1

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 56

 Web予告、画像付きの感想記事はこちら。

猫箱回
 成長ホルモンに作用する設定、「身体の成長に乗じ、新しい細胞を猫化してる」ような印象で
 軽くゾッとしましたが、寂しかったのね

 混乱する晴彦が見た、「遠ざかってく猫たち」とか、館の心に迷い込んだんでしょうか

 さて次回もドタバタ回!
 というか、次回は更にバッカバカしい回になる模様?

 次回、第8話「猿温泉を突破せよ!」