GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『プリンス・オブ・ストライド 7話』感想、爆笑爽快の合宿回! その“過去”は…?:RIVAL -8月の約束-

笑った笑った! 得るもの多き合宿回! また会おうぜ、大きな栗の木の下でな!

イメージ 1

イメージ 50

 〆のボケまで完璧だった合宿回! 特に陸と遊馬のコンビが…、いや負けず嫌いな藤原も楽しかったし!
 無言で差し出す肉の友情、成長する桜井さん
 藤原だけが覚えていた過去も

 結局、西星にも遊馬にも一回も勝てなかったけど、すっげーパワーアップした気がする! 次は、次こそは!

絶好調とは奈落の手前よ!
 が、予告を見る限り、次回からは八神陸のデスロードがスタートってね…ッ!
 上げて落とす!

 初回で、陸と桜井さんに妙に遠慮がなかった藤原、その理由も判明。その辺が復活の鍵か!

『テストから解き放たれたヒース君は、アホになる事で自分を保つんだ…!』

イメージ 2

 支倉部長アホの子疑惑! アンタ、陸と同類だったのか!

RIVAL<友達>
 夏休み、西星学園の合宿に誘われた西南は、豪華な設備と圧倒的な練習量に気おされながらも
 貪欲に成長へとひた走ってゆく

 特に八神陸は、同じく優れた兄と比べられる黛遊馬と仲を深め、後半でバテる難点の克服に励んだ

 藤原尊は、八神陸・桜井奈々の為にも負けられないと闘志を燃やす。
 もう、二人とも覚えていないと知ってても
 かつて友達だったから

 けっきょく西星には一度も勝てなかったが、互いにライバルとして健闘を讃え、再戦を誓い合うのだった

 次回、STEP_08「WALL -その背中、ただ遠く-」

門脇『オホーツクの死闘…、厳しい戦いでござった…ッ!』

支倉『うんうん…、ってオイ、人の記憶、勝手に捏造すんじゃねェよ!』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

 ヒャッハー夏服だ! 回想のSD久我先輩、なんかかわいいぞ。

ビッグ・スケール
 夏休み直前、テストでの死亡から、無事復活を遂げた支倉・八神・藤原の3バカトリオ以下スト部
 そこに、壇顧問から新たな四文字熟語が届く

 良い話がある…、合同合宿…、だ!

 西星からのお招き!
 設備は万全、チョー豪華な、ストライド訓練施設に招かれる方南スト部。

 やっぱ、強いところは相応にカネかかってるわね。

 まさにラクエン!

完治した門脇『まさにストライドの…、楽園やーーーーーーーーーーーっ!』

藤原『転校したく…、なってきた……』

イメージ 9

 この後もしばらく、びよんびよんし続けた模様…、ストライドバカには垂涎の施設よね!
 コストに対し、「二軍選手」が出てこないのはおかしい気もしますが
 そこはまあ作画大変だしね!

 にしても、今週も門脇先輩の台詞はおかしいぜ!

久我恭介『しかし、室内では風の影響がないからな…』

千代松『ところがどっこい! こういう機能もあるんだにゃー♪』

イメージ 11

イメージ 12

 ただ室内という事で、風に定評ある久我先輩が指摘しますが、巨大なファンがあちこちに
 また、風圧特訓も可能だとか
 カネかけすぎ!

 真っ先に脱落する門脇先輩、ずるずる後退する藤原、ビクともしないウインド久我先輩さすが!

 千代松、声が「俺物語!!」の猛男と同じって、cv江口さんすげえな…。

遊馬『へへっ、ストライドの施設に関しては、多分西星が日本一だな!』

怜治様『まずは、練習試合をしよう』

イメージ 10

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

 おお、やっぱ八神のスタートはすっげえ! しかし…!

再戦・西星ストライド
 さっそく練習試合とは話が早い! 描写は最小限でしたが、それぞれの因縁が快い再戦だった!
 が、久我加入の大幅戦力アップを入れても
 方南は完敗

 良いねえ、やっぱりすごく楽しいよ! 方南と走るのはッ!!

 まず地の利
 そして、油断が無い故でしょうか

 前回は接戦でしたが、ラストで怜治様は明らかに落胆し、度肝を抜かれた印象が強かったですし

 リレーショナーの実力、経験差も明確に

怜治様『ほら、キミ達もおいで?』

八神『バケモンかよ…―――』

イメージ 20

 無論、豪華な施設に見合うだけ練習量、練習を苦にしない「普段の練習量の違い」を見せ付けられ
 これは負けても仕方ないという―――

 では拙者は、ここでイメージトレーニングという重大な…

 逃げる門脇!
 ってか、久我さんが真っ赤になるレベルって、やっぱエリートは練習もスゲえな!

静馬『遊馬! ここでは(摂取水分は)300mmまでにしておけよっ』

遊馬『お互い、デキの良い兄貴を持つと大変だな?』

イメージ 21

イメージ 22

 また、陸がまたしてもトラウマを刺激されますが、似た苦労をしている遊馬相手なら
 ギリギリ、笑って返せるんだなー
 という場面も。

 加えて、フォームが前傾過ぎて呼吸量が少なく、それが原因で後半バテ気味なんじゃないかと助言も。

 遊馬さんホントもう…
 ちゃんと、「敵に塩を!」って後悔してますが、面倒見が良すぎてもう!

静馬『声が、聞こえるんですよ』

『息遣いを聞いていると、彼らの思っている事が伝わってくる気がしませんか?』

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

 相手を乱す囁き戦術じゃない、王者の戦法を学ぶ桜井さん。

よりそうかたち
 兄の静馬も、「リレーショナーとは仲間の背中を押す」役割だという心得、桜井に助言を送る。
 だから、ランナーの“彼らが何をしたい”のか
 それを知るのが大切なのだ

 攻めるリレーションを求めるほど、ランナーとの信頼関係が必要ですからね。

 スピードを殺さない絶妙なタイミング
 一歩間違えれば失敗する、そんな「攻め」の指示が必要なのね。

 万一失敗した時も含め、信頼関係醸成は大切。

八神『いっただっきまーす♪ ……ふりかけ持参か?』

藤原『プロテインだ』

イメージ 27

 そして食事、この時、怜治様がめっちゃ「楽しそうにしてた」のって前振りだったのね!
 後ろ、遊馬がミョーに楽しそうにパンを頬張ってますが
 八神家製でしょうか

 一話、八神家がパン屋だってネタがあったので、もっと攻めるかと思ったが全然ネタにならんな!

静馬『その心配は入りません、我が校の栄養士はカンペキです(中略)』

藤原『なんだと!? ではこのリンゴにも!?』

イメージ 26

イメージ 28

イメージ 1

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

 いかにも器用そうなのにヘタな壇先生、入浴シーンカットの桜井さんとかネタ満載だった! チキショウ!

負けず嫌いな男たち
 その後、食事中も「競争」と聞いて燃え上がったり、不戦敗がイヤで卓球に参加するとか
 藤原、クールそうだが着火早すぎィ!
 笑わすな!

 俺たちが負けちゃったんだから仕方ないだろ? 俺たちが♪

 陸無能!
 かつ、連帯責任を強いる八神陸!

 今週、藤原が燃えすぎである。いやホント無意味に色んな場面で。瞬間湯沸かし器尊!

 卓球作画も無駄に良かった!

八神&藤原『『おーきな栗のー木の下でーーー♪』』

『あーなーたーと』『わーたーしー』

イメージ 39

 罰ゲーム、何を歌うのかと思ったら「大きな栗の木の下で」とかいうチョイス。
 お前ら小学生か!

 こういう曲、ここぞで盛り上がるというチョイス!

怜治様『―――これで、合宿最後の練習だね』

支倉『最後はもちろんッ!』

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

 早朝、柔軟、各自の走りに対する分析、全身の筋肉を養うプールでの特訓などなど―――。

走れ走れ走れ!
 やがて描写と共に時間を経過させ、あっと言う間に合宿最終日、再び激突する両校スト部!
 利害がない、純粋な勝負って最高だ!

 特に「怜治さんに楽してもらわんと… vs 絶対負けねえ!」の支倉達!

 まさに「どっちも負けるな!」
 桜井さんも、呼吸を読む戦法を着実にマスター。

 軽快な小日向、改善に歓喜する陸、引き離され、全力疾走する藤原!

 短いが、成長を感じるシーンだった!

小日向&門脇『『美味しそーーーーーーーーーーーぅっ♪』』

藤原『練習試合、あざーした(ありがとうございました)』

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

 久我にべったりな奥村、そこで、怜治さんの方がすごいとか主張する妹尾さんホント怜治ファン

静馬っ!
 そんなこんなで方南は再び完敗し、最終日の夜は、栄養云々を忘れての海岸バーべキュー大会!
 チッ、このリア充実共が!

 神戸限定復刻版、むっちょんまっちょんプロテイン―――。

 と思ったがプロテイン!?
 なおかつ、「まろやかで美味しい!」とか言い出す怜治、即座に神戸ツアーを企画する静馬!

 やべえ、西星のメンツ本当に楽しすぎる!

陸&ヒース『角脇先輩、顔に火の粉が!?』『大丈夫か!?』

門脇『うう、危うく直火焼きアフロになるところでした―――』

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61

 神戸牛ボード用意してる怜治様、すげえ欲しそうにする藤原ホント好き。

一緒にやろうよ
 最後は、花火大会からの暴走フリーダイブサービスで、楽しく最後の夜を過ごしましたが
 藤原が気になる一言も。

 あの日もこうやって……、水辺でやったな―――…、なんでもない。

 藤原だけは覚えてた過去
 もしかしたら、協調性のない藤原が、「チーム競技」にのめり込んだポイントもそこにあるのか…?

 幼い日の桜井さん、ヒロインみたいに花火を振り回す陸

 そして直火焼きになる門脇!

藤原『これは…?』

イメージ 62

 別れの朝、そっと神戸牛シャツを贈る怜治様、当惑する藤原だった
 怜治様、既に着てただと…!?
 笑わすな!

 何となくカッコイイ動きでダサTを着こなす怜治様!

諏訪 怜治『秘めたる想い、感じるよ。次に走るとき、キミの全てを見せて欲しい』

藤原 尊『……約束する!』

イメージ 63

イメージ 64

イメージ 65

イメージ 66

イメージ 67

 俺は負けるわけにはいかないと言う場面、陸&奈々ちゃんが描かれてるのが意味深。ホント。

次は、次こそは!
 それぞれに再会と再戦を期する中、ただただ、上がり調子な自分に燃える陸が熱い!
 良かった、前回のトラウマは払拭された!

 結局、西星にも遊馬にも一回も勝てなかったけど、すっげーパワーアップした気がする! 次は、次こそは!

 次はって気持ちは大切だ!
 次は試合で、エンドオブサマーで会おう、と別れをかわすストライド馬鹿!

 大きな栗の木の下でなーーーー♪

 忘れてあげて!?

予告・千代松『1粒300mのグレコの新作は悪魔のグミ、なんとドリアン味!』

陸『次回プリスト、タイムトライアルは悪魔の味!』

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 1

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61

イメージ 62

イメージ 63

イメージ 64

イメージ 65

イメージ 66

イメージ 67

イメージ 68

 ドリアンとは悪魔のフルーツ、“生ゴミの臭い”にも例えられるが、慣れると超旨いという…ッ!

次回、敗北必至のタイムトライアル!?
 いやあ、西星が好きになるにつれ、エンディング曲もいっそう好きになる相乗効果
 が、今回が思いっきり上がり調子だったのは
 次回の悲劇に備える為!

 オープニングでのラストチーム、帰ってきたトラウマ兄、巴率いる強豪登場!

 当人には悪気/Zero
 状況的に、明らかに敗北必至、しかし負ければ先に進めないワケで…?

 次回、STEP_08「WALL -その背中、ただ遠く-」