GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『蒼の彼方のフォーリズム 6話』感想、本性! 頑張る程みさきが折れる! ヘシ折れる!:それが君の実力かい?

半脱ぎ! サブタイ、みさきに向けたものじゃなかったのね…

イメージ 32

イメージ 1

 自分の全力以上を出せた、あと少しで勝てた…、と思ったら相手は本気じゃなかったと判明し
 可愛がっていた明日香にも、間接的に完敗したみさき
 後輩に追い抜かれる瞬間ってキツい…

 明日香も初の部活で持久力不足を露呈、全メンバー敗退し、新展開に突入か!

次回は最強決定戦!
 で、国内最強vs発祥の地から来た未知の強豪、真藤先輩には最強でいて欲しい気がしますが
 負けて、来年「彼女」と対決する最終回なのか…?

 次々回以降がどうなっていくのかも、気になる展開ですね。

黒渕『何なの…、勝負なのに楽しそうにしちゃって…!』

イメージ 2

 何気なくオープニングにも居る黒渕さん、明日香相手に無念の敗退。

愕然
 夏の大会第二回戦、ライバル視する「国内最強」の真藤に対し、敢然と挑むみさきだったが
 彼の目は既に明日香を見据え、当初はあしらわれるも
 彼を追い込む大金星の末に敗退した

 第三回戦、初めての部活、部の皆の為にも勝ちたいという明日香を、応援し送り出すみさき

 が、明日香を買っている真藤は「本気」を披露
 その上で彼を追い詰めた明日香に、真藤は本来の戦闘スタイルに転じて圧勝した。

 自分と明日香への真藤の評価の違い、彼女と開いてしまった実力差にみさきは愕然とする。

 次回、第七話「刺される前に刺せ!」

晶也『始めからショートカットして、先手を打ち続けろ!』

みさき『りょーかいっ♪』

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

 各務先生は世界大会経験者で晶也の師匠、このスポーツ、何年くらいの歴史なんでしょ。

因縁の対決
 みさきは、宿敵・真藤との再戦に燃えるが、「楽しみな選手がいる」と試合前に話していた彼は
 スピード差を活かして先行

 一回戦は「ファイター」を格闘戦で叩き潰したが、みさきにはスピードで応じた。

 思えば眼中に無かったのね
 汎用型の彼は、「相手の得意分野」に合わせた上で圧勝する

 それをしない程、“明日香との戦い”に逸る真藤!

 みさきち不憫!

晶也『目を閉じろ…、目を閉じて、俺の指示を聞け!』

イメージ 10

イメージ 11

 真藤のフェイントに反応できない、なら、敢えて「動きを見ない」事によって
 晶也が彼女の目になる事で、追随を開始する!

 って、信頼するみさきもそうだが、晶也くんどんだけ怪物なの!?

 晶也にはフェイントが通じない!

みさき『いくよっ!』

晶也『みさき、焦るな!』

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 1

イメージ 19

 バチバチ、って「格闘戦」の事なのね! 単に「燃えよーぜ!」みたいな意味かと!

「実力」以上
 無論、その後も試合は真藤のペースだったが、みさきもエアキック・ターンを体得した事により
 虚を突く格好で一気に優勢に!

 勝って! 勝利のうどん食べるんだ・か・らーーーーーーーーっ!

 が、タイムアップ
 流れは完全にみさきが奪うが届かず

 負けたといえど後ちょっとだった、次やれば勝てる!と言わんばかりの余韻を残す。

 みさき先輩が進化した!

みさき『こんな気持ちのうどんも、悪くないかもね~♪ …って、明日香?』

イメージ 20

 手ごたえはあった、ここから更に特訓すれば、きっと届くと確信できた。
 みさき、幸せのうどんである。
 かわいい。

 そんな経験者のみさき、明日香の疲労を見抜く

明日香『―――あたし、頑張ってきますね』

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

 めっちゃ気合の入った脱げていく作画。

ありがとう、明日香
 初日は一戦だけだったが、参加選手が減った二日目は、早くも「三回戦」が待ち受けている
 唯一残った明日香、彼女の疲労を見抜いたみさきは
 連れ出して休ませるのだが―――

 私、部活したこと無かったし、こうやって一つの目標に向かう事も無かったから…、今すごく嬉しいんですっ

 一緒になって味方の分まで!
 負けたけど希望は見えた、可愛い後輩も育ってきてるとみさきも嬉しい!(歳は同じ)。

みさき『心配っちゃ心配だけど…、明日香なら大丈夫だよ、きっと!』

イメージ 25

 続く第三試合、早くも真藤と初対決に、晶也は「とっさの機転が持ち味だ」として
 明日香の判断を最優先する

 その発想力が、今度はどんな展開を生んでくれるのか? 大いに期待しているよ。

 晶也に拘泥する真藤
 彼も、明日香を「佐藤院との緒戦から」チェックしたと、彼女自身を大いに評価する発言に。

真白『明日香先輩、追いついた!』

みさき『いや、真藤さんのスピードがちょっと落ちた……?』

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

 なんでそんな大技、今まで使わなかったんですか?!

トベ・スイシーダ
 事実、開始早々から真藤は次々と大技を披露、これまでは使ってこなかった「格闘戦」の大技
 プロ級の技!

 使う気にならなかったんだろうな……

 みさき戦も含めて前座
 プロ級の彼には、実力を出すまでもない相手ばかりだったと明かされる。

 追い詰められる明日香以上に、精神的にヒビが入るみさき!

 信じたくねえ暴露だよ!

真藤『それが君の実力かい?』

イメージ 32

イメージ 33

 サブタイは、ずっと意気込んでいたみさきに対してでなく、明日香に向けたものだったのね。
 これはみさき先輩辛い。

 先週の流れと予告、てっきりみさきの頑張りが山場になる回だと!

 みさき、色んな意味で前座扱い!?

明日香『すごいです…、かっこいいです!』

真藤『あっはっは…、そう来てくれないと、面白くない!』

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

 何故、真藤が自分相手に「それ」をしなかったか、まだ認められなかったみさきですが―――

倉科明日香、吼える!
 当然、真藤自身は更に高度なエアキック・ターンを披露、実力差は決定的だった
 が、そこからが逆転劇!

 エアキック・ターンを……、三連続って…!?

 対抗してのターン!
 で、動きを止めてから更にターン! 追撃もエアキック・ターン!

 技というより、連発してきたという驚きに硬直する真藤

 みさきに至ってはボロボロだよ!

みさき『もしかして…、明日香が勝つの…?』

イメージ 43

 明日香の勝算に、むしろ絶望するみさき、真藤にハッパをかける佐藤院!
 当事者以外の感情も千々に…!

 のみならず、明日香は激闘でイヤホンが外れ、完全に独力で対抗する格好になっていた。

 今や、名実共に久奈浜最強の存在に!

佐藤君『私の知っている真藤一成は、圧倒し勝利をもぎ取る絶対王者です!』

『あと、佐藤院ですわ!』

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

 分かったよ、佐藤院くん…! って部長が「佐藤院」って呼んだ!?

真藤一成
 しかし、事ここに至って穏やかな雰囲気は崩れ、荒々しいファイターに転じた真藤の猛攻に
 明日香はなす術もなく敗北

 真藤にここまでさせたんだ…、追い詰めたと言っていい

 とは各務顧問の談
 本来は、この貪欲なファイトが真骨頂だと。

 手加減から平常、プロの技を用いる本気、そして第四形態とも呼ぶべき本気の本気!

 RPGのラスボスみたいな段階変化!

『真藤選手、最後は連続2得点で試合終了ーーーーーーっ!』

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

 勝って清々しく、負けて悔いなく、両者の健闘を讃えて割れんばかりの歓声が広がる中
 一人、みさきだけは本気の敗北感に沈む
 多分一回戦の人も同様

 自分は、「王者」の薄皮を剥がしただけとも知らず勝ち誇ったみさき

 庇護対象だと思っていた、後輩プレイヤーに追い抜かれた敗北感、これはかなりキツいですが―――。

予告『気合だあーーーー!』『これもフライングサーカスなんですね!』

『刺される前に刺せ!』

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 1

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

 半脱ぎえろい。

次回、真藤vs日本国内無冠の「最速」!
 思った以上に激しく、それも二回と見応えありましたが、みさきがどんどん曇っていくのが辛い
 ラストは、再び試合で決着をつけるにしても夏の大会が終了し
 しばらくはみさきが沈み続けるのか

 仮に今後、恋愛面が強くなるにしても、「主人公」明日香は優位でしょうし……?

 とりあえず次回は決戦!
 王者勝利か、それともダークホースが王者を討つのか…?

 次回、第七話「刺される前に刺せ!」