GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『灰と幻想のグリムガル ep6』感想。メリイさんの棺、“マナトの轍”を避けるワケ。OPがリニューアル!:彼女の場合

五対一じゃ、イヤだろうから。見えてきた“もう一人のマナト”の涙

イメージ 73

イメージ 63

 少しずつ、「素」が出てくるメリイさん、ちょっとだけ落ち着いて、周囲の観察を始めるハルヒロの回。
 ラスト、一気に過去が語られ、よく似た子だった事も判明
 ホントはよく笑う子だったのね。

 へ? なんで敬語?

キャラを作ってるグリムガル
 特にアレ、つい「結構です!」とか言っちゃって、ハルヒロに疑問を抱かせる場面とか
 内面を思うと微笑ましいですね!

 マナトが魔力切れで回復できなかったように、彼女は、魔力切れで仲間を失ったという事なのか…。

前回で「メリイ」が登場、という訳で、オープニングも一新!

イメージ 12

 完全新規動画、「さ、次!」みたいな手の動きがなんか可愛い。

5対1じゃなくて
 ハルヒロは、皆でメリイさんへの敵意を解いて、彼女を受け入れようと提案。
 また、パーティーの様子を努めて見回す事で
 改善を図ってゆく

 少しだけ、彼女の「地」が見えた気がした一行は、知り合いらしい“シノハラ”氏を頼る。

 かつて仲間で友達だったハヤシ氏は
 メリイが、かつてマナトのように負担を背負い込みすぎ、仲間を死なせたと悔やんでいる事実を伝える

 次回、epsode.7「ゴブリンスレイヤーと呼ばれて」

ランタ『何をはやとちりしたって言ってんだよぉーーーーー!』

ユメ『あんなぁ、ただ、ハル君にギュッとして貰ってただけでなぁっ!』

イメージ 27

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 オープニングの集合絵、でも、マナトは…。いや「ゲーム転生型」なら或いは…?

詳しく!ディティールが大事なんだ!
 そろそろ、オープニング曲が心地よくなってきた一方、「前回の一件」でパーティーは大混乱
 そして落ち着いた

 ま、ンな女でも神官がいねーよりはマシだからなっ!

 議題はメリイに
 ってか、騒動が尾を引かなくて何より、ユメやんはホント底抜けのアホやなあ…。

 メリイさんともっと仲良くなろう、って話さ!

 それは必要なことだし―――

ランタ『―――アレか、俺にデレる立ち位置ってワケだよな当然』

モグゾー『と、当然、ら、ランタ君にはデレないと思う』

イメージ 29

 モグゾーが突っ込んだ!? と視聴者が驚いたし、ランタも仰天しててなんか笑います。
 少しずつ、傷が癒えていくお話

 最初はみんな混乱して、稼げなくてふさぎ込んで、やがてマナトを失って。

 今まで、ロクに和む暇もなかったんですよね。

『いつまでも、五対一みたいな感じだったら、馴染めるものも馴染めないだろ』

ユメ『そやなあ…、ユメたちもメリイちゃんに冷たかったかもなぁ…』

イメージ 28

 この時、ふーふーしてたシホルが可愛く、また、ハルヒロの視点が少し成長してましたね。
 あっちが嫌ってる、ならこっちも嫌って当然だ―――
 なんて考えをまず止める

 彼女にすれば、一対五で、気を張ってるのも仕方ない状況だと。

 無論、彼女が悪くないとは言いませんけれども

メリイ『―――おはよう』

『はやく行って、わたしは付いていくから』

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

 早朝の市外戦、ゴブやんも眠そうであった。

おはようから戦いまで
 てなワケで、距離を縮めようとするが、やっぱりメリイさんの鉄面皮は鉄壁で苦戦が続く!
 が、戦いが終わった後―――

 ! ごめんなさい…

 小声のメリイさん
 彼女が、常に「戦いの後なら」治癒してくれると気付くハルヒ

 また、「戦わない」と言いつつも、警戒は怠りません。

 これって大切な役割です。

ハルヒロ『(戦いが終わった後なら、治療してくれるんだよなあ…)』

メリイ『呼び捨てにしないで、ハラワタが煮えくり返るから』

イメージ 40

 後から思うと、ここぞでちゃんと回復が出来るよう、温存する戦法って事なのね。
 こまめに回復すると、魔力が尽きちゃうから
 それがトラウマだから

 また全員頭に血がのぼってしまう戦場で、クールに、後ろから戦況を見守る役割は大切。

 某漫画で大魔道士マトリフも似たことを言ってた!

前後しますが

イメージ 30

イメージ 31

 早朝、少し雰囲気に違和感があったの、「もう来ないかな」とか思ってたんでしょうか。
 こうやって、二度誘ってくれたケースって
 割と珍しいのかも

 ちょっと違和感があったのは、嬉しかったのかもなー、とか。

ハルヒロ『もしかして、やり方の問題? ヒーラーとして』

メリイさん『―――は?』

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

 教えて欲しい…、メリイとマトモにコミュニケーションをとる方法を……。無理です。

メリイと話す百の方法
 ヒーラーの手法、ハルヒロは和解の道を見出すが、やっぱりすげなく会話を断られ無事轟沈。
 今度は全員で、酒場で飲んだくれる事に
 ちっぱいと共にな!

 んん…? ユメは決して小さくもなかったような………

 冷静で的確なむっつり。
 ランタが、先輩風吹かせてることにも笑います。お前も最近きたばっかだろうが!

 また、メリイさんも酒場の常連らしい。

モグゾー『―――誰かがメリイさんに話しかけてる』

『あれ、“オリオン”のマスター、シノハラさんじゃない?』

イメージ 50

 そんなメリイさんだが、有名なクラン=複数のパーティーが集まった、大規模な集団のマスター
 シノハラ氏と知り合いである事も判明

 本来、彼女はハルヒロ達とはレベルが違う実力者なのね。

 また「シノハラ」という名前、他の義勇兵も、多くはハルヒロ達と同じ境遇な事も窺えます。

ハルヒロ『―――マナトは、俺に頼むって言ってた』

『それってやっぱり、マナトがやってた事を俺がやれって事…』

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

 めんどくさいよとはまた酷い! いや解るが!!

「手帳」の幻
 その夜、ハルヒロはマナトの幻を見ますが、「もしマナトが生きていたら励ましてくれた」みたいな
 きっと、マナトならこう言っただろうな
 みたいな幻

 見せてくれよハルヒロ、俺たちのパーティーが、どうなってくのかを

 どうすれば良いのか
 当然、ハルヒロ自身に解らない具体的な答えは、「死者」は答えてはくれない。

 激励に立ち上がるハルヒロですが―――

ハルヒロ『(モグゾーがいつもより慎重なのは、兜の差だ)』

『(役割が違うから、そういう事に気付きも、いや見ようともしなかった)』

イメージ 55

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61

 しかしハルヒロ、それも大切ですが、あんま余所見してると足元がお留守ですよ!

「指揮官」に大切なこと
 翌日、ハルヒロも努めて周囲に気を配るようになり、「立ち止まって支える」モグゾーには
 装備が、兜が必要である事にも気付く

 モグゾーの装備が整ってないと皆が困るんだよ、もっと思い切って戦えたら、それは俺の為でもある訳。

 RPG的な。
 また、メリイは「戦わない」が、シホルの護衛をしている事も気付く。

 そうしてハルヒロが気付き、それを指摘していく事で、パーティーは更に結束する事に

 視点って大切よね。

メリイ『―――まだ何か?』

ハルヒロ『(だからいちいち怖いんだって…、仲間じゃないか)』

イメージ 62

イメージ 63

イメージ 64

 それでもメリイさんは手ごわい、ハルヒロは、「嫌われるより好かれた方が良いだろ」と考えますが
 世の中、“好かれるより嫌われたほうがラク”という人もいる
 今のメリイさんはそっち。

 とはいえ、気持ちを押し付けるだけじゃ嫌がられる、それはハルヒロも解るワケで。

 まず、メシでも一緒にどうかと誘うハルヒ

メリイさん『―――――…結構です』

ハルヒロ『へ? なんで敬語?』

イメージ 65

イメージ 66

イメージ 67

イメージ 68

 かなり長い沈黙の後、なぜか「敬語で」断るメリイ、「敬語」を指摘してしまうハルヒロ。
 それは、彼女自身にも意外だったのか
 慌てて去るメリイさん

 そんな彼女、今日は前よりちょびっと可愛かったとは可愛いユメの談である。

 少しずつ綻びてる、それは解るワケで―――

ハルヒロ『“オリオン”のシノハラさんに聞きたい事があるんだ』

『良かったら一緒に来てくれないか、皆も』

イメージ 69

イメージ 70

イメージ 71

イメージ 72

イメージ 73

イメージ 74

イメージ 75

イメージ 76

イメージ 77

イメージ 78

イメージ 79

 マナトのように負担を負担と思わず、また、ユメのようなムードメーカーでもあったと。

メリイさんの棺
 以前は、マナトと似た「すぐ回復し」「盾・回復・攻撃」を担う、笑みを絶やさない少女だった。
 が、メリイが“負担を負っている”と彼らも気付けず
 戦いに深入り

 結果、レベルに見合わぬ強敵、凶暴な狗頭族・コボルト“デッドスポット”と交戦

 マナト同様に魔力が尽きてしまった
 違ったのは、彼女自身でなく、三人もの仲間を失った

 生き残れたのはミチキ、ハヤシ、そしてメリイ、それから彼女は変わってしまったという。

 もう笑う資格なんてない、と。

ハヤシ『なぜ、どうして、メリイ早く!』

メリイ『ごめんなさいハヤシ、私、魔法が………!』

イメージ 80

イメージ 81

 当初、「彼女自身から聞け」と言うかと思いましたが、あっさりと全てを話してくれたハヤシさん
 メリイに立ち直って欲しい、その為なら何かをしたい
 そんな気持ちだったんでしょうか

 けど、当時者だからこそ上手くいかず、シノハラに仲介を頼み、そして彼らにまで話したのか。

 ハルヒロ達は、どう和解してゆくのでしょうか…?

次回、「ゴブリンスレイヤー(ゴブリンを倒す奴ら)と呼ばれて」

マナトの死後、初めて“髪飾り”を身に着けるシホル

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61

イメージ 62

イメージ 63

イメージ 64

イメージ 65

イメージ 66

イメージ 67

イメージ 68

イメージ 69

イメージ 70

イメージ 71

イメージ 72

イメージ 73

イメージ 74

イメージ 75

イメージ 76

イメージ 77

イメージ 78

イメージ 79

イメージ 80

イメージ 81

イメージ 82

イメージ 1

 シホルも、マナトの死を乗り越えようとして…?

初心者ヒーラーの罠
 メリイも、マナトみたいに肝心な時に魔力が尽きてしまい、それで仲間を失ったのか……。
 なら、魔力を極端に温存するのも納得ですし
 嫌われるのも納得

 笑えないのも確かだし、それに嫌われ者を演じた方が、回復を断りやすいから。

 事情を話して同情されるより
 それこそ、嫌われる方がやりやすい、って感じなんでしょうか。合理的じゃけど彼女らしい気がします。

 次回、epsode.7「ゴブリンスレイヤーと呼ばれて」