GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『ガンダムバルバトス 第5形態』『漏影』『グレイズリッター』『キマリス(ブースター)』、カルタ・イシューの設定画が公開! 胸部装甲すげえ!:ガンダム 鉄血のオルフェンズ

 第19話「願いの重力」の感想記事はこちら。

待望の「バルバトス第5形態」他、モビルスーツ設定画が公開!

イメージ 1

 公式サイトはこちら http://g-tekketsu.com/

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
 第19話「願いの重力」にて、新たに姿を見せた『バルバトス 第5形態』『漏影』『グレイズリッター
 そして、ブースター装備型キマリスの設定画
 機体解説が公開!

 設定画では、バルバトスの追加装甲が劇中以上に大きく、その効果が窺えます。

 胸部はおやっさんのお手製
 腰部はアイン機の推進器、両碗は仮面から貰ったパーツとの事。

 胸部は一回しか使えない消耗品なので、以降は第四形態、素のバルバトス装甲に戻ってしまう模様。

ガンダム・キマリス(ブースター装備型)

イメージ 3

■ASW-G-66
 バルバトスを倒すため、さらに機動力を上げるべくブースターを装備したキマリス。
 惑星重力圏内でも高い機動性を維持でき、ランスを使用した一撃離脱の戦闘スタイルを強化する
 説明を読む限り、地球でも突撃殺法を使えるようになった模様。
 あの胸部装甲、もう一個あるんでしょうか?

 従来は、脚部四門・背部二門しか推進器が無かったので、大幅な推進力アップに。

※肩は方向転換用で、直進時は点火してません。

グレイズリッター、「専用機」タイプが3月ガンプラ化?

イメージ 7

イメージ 4

■EB-06r
 地球外縁軌道統制統合艦隊のカルタ隊が使用する機体。
 軌道上での戦闘を考慮し、通常のグレイズよりも機動力に優れた調整が取られている。
 素晴らしい瞬殺劇と、バルバトスを追い詰めた驚異の白兵戦で印象的なグレイズ。
 リッターとは、「騎士」を意味しており
 別に燃料の事ではない

 長ドスを持つバルバトスに対し、西洋剣を持っているのがカッコいいですね!

 なお、本物の西洋剣は「重さに任せて叩き斬る」武器だったのだそうな。要するにこれも鈍器である。

「バルバトス第6形態」は、リッターのパーツを流用

イメージ 8

イメージ 12

イメージ 11

 今月、2月27日 HG IBO 1/144 ガンダムバルバトス新形態、1,512円こと第六形態では
 肩の長さから見て、リッターのパーツを流用している模様
 第19話で戦った機体からか

 先ごろ、電撃ホビーwebでは試作品の公開も http://hobby.dengeki.com/news/151944/

「HG IBO 新MS F」、3月発売で予約受付中!

イメージ 9

イメージ 10

 また、3月には肩パーツや、機体カラーリングが異なる「リッター」が予約受付中。
 おそらく、カルタ機と思われますが…?

 色が青いのは、今回の流れから見て「ガエリオの色を真似た」んでしょうね。

 ほら彼のグレイズって青いから。

百錬改め「漏影」、待望の設定画公開!

イメージ 15

イメージ 5

イメージ 2

■STH-05R
 表立って鉄華団の支援が出来ないタービンズが、その素性を隠すため百錬の装甲をすべて換装した機体。また、装甲の換装に伴って地上戦を想定しての調整も為されている。
 ちなみにラフタが搭乗する機体はアミダの百錬を換装したもの。
 下はもちろん百錬百錬の型式に「R」を付与

漏影
 改修目的からしても、本当に「偽装する」目的で、全身装甲を変更したという設定。
 なのに、百錬の意匠が思いっきり残っているのは
 スタッフ間のミスなのか?

 ちなみに、百錬百里漏影とは、中国の英雄・孫権の持っていた剣の名前が由来なんだそうな。

 3月発売のガンプラ「新MS E」が、本機なのだと考えられますが…?

みんな大好き「カルタ・イシュー」の設定画も公開!

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 6

■“麻呂”女
 ギャラルホルン地球外縁軌道統制統合艦隊の司令官。名門セブンスターズのひとつ、イシュー家の人間で、ガエリオやマクギリスとも幼少時から昔馴染み。
 実は「隊長」ではなく、あの艦隊全てを統括する司令官、地球を支配する七つの名家の一つに属する。
 といっても、「お飾り」としての役職に過ぎず
 実力を見せたいと願っている

 それも当然で、もし彼女が死ねば、「七つの家紋」の後継者問題が起きかねないですものね。

 よく言えば、閑職にも手を抜かない誇り高い人物
 かなり好き勝手やっていますが、母艦の面々の表情、部下の戦いぶりなど慕われている事は本当な模様。