GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『ルパン三世 2015 第18話』感想。さあ、“創作”の時間だ!:始まりの晩餐

“これまで”と“これから”の始まり! さすが天才、色んな意味でブッ飛んでる!

イメージ 32

イメージ 1

 やはり「イタリアの夢」の応用技術、人の“無意識”を抽出し、復元された天才・ダ・ヴィンチ
 その狙いは、やはりなんともアーティステックなもので
 何をやらかすのか楽しみだ!

 この世界を、設計しなおす! (そして分解は)構造を理解する為に、欠かせない工程だ!

「栄華の面影無き」ローマ
 さて狙いは? ルパンの台詞からすると“栄華”を懐かしみ、あの頃をモデルとした世界か…?
 そして手段とは?

 ラスト、ノリノリで飛び去るダ・ヴィンチ、実にレオナルドだった!

ダ・ヴィンチ『知るだけでは不十分である、活用しなければならない…』

イメージ 3

 意思だけでは不十分である、実行しなければならない……。含蓄ですな。

スーパースターの招待
 ある日、イタリア・ミラノコレクション会場にルパンの肖像画が、しかもダ・ヴィンチの筆跡で出現する
 同じく、自分の肖像画を家に描かれ当惑していた八人のメンバーは
 この会場に集結

 実は、MI6が“イタリアの夢”を応用し、レオナルド・ダ・ヴィンチを復元していたのだ。

 逃亡した彼は現代に適応
 彼の意向を伝えるべく、ルパン一行達を招待したという訳。

 ダ・ヴィンチ新たな創作に胸を躍らせ、この世界を分解、再設計しようと意気揚々と去ってゆく。

 次回、第19話「龍は静かに眠る」

とっつぁん『何のイタズラだルパーーーーーーーーーーーン!』

ルパン『何でもかんでも、俺の仕業にすんなっつーの』

イメージ 2

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 8

イメージ 9

 久々に集結するメンバー! これだけで、もうワクワクしますね!

「実行」に移る意思
 突如、ある“八人”の自宅に、そしてルパンの肖像画がミラノ・コレクション会場に描かれた。
 報道に惹かれ、全員がミラノに集結

 ニクスという人間は、もう居ない――――

 あ、退役したのね。
 あの暴走事件、殺されかけて懲りたんでしょうか。

 そして全ての肖像画は、レオナルド・ダ・ヴィンチのサインが残されていた―――。

 視聴者には歴然、そして戸惑う一行!

ルパン『俺達はまんまと誘い出されたらしい』

レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミラノといえば、“アレ”しかねえだろ…』

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

 どれ? と思っていると、「最後の晩餐」が保管されている教会へ…、そして九人が集う!
 当然、愛した“ウラガ・コウ”の研究を焼き払ったニクスに
 レベッカは怒りを向ける

 が、ルパンに制され、そして“九人目”となる男が登場!

 MI6の長官さんか!

ニクス『どうして…!?』

銭形『イギリス諜報機関、MI6本部長、パーシバル・ギボンズ―――』

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

 MI6は、「彼らの追うターゲット」が最優先、ルパン達が勘付いたなら、殺すと決めていた。

始まりの晩餐
 実は、ニクスは「浦賀の研究」をあの一瞬で記憶、これを担保にする事で
 MI6からめでたく除名されていた

 ディナーの最上のスパイスは何だ? 会話だ…、晩餐が終わる頃、答えは出ているはずさ

 浦賀の技術は生きている。
 その後、一行は「最後の晩餐」になぞらえた席で食事を。

 ギミックで運ばれる食事、凝り性だな天才は!

 また―――

次元『しかし、すげえ量だな。これが前菜か?』

不二子『これじゃあ、太っちゃうわ』

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

 招待した男は、敢えて「当時の食事量」で供することで、自分の存在を全員に伝える。
 ルネサンス期、モナ・リザを始めとする肖像画
 皆ふっくらとしていた

 また、亡くなったウラガ・コウの好物も供し、彼の記憶も掌中にあるとアピール。

 この晩餐は、全てが「スーパースター」のメッセージなのね。

ルパン『ある日、“イタリアの夢”の研究成果を手に入れた』

『マッド・サイエンティスト達は――――』

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

 運動能力すげえ! 強化されてんの!?

「スーパースター」の復元
 人の無意識は、当人だけでなく“過去からの全人類の記憶”と繋がっている、という説がある。
 夢から断片を、伝説となった人物の記憶を抽出―――

 復元された記憶を、クローンに移植して「復活」させたというワケ。

 イタリアの夢の応用
 その試作品に、美術から軍事まで長けていた“万能の天才”スーパースターを選んだ、と。

 ニクス同様、特殊エージェントを作る実験か。

 主犯は“MI6”!

ルパン『偉大なスターは、栄華の面影無きローマに言葉を失った…』

『そして知った、ここが遥か遠い未来である事を……』

イメージ 29

 が、MI6の予想以上に優秀だった「彼」は脱走、この世界に驚くばかりだったが
 やがて未来だと知り、適応を始めた
 例えばトマトの出身は南米

 ちょうど、「彼」の晩年にヨーロッパに持ち込まれ、最初は観賞用だったそうな。

 それをイタリアの貧困層が食用と捉え、各地を広めたという。

ルパン『自分が、この世に生まれた真相を知りたかったんだろうな……』

『偉大なるスターは、非凡な学習能力で適応―――』

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 1

 次々と展開していく飛行メカ! この天才、ノリノリじゃねェか!!

レオナルド・ダ・ヴィンチ
 かくて、全てを暴露したルパン一行をMI6は強襲するが、それぞれ三々五々に包囲網から脱出
 ルパンは、敢えてダ・ヴィンチと同道する

 この世界を、設計しなおす! (そして分解は)構造を理解する為に、欠かせない工程だ!

 狙いは世界の再設計!?
 破天荒ながら、ウラガの技術があれば可能なのか!?

 再設計したいという事は、何か目指すべき姿がある、ではその「世界」の姿とは!?

 ダイナミックな脱出だった!

ダ・ヴィンチ『キミ達に感謝したい! 私に創作の時間を授けてくれた!』

ルパン『で? 新作の構想は決まったのかっ?』

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

 何をしようが知ったこっちゃねえがな! 俺の肖像権を勝手に侵害した貸しだけは、返してもらうぜ!

天才の夢
 かくて、当分は覚めない「夢」が始まった、と愚痴るルパンですが
 軽快なやり取りでしたね。
 恨みはない!

 むしろ創作だ! 世界の再デザインだ!と意気軒昂な天才! 何をやらかしてくれるのか!

 コイツはまったく楽しみだ!

予告・銭形『MI6から盗みだされた、“ドラゴンズ・テイル(龍の尻尾)”!』

『――――真実を知る勇気は、あなたにあるか?』

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 1

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

 もうニクス(暗号名)じゃないのに、声優欄が「ニクス」のジャスティンに励ましのお便りを!

次回、「龍の尻尾」の正体とは?
 さあノリノリで動き出した「スーパースター」ダ・ヴィンチ、なんせこの人は万能の天才!
 当時、軍事顧問や兵器開発にも携わっており
 飛行メカも創案

 それだけの発想力を持った人物が、現代技術でフル武装するんだからたまらんね!

 そして次回もMI6の秘宝
 どうも、えらく大仰なシロモノらしいですが一体…?
 
 次回、第19話「龍は静かに眠る」