GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『プリンス・オブ・ストライド 5話』感想、いつだって事態を動かすのは“部外者”だ!:AGAIN -あきれるくらい君だけを-

風の谷の恭介! 予告で既にノリノリじゃねーかチキショウ!

イメージ 47

イメージ 33

 王道の「悪と見せて、実は全てを背負い込んでいた」男の復活劇! 陸くんの爆発にスッキリした!
 当時者は、いつまでだって引きずってしまうものだから
 動かすのは部外者の役目よね!

 確かに、将棋部だけじゃ作れない脚をしている…!

門脇、アンタって子は!
 また今回、実は門脇自身もスト部、というか友達である穂積の為に踏ん張ってくれてたと判明
 前回の描写からも、根っこはクソ真面目ですしね…。

 惜しくも退場となりましたが、やはり良い男じゃないの門脇氏。

回想・小日向『久我先輩は、方南スト部を汚したんだ!』

イメージ 2

 久我との決別、当時は部員も多かったんですね…。

AGAIN<もう一度!>
 門脇入院、が、学校の誰もが「怪我したくない」とスト部への入部は断り、戦力補充は困難に。
 過去、久我恭介が部内で暴力沙汰を起こし
 悪評が生まれていたのだ

 が、実は当時の三年の暴力から支倉を庇い、全ての責任を独りで背負い込んだ故と判明。

 結果的に部を追い詰めたのは事実
 小日向は、真相を知ってなお、久我恭介と一緒に走るのは嫌だと言う。

 しかし八神陸のシンプルな後押しもあり、支倉部長が決断、久我恭介は再びスト部に舞い戻る。

 次回、STEP_06「TEAM -想いをつないで風になる-」

壇顧問『次のレースはランナーが足りない状況だ、棄権もありうる―――』

回想・支倉『<スト部には、もう人なんか来ねえよ…>』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

 入院した門脇、実は「怪我」は、方南スト部にとってトラウマだった。
 
門脇歩“だけ”だった
 以前、久我が部内で暴力沙汰を起こし、部員は去り、他の生徒もスト部を避けるようになったと判明
 門脇氏は、思った以上に大きな存在だった…。

 俺にはもう…、ストライドをやる資格は無い……。

 久我自身にもトラウマ。
 門脇氏は、心配させぬよう入院の連絡も軽いノリを徹底!

 彼は本当に、部の精神的な支柱だったのな!

 白衣の天使・門脇!

支倉『恭介を誘った?』

八神『支倉先輩より速いランナーだったって言ってたんで…、勝手にすんません』

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

 久我勧誘は、責めるより先に「どうだった?」って聞くあたり、部長にも負い目があるらしい
 部の過去を知らず、一年トリオは無差別勧誘に移行するも
 誰も近寄っても来なかった

 ひょっとしてお前ら、KGB事件知らねえの?

 なるほど、それで一話のアレか!

八神『久我先輩が、試合中に暴力沙汰を起こしたって事?』

藤原 尊『KGB、久・我・暴力事件、か……』

イメージ 12

 一話時点で、びっくりするほど人気があったスト部、だが「近づくな」と先輩に言われたという生徒や
 そも、そんな人気と実績に反し廃部寸前だった理由
 それが暴力沙汰だった

 解ってる…、けど、歩くんの代わりがあの人なんて、認めるわけにはいかないんだよ……!

 しかし、KGBってネーミングが学生らしいですな。

門脇氏『ヒマだなぁ…、ヒマラヤ~~…、…ヒマラヤ~~って』

小日向『歩くんっ♪ じゃーん!』

イメージ 13

 部を癒してくれた門脇の代わりが、部をブチ壊した久我だなんて絶対イヤだという小日向
 遠路はるばる、門脇先輩のお見舞いに行ったり
 試合に間に合うと笑ったり…

 悪い言い方をすれば、小日向先輩、門脇さんに依存気味だったという事も分かります。

 頭でわかってる、けど逃げ場を探す小日向先輩が辛い。

支倉『廃部寸前だったスト部を穂積は一生懸命守ろうとした』

『将棋部は、門脇一人の同好会だったんだ』

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

 確かに、将棋部だけじゃ作れない脚をしている…!

門脇歩
 が、そんな小日向にきっぱり言い渡したのは門脇自身、彼自身、スト部の為に日々を重ねてきた
 別のメンバーを探して欲しい、と。

 穂積、勝たなきゃEOS終わっちゃうんだよ…、そんなの、僕はいやだ!

 小日向に誘われ入部。
 以来、鍛錬もギャグじゃなくて自主的なものだった

 おちゃらけているようで、実は誰よりマジな門脇、熱い男じゃないか!

 扱いは軽いが、そこがまた良いんだ!

八神『小日向先輩の気持ちを聞きたいんス!』

小日向『僕は…、方南スト部を裏切った久我先輩とは走れない』

イメージ 20

イメージ 21

 いわば、門脇は小日向に感化されたわけで、その小日向を感化したのは支倉部長の奮戦でした
 事故で怪我を負わされ、なお踏ん張っていた部長
 彼の為に小日向も必死だった

 だから僕は認めない、自分から裏切ったのに、また戻ってくるなんて許せない…!

 が、更なる来客が真相を

支倉『俺の脚は、恭介にやられたんじゃねえ…、スト部を守ってくれたんだ』

『いいか? コイツは絶対ここだけの話だ』

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 2

 ああ、前回のリレーショナーのブラフ戦法、アレも前振りだったのか!

方南ストライド部の暗部
 実は、当時のリレーショナーがミスを犯し、その責任を支倉に押し付けて暴行に及んだ。
 当時は部員が多く、後輩なのにレギュラーだった三人は
 三年生に恨まれていた

 久我は、部内の乱闘ではなく「自分ひとりの暴走」という事にして、責任を背負い込んだ。

 クズの部員もいたのか…。
 しかし、天才に軽々と抜かれていく妬みは耐え難いもの

 元々、亀裂の入っていたスト部は、これをきっかけにして完全に崩壊してしまったと。

 が、小日向先輩は意外な反応を。

小日向『問題を抱えたスト部を、ヒースくん独りに押し付けただけじゃないか…』

『―――久我先輩の、自己満足だよ』

イメージ 30

イメージ 31

 部長が頑張っていたのも、「後は任せた」って久我に感化され、アイツの分まで部を守ろうとした。
 が、実際の苦労を部長に押し付けただけ
 という見方も

 やっぱり、他人を嫌う理由ってのは、いくらでも湧いてくるもんですな…。

 許したくない小日向先輩ですが―――

八神『あ゛ー! なんかよく分かないッスけど!』

『もうそん時の三年生もいないだし、どうでもよくないッスか!』

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

 許せないのはヒース部長の為、じゃ、ヒース部長が幸せになるには?って事!

八神シンプル
 鬱屈を、それこそ突風のようにフッ飛ばしてくれたのは八神陸、彼のシンプルすぎる言葉を受け
 小日向も、支倉部長も動き出す

 やっぱ俺…、ストライドが好きなんだわ。お前と同じくらいにな?

 説得する支倉
 久我は、心を動かされるも無言で去ってゆく。

 そして久我が向かったのは門脇の病室、まず彼と面談し、スジを通すのが先だという事か。

 まっすぐな男だな、ホント!

門脇『―――待ってましたよ』

イメージ 40

 病室で待っていた門脇の笑顔、ホント、察しの良い男で好きですね。
 てか久我先輩、どうやって病室知ったの!?
 あ、別におかしくないか。

※怪我が多そうですし、部のいきつけの病院があると知ってれば、後は簡単な話ですから。

鼻をすする門脇

イメージ 39

 その直前、雑誌を読んで鼻をすすってましたが、付箋までいれて読み込んでたのね
 さあ、ここを勝ち抜くぞ!
 みたいな。

 そんな皆の熱意を、自分の怪我で台無しにするとか辛すぎますよホント。

大会受付『<間もなく、オーダーの締め切り時間となります―――>』

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 1

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

 久々にダイアン姉さんが!

遅ェんだよ
 やがて、トライアルツアー第二戦、受付ギリギリまで粘って久我恭介が参戦!
 風と共に現れる男!

 三年、久我恭介…、本日よりストライド部に復帰したい――――!

 なんでノースリーブなんだ!
※多分、上から門脇のジャケットを借り受ける為ですね!

 受付けギリギリ、そんなカッコつけるより先に、はやく受付けしてください方南さん!

 ともかく、雨降って地が固まったな!

予告・八神『支倉先輩、受験勉強とか良いんスか?』

三年コンビ『あー、俺は…』『フッ、明日は明日の風が吹く、か』

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 1

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

 次回プリスト、風の谷の恭介! なぎ払え!

なお次週も「禊ぎ」は続く模様
 なるほど、小日向先輩にナイスな場面が多かったのは、ここで“嫌われ役”になるからか。
 前回、リレーショナーの「ブラフ」が描かれたのも
 今回の前振りみたいな

 第一話で、ギャグだった「門脇の修行」も、ここで生きてくるとか熱いね!

 軽いノリで誰よりも真面目で
 そんな想いを継ぐ以上、次回の久我先輩、最強に違いないな!

 次回、STEP_06「TEAM -想いをつないで風になる-」