GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『HG IBO 流星号(グレイズ改弐)』ランナー写真、童貞じゃねェ男の愛機! やはりグレイズ系列はデキが良いな!:ガンダム 鉄血のオルフェンズ

グレイズ改」+追加パーツ構成! これはお得な漢のキットだ! なお

イメージ 1

イメージ 2

 あの厳格だったクランクさんの機体をこんな下品な色に…、 許せん!

HG IBO-012 流星号グレイズ改弐
 第17話「クーデリアの決意」にて、敵味方から視聴者に至るまで物議を醸した最新の改造グレイズ!
 2015年10月発売 IBO-2 グレイズを元にした派生キットで
 IBO-4 グレイズ改+追加パーツ。

 直情的で派手好きなシノの愛機、特徴的なノーズアートはホイルシールで再現!

 PC-002ポリ、軟質樹脂関節
 手は指と甲の2構成で、左右ワンセットのみが付属。

 パーツは全て揃っているようなので、色違いグレイズ改にも組めます

 ライフルは長短二種が付属。

第1話、3話で鹵獲した「最新鋭量産機」グレイズ、その行き着いた姿

イメージ 3

 シノはまだ不慣れだが、阿頼耶識により、正規兵にも劣らぬ技量を発揮。

型式番号:EB-06/tc2
 本機は二機の使える部品の寄せ集めで、特に、動力部が「クランク二尉」の機体を使用している。
 動力は全て一点もので、「固有周波数」を持つことから
 アインの怒りを掻き立てている

 型式通りの鉄華団Ver2として、「百錬」の武装、「マン・ロディ」のMS用阿頼耶識を搭載。

 操縦性と推進方向が広がり
 従来より、ぐっと引き出せる性能の幅が広がったと言えるだろう。

 機体名流星号」は、パイロットのシノが命名、彼とヤマギ以外にまだまだ定着していない。

「ノーズアート」のシールが鍵!

イメージ 4

 特徴的な頭部ノーズアートはシールで再現、キットには彫刻もされていない為、塗装は困難。
 シールで済ます場合も、正確に貼り付けるのが少し難しい。

 百錬装甲が増えた分、その色分けの為、グレイズにしてはシール量が多い。

 肩アーマー下部でっぱりは、完全にシールである。

ランナーA、B、C、「グレイズ」ランナー

イメージ 5

 A、ピンク
 B、ダークレッド
 C、グレー

 グレイズから流用、黄色はランナー切り変えスイッチで、「グレイズ」専用パーツが除外された

ランナーD1「グレイズフレーム」

イメージ 6

 D1,軟質グレー

 通常ライフルも除外できたが、そのまま残されている。

ランナーD2「グレイズフレーム」

イメージ 7

 D2,軟質グレー

ランナーF、G「グレイズ改

イメージ 8

 F、ピンク
 G、グレー
 PC-002ポリキャップ

 この辺はグレイズ改のパーツで、スイッチがなく、「頭部」など不使用の部品も残されている。

ランナーH「流星号グレイズ改弐

イメージ 9

 H、ピンク

 角が生えた専用頭部、百錬と同形状の外装など。角の白はシール。

ランナーI

イメージ 10

 I、グレー

 ショートライフルと推進器。
 これは、グレイズのライフルのバリエーションで、銃身を外した短射程版。

 近接戦に向き、アックスと併用しやすい

テイワズの輸送機「クタン参型」との合体用パーツが同梱

イメージ 11

 画像は電撃ホビーWEB「ガンプラジャーナル」より。

クタン参型
 本来、テイワズの輸送用ユニットであるクタン、その装甲を展開し脚部に装着。
 グレイズ改では、プラモ用とされましたが
 改弐で正式なギミックに

 専用パーツが「流星号」ランナーに追加されました。

キットそのまま、シールで仕上げたサンプルでは

イメージ 12

 画像は電撃ホビーWEB「ガンプラジャーナル」より。

素組と余白
 公開されている素組画像では、頭部シールの浮き方がやや目立つものに。
 面倒でも、余白を切って貼り付けるべきか
 大変そう!

 彫刻されていないので、消せるペン、スミ入れ筆ペンなどで目印を書いたほうが良さそうですね。

最低限でもこのくらいの格好良さですよ!

イメージ 26

 我が家の流星号、「目」は一応、余白を切り落としてますが雑なものです。
 でも、カッコイイと思うんですよ!

 設定上は、肩パーツをなで肩にするのが正しいんですが、やっぱり怒り気味が似合う気がします

 しかし、グレイズの斧を塗るのもこれで三本目ですね!

ピンクの流星! 「下品な塗装」が印象に残るカスタム型グレイズ

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 16

 昭弘は斧を持ち歩かない傾向がありましたが、シノは近接戦バリバリのスタイル!

ナノラミネートアーマー
 MSは、表面に特殊塗装を施しておくと、動力炉の発する波動によって硬化する特性があります
 この塗料は、当然それなりの値段がしますので
 最も安い白を使っていました

 が、宇宙海賊から赤色塗料を鹵獲、シノの要望で、彼の専用カラーで全塗装されたのです

 頭部の「ノーズアート」も彼の要望
 これは、実在の戦闘機にも施される「機首の塗装」ですが、暴走族のイメージっぽいですよね。

「最新鋭機」に搭載された阿頼耶識システム

イメージ 17

 同じく、宇宙海賊が「マン・ロディ」に搭載していた、MS用・阿頼耶識も無理やり移植。
 というのも、元々グレイズは阿頼耶識を想定していない為
 無理やり、という形になったとか。

 対し、ガンダムロディ・フレームなどは大戦期の開発であり、阿頼耶識は当時のシステムです。

 よってバルバトスには及ばないものの、操縦性はグンと良くなった模様。

「白兵戦部隊」のリーダーでもあった、ノルバ・シノが搭乗

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

 割と女慣れしており、童貞を卒業したばかりのユージンをからかっていた姿も印象的。

「氷の華」はまだ先だ
 実は、オルガやミカよりもCGS入隊は早く、ノリが良く楽天的な人物。
 宇宙海賊船では、ブルワーズの少年兵を見逃したことで
 仲間を死なせ号泣した

 その後、葬式を頼んだり、格好良く逝った仲間の前でカッコ悪くなれないと立つなど仲間思いの青年。

 苗字で呼ばれているのは、ミカに、CGS社長「マルバ」と似ていて紛らわしいと言われた為。

「手を握ってくれたシノ」を意識するヤマギ

イメージ 23

イメージ 24

 シノと言えば、彼を意識する整備兵・ヤマギが欠かせませんが、彼は「義手」なのでしょうか?
 ヤマギが、シノにどんな想いを抱いているかは
 未だ明言されていません

 なにぶん、まだまだ少年である事から、実は女性である可能性さえ残されています。

 テイワズにて、シノが女を抱いたと笑っていた際には
 不満そうにする姿も。

流星号」の行方は

イメージ 25

イメージ 15

 ネーミングが定着せず、ヤマギを除く整備班には、怪訝そうな顔をされた流星号ですが
 アインに、「クランク二尉の象徴」と扱われている事から
 今後が危うい機体、

 また、登場回ラストでは見事にセンターを飾り、色んな意味で印象に残る機体となりました。