GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『ガンダム0083 REBELLION 6巻』感想、“査問会”を越えて。フル・バーニアン参戦!:夏元雅人

 OVA大幅な「肉付け」を行い、オリジナル要素を盛り込み描かれる、新コミカライズ版。

      フル・バーニアン、“0号機”の装備で参戦! 次巻、いよいよ演説開始か

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 1

※画像右下隅クリックで拡大。

 

 表紙、ガンダムUCみたいなメカに乗ってると思ったら、「ガンダムGP-0」のパーツを組み込んでたらしい
 また懐かしい名前ですが、GP-02も新型ライフルで戦い
 今巻も色々と新装備祭りに

 

 犬猿ガトーとシーマ中佐の再会も描かれ、当時とはまた違った感触で楽しめますね。

 

ビッター少将の!
 にしても、前巻のアプサラスモドキといい、今作でのビッター少将の戦力は異常といえよう。
 そんなモンまで託していたとは!

 

 次巻は、いよいよ「GP-02」お披露目か。

      そしてラブコメっていくカップルである

イメージ 4

 話がゆっくり気味に進む分、二人が恋人へと変わっていく流れもじっくりと。

 

戦士の資格
 連邦軍「核弾頭」を掠められた責任を、アルビオン隊の能力不足として処断しようと査問会を開き
 その中で、コウはますますガトーへの戦意を募らせ
 ニナは彼を降ろそうと動く。

 

 結果、二人は仲を深め、査問会もデータで反論され沈黙、コウはパイロット続投となった。

 

 やがて宇宙に出たアルビオン隊は、シーマ艦隊に目を付けられ
 逸ったコウはガンダムを大破される。 

 

 が、結果的にガンダムに全面改装の機会が与えられ、舞い戻ったGP-01Fbは、シーマ・ガラハウ圧倒

 

 その戦いの最中、ジオン残党エギーユ・デラーズは、掠めたGP-02を地球圏へと披露し始める―――。

      「大儀」と「兵士」と

イメージ 5

 話に出た「カラマ」とは、終戦直後の残党軍が、今後どうするかを話し合ったポイントのこと

 

その「大儀」は鼻で笑え
 この二人、ガトーは「大儀を為す」事が正義だと考えて、その為なら何でもやる
 誇りがどうとか考えてしまう男

 

 対するシーマ中佐は、「大儀」の為、毒ガス任務だと知らされず担当、虐殺をやらさられた人物。

 

 水と油で当然なんですよね
 しかも、「シーマ艦隊」はその責任まで取らされ、アクシズにも受け入れられなかったんです。

 

 トドメに、故郷は「コロニーレーザー」に改造されてしまったという……。

      サンダース! サンダース軍曹じゃないか!

イメージ 6

 今や骨董品かつ希少な機体、08名物の陸戦型ジム[G]に搭乗。

 

ラサ基地にて
 本作オリジナル展開「査問会」に際し、ラサ基地で登場したのは懐かしきサンダース軍曹。
 OVA「08小隊」終了後も、軍に残っていた彼は
 当時戦ったラサで軍務中でした。

 

 コウの真っ直ぐな目に、かつての上官のまなざしを思い出すワンシーンも。

 

 彼をぶっきらぼうに助けたり、オリジナル展開で活躍!

      「査問会」を経て、コウとニナの絆が深まる事に

イメージ 7

 コウは確かに新兵ですが、テストパイロット候補だっただけに、「数値上の」操縦技量は既に一級
 査問会は、GP-02を奪われた責任を押し付けたくて堪らず
 彼を槍玉に挙げます

 

 そこで、彼をガンダムに乗せ続ける事は、危険に向かわせることだと二ナが悩む事に。

 

 査問で責任を取らせれば
 確かに痛手ですが、このまま危険な任務に向かわせるより安全ですから。

 

 そんな二人の仲が深まっていくパートに。

      「ジム以下」だったGP-01は、宇宙専用に生まれ変わる!

イメージ 10

 そんな障害を乗り越え、コウは「ガンダム」にこだわるあまり、原作通りに暴走してしまいますが
 結果、ガンダムを全面改造させる機会を作る事になり
 フル・バーニアンに生まれ変わります

 

 本来は、コア・ファイターを入れ替えることで宇宙用・地上用に換装する「汎用機」。

 

 どちらの領域でも使える機体
 しかし全面的に被弾、全面的に「手を入れる」理由ができ、より高性能に仕上がったってワケね。

      まさか、いやまあ当然というか

イメージ 9

 正直、オリジナルメカ祭りの本作ですが、かつて電撃ホビーか何かで設定された本機の姿も!
 ご存知の通り、GPシリーズは「用途を絞って」開発された
 特化タイプの機体群です

 

 しかしそんな面倒なプランになる前、「全部乗せ」を企画し、中断されたという設定。

 

 RE/100なら立体化もありうるんですかね、アレ関節が微妙なんですが。

      収録

イメージ 8

 これまでも「夏元ガンダム」作品に登場してきた、コーウェン准将の副官さん。当然の出番である。

 

 角川コミックスエース「ガンダム0083 REBELLION 6巻」。夏元雅人
 コンセプトアドバイザー・今西隆志、月刊ガンダムエース連載、角川社発行。
 2016年1月発売(前巻2015年7月)。

 

 第24話「ラサ基地」
 第25話「戦士の資格(1)」
 第26話「同(2)」
 第27話「空間戦闘」
 第28話「傷ついて」
 第29話「フルバーニアン

 

 今回は、巻末オマケ「SOLDIERs DAY」は未収録に。
 
■関連感想記事