GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『だがしかし 3話』感想、OPとEDが完成! 駄菓子の工夫と水と着衣回!:ブタメンとくるくるぼーゼリーと…

 第3話「ブタメンとくるくるぼーゼリーと…、ボンタンアメとセブンネオンと…」。

駄菓子と何か? 再びオールスターでテキトーさが光る回だった!

イメージ 64

イメージ 1

 基本一昔前の物価が基準なので、めっちゃ安価な駄菓子に込められた工夫と、テキトーさが光る!
 濡れ透けへの希望、水着への歓喜も光ってたね!
 男子が二人とも思春期!

 要するに、いかに少ない量で、長時間楽しめるか…、それが駄菓子の重要なテーマになっているのよっ!

動画完成!
 特に、エンディングの一枚絵の可愛さとか謎ダンスとか、待ったかいがあるOPとEDでしたね
 なお予告は既に完成していた模様

 ボンタンアメの包み紙、アレは誰だって剥がそうとした事があると思いたいでござるね!

オープニング、待望の完成版に!

イメージ 4

 このラインナップは卑怯すぎるな! ほたるさんまっしぐらだよ!

遠藤兄妹の出番が増えた日
 まだまだ一夏のココノツは、「暑い夏こそブタメンだ」という、ほたるさんの我慢大会につき合わされ
 トウ君と共に少年の希望と刻の涙を見る
 濡れ透け最高!

 また、父の画策を無意識にスルーしてプールを楽しみ、エアコンが壊れた一日を乗り切った。

 翌日早くも搬入されるエアコン
 その間、ほたるさんはサヤ師に「駄菓子」を説き、拍手喝采雨あられであった。

 次回、第4話「ふがしとふがしと…」

ココノツ『参ったなあ、今日は特に真夏日らしいし――――』

ほたるさん『―――こんな夏の暑さを乗り越える、スタミナ駄菓子、ブタメンよ!』

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

 なお、ブタメンとはマジでコラボし、ほたるさんがデフォルメされた専用カップ版が発売に。
 
夏の暑さにブタメンよ!
 古人曰く、暑い時こそ熱いものを喰うのが消夏法―――、とばかりのほたるさん!
 シカダ駄菓子が、我慢大会の会場に!?

 良いんだココナツ…、ここから先に俺達の希望があるんだ!

 とかいう謎言動のトウ君。
 それはさておき、ブタメンとはやや高価な駄菓子

 ゆえに、多種ありながらも、どうしても安全牌な「とんこつ」が好まれるとはほたるさんの談。

 とんこつは最強だからね――――。

ほたるん『こんな、“とんこつを選んでしまう感覚”を共有できる人が日本中に…』

『まさに、ブタメンが作るとんこつの絆…!』

イメージ 14

イメージ 15

 実際、カップを開け、最初のひと啜りは最高に心が躍るものですが、トウ君の狙いもそこ!
 彼はこれを「希望」と呼んだ

 美少女が、ラーメンを啜る仕草、そこに快感を得る少年二人!

 思春期、それはメンの啜る様さえ希望とするのか!

ほたるさん『この熱い日だからこそ、この熱いブタメン!』

ココノツ『この状況で食べるブタメンが、一番美味しい食べ方なのかも…』

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

 ラムネサヤ師!

だがしかし
 実際、市営プールの傍なんかで、よく売っていた覚えがある「ブタメン」は夏の味という声も
 色んな意味で美味しいのだが―――

 でもこれじゃ、店の商品傷んじゃいますって!

 ココノツ正論!
 が、死にかけていたエアコンは、この状況によりご臨終していた――――!

 てか、ヒモで引っ張るタイプって懐かしいな!

 ほたるさん、痛恨の選択ミス。

トウ君『よォし! こうなったら皆でプールだッ!!』

『サヤも呼んで、皆でプールに行くぞ!』

イメージ 23

 実は、原作だと「ブタメン」にトウ君はいませんでしたが、これで話がキレイに繋がった!
 トウ君の狙いは、もちろん女子!

 遂に女子の水着が見られるぞーーーーーーーーーっ!

 トウ君は思春期!
 対し、「もーさっきからそればっかしー♪」と応じる、ココノツも思春期!

 青春だなだがしかし!

ココノツ『――――誰も居ないね、トウ君…』

トウ『ダメだ、もう帰ろう』

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

 トウ君が即断即決すぎて青春してるからちきしょう!

侮り難し!
 無論、他に客などいないどころか「経営難だから、バイトしてる」という父に遭遇する悲劇!
 切ないなオイ!

 あの父さーーーん! 水の中に、くるくるぼーゼリーが落ちてたんだけどー!

 だが全ては孔明の罠
 こうして、ココノツに「家の手伝い」をさせる気を煽る!

 そして駄菓子のゼリーを彼に贈り、改めて、駄菓子好きにさせるという枝垂家の策であった…!

 テロップがすげえ邪魔!

サヤ師『―――あれ、施設内飲食禁止です、だって』

トウ&ココナツ『えー残念』『食べたかったなー』

イメージ 30

イメージ 31

 なお、市営プール定番のルールにより、二人の姦計は灰燼に帰してプール回終了の模様。
 侮って良かった枝垂のご令嬢!

 フフ、作戦失敗!

 カッコよく言えば、なんとなくカッコ良く聞こえる法則!

ほたるさん『―――シカダ駄菓子よね、ここ……?』

トウ『ココナツなら、何か用があるって出かけてるよー』

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

 このブ厚さ! その頑丈さと面白さで、湾岸戦争でも愛されたという初代ゲームボーイじゃないか!

何スかねえ
 別の日、店番していたトウ君と二人きりになるが、「好きな駄菓子は何?」と聞いても
 生返事だった事に、ほたるさんは凍りつく

 おかしいわ…、あの質問は答えた人の人となりが分かる、とっておきのトーク術なんだけど……

 おかしいのは貴女です。
 期せずして、先制パンチを喰らったほたるさんである。

 が、「ほたるさんは何が好きですか」と返され、更に面を食らうことに。

 いや実際、麺を食ってましたけど

ほたるさん『私? 私はね、駄菓子そのものを愛しているのよ――――』

トウ『なるほど、どれもまあ、そこそこって事ッスね』

イメージ 37

 トウ君の直球解釈、全てを愛しているとは、何も愛していないに等しいとかなんとか!
 ほたるさん、完全に翻弄される…!

トウ『あ、そうだ。この包み紙が取れなくて困ってるんだよねー』

ほたるさん『あ、あの誰もが知るボンタンアメのはずなのに……!?』

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

 ボンタンアメの包み紙は、薬の包みと同じく、食べられるオブラート…!

ボンタンアメ美味しいです!
 更に、空気の読めないトウ君に翻弄されるが、それが「挑戦」だと曲解したほたるさんは
 直球で彼の要望に応える事に

 あなたの心に貼り付いたオブラート、私がはがしてあげるわ!

 完全に「巨人の星」!
 ほたるさんは、オブラートごと食わせる旨さを理解させ、分かり合ったとかどうとか。

 な、何だか分かんないけど…、バッチコーイ!

 すげえノリの良さだった!

サヤ師『注文は?』

ほたるさん『アイスコーヒー…、二つ! 一緒に飲みましょ、サヤ師♪』

イメージ 47

イメージ 48

 そこでクーラーの取り付け工事が始まってしまい、暇つぶしにサヤ師の下へ向かったほたるさん
 さらっと、一緒に飲もうと言ってのける辺り
 男前ですね。

 私、サヤ師が駄菓子を食べてるところ、一度も見た事がないわッ!?

 まあコレが聞きたかっただけなんだが!

ほたるさん『そんなサヤ師に、ぴったりのお菓子があるわ!』

『一本食べてみて、駄菓子というものが解るはずよ』

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 1

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 56

イメージ 57

 ん…? これどうやって食べるんだ…? すごい期待の目で見てる!? これは裏切れない…!

駄菓子とは何なのか
 最後は、初見の「セブンネオン」を食べさせるほたるさん、サヤ師は苦戦するも
 見事、「こしとる」答えに到達…!

 要するに、いかに少ない量で、長時間楽しめるか…、それが駄菓子の重要なテーマになっているのよっ!

 さすがですサヤ師!
 そして駄菓子は、子供向けに数十円と安価。

 だからこそ少ない原価で工夫し、楽しく食べて貰うか'''というテーマがあるという―――

 なんだか良い感じの終わりだった!

予告サヤ師『(ブタメンの味って)秘密だらけなんだね……』

ほたるさん『そう、そこが美味しさの秘密なのかもね!』

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 1

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61

イメージ 62

イメージ 63

イメージ 64

イメージ 65

イメージ 66

イメージ 67

イメージ 68

イメージ 69

イメージ 70

イメージ 71

イメージ 72

 セブンネオンのアルファベットは「成り行きで決まった」とか、テキトーさも駄菓子の味です(哲学)

セブンネオン
 一区切りの三話らしい「駄菓子とは何か」、ってオチ、喜んでくれるサヤ師が微笑ましい
 サヤ師、本当に聞き上手ですよね
 かわいい。

 ようやく完成したOP,エンディングの不思議の国っぷりも笑えた!

 めっちゃ動いてた!
 ほたるさんの、ハンプティ・ダンプティとか、一枚絵だけど笑えるしこれは良いエンディングだ!

 次回、第4話「ふがしとふがしと…」