GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『プリンス・オブ・ストライド 3話』感想、捲土重来! さすがアイドルって感じだ!:GALAXY -いま、星たちが輝く-

黒星スタートも悪くない! 小日向先輩、マジ格好良かったッス!!

イメージ 14

イメージ 1

 序盤は優勢、特に華麗なショートカットのクソ度胸が最高でしたね! しかしヒース部長から事態暗転…。
 正直、“弱点”である門脇先輩に繋ぐ為にも勝って欲しかったし
 部長の敗戦は意外でした

 タマの小さい事言ってんじゃないわよ? アンタたち自身が、“runfuly”のロゴになるのよ!

姉さんもポエマーだ!
 が、ラストで、また姉さんが盛り上げてくれたのが熱かったですね!
 そりゃ、動機はちょっとアレだったけど!

 西星の面々も、思った以上に気持ちの良い奴らばかりで、アクションも見物だった!

『それが僕たち―――、GALAXY STANDARD!』

イメージ 2

 真空の宇宙に風を吹かせようたぁ、なかなかスゴいアイドルじゃねェか!

GALAXY<輝く少年達>
 初試合、お祭り的なエキシビジョンマッチだが、負ければスポンサーが得られない水際の戦い!
 急な変更で、東日本屈指の強豪「西星」と激突するスト部
 彼らは著名アイドルでもあった

 速く、そして観客を魅了するダイナミックな走りに、方南スト部は完敗する。

 魅了という必要な要素。
 それを放棄し、速さを追及して、なお敗北したのだ。

 が、ダイアンはスポンサーを快諾、八神陸もリベンジに燃え、東日本最大の大会へと熱く再起動する。 

 次回、STEP_04「RUN -もしも想いがあふれたら-」

八神『何なんスかコレ!?』

門脇『西星学園レギュラーのダンス&ヴォーカルユニット!』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

 GALAXY STANDARD! いきなり、門脇の決め台詞を持っていく藤原さんさすが!

通称「ギャラスタ(8代目)」
 冒頭から、自分の女装が街角に貼られた上に八神にバラされるとか、小日向先輩に理不尽な悲劇!
 ま、それはさておき―――

 あのステージの後で、俺たちと試合すんだよな? ギャラスタの人達って。

 そりゃキツい…
 いえいえ、それをハンデと思わない怪物だって話らしい

 そして、だからって萎縮するなと。

 藤原さん開幕から厳しい!

八神『え!? マジで!? お前ステージにいた!?』

黛『いたよ!? 節穴にも程があんぞ!』

イメージ 9

イメージ 10

 しかし、アイドルユニットだけに、陰に隠れがちな人が居るってのはちょっと笑えますね。
 当人には深刻だがな!

 次のライブ、お前のフリだけ目立つヤツに変えとくわ

 仲が良いなギャラスタ!
 俺の方が年上だぜ! とか初対面からめちゃくちゃ親しげで、好感度高いです。

諏訪 怜治『やあ♪』

八神『まさかアレから、ホントに神戸で買ってきたんスか!?』

イメージ 11

イメージ 12

 本命のリーダー&執事も登場しますが、ヒース部長や「八神」の名は、やはり有名ですね。
 元・高校最強の八神と、そのチームだったんですから。

 久我さんは…?

 むしろギャラスタが「憧れる」側。
 久我さん、前回出てきた強風ポエマー先輩はやはりスゴい人なのか。

 その結果、「補欠」扱いもされてしまいますが。

門脇『ギャラスタの輝きがスゴすぎて…、僕はもう、光合成してしまった…!』

藤泡『しないッスよ』

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

 組み合わせ変更は「スト協会の意向」だと…、いやいや、絶対この人の手配だよねえ…。

憧れてる場合かよ
 当然、その見えない威圧感に圧倒されるのがフツー、ですが逆に燃えるのが藤原 尊。
 頂点めざし、遅かれ早かれ戦う相手!

 協会の意向だよ。個人的には、キミと走れて嬉しいな?

 試合オーダー発表
 それぞれ、軽い会話ですが見所で、八神兄&久我さんスゴイのな…。

 アイドルながら、年上には敬語なのも好ポイント。

 頑張れ光合成門脇!

桜井『大丈夫…、皆の特性に合わせてオーダーを組めたと思う…!』

『後は、繋いでいくだけ…!』

イメージ 20

 身が軽い小日向先輩が公園コース、スタミナのある部長が長距離コース担当など
 桜井さんなりに練りこんできたらしい

 正直、部長がアンカーじゃないのが意外だったんですが、納得ですね。

 因縁の対決になっちゃってますが。

黛『やるじゃん…! まずはロスだが、繊細! かつ、大胆にッ!!』

アナウンサー『<高架下スレスレを縫って、ギミック300クリアーです!>』

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

 八神のロケットダッシュかっけえ! しかし。

燃える少年と凍る少女
 正直、単に「最速」を狙うならバカなやり方ですが、選手達は次々と「障害」をクリア!
 繊細かつ、大胆に!

 緊張、していますか? 耳を澄ましてみてください、皆、とても楽しそうですよ♪

 緊張がほぐれてゆく桜井さん
 西星のリレーショーナー、静馬先輩も良い人だ…。

 ご兄弟なのか、二年で目立ちたがりな選手、黛先輩も華麗な逆転劇!

 序盤、西星がリードするが―――

千代松 万太郎『細い橋の上、もう俺を追い抜くチャンスはナッシング♪』

イメージ 1

イメージ 29

イメージ 30

 が、万ちゃんさんが華麗に敗北フラグを立て、小日向先輩が飛んだ!
 飛んだよ!

 道の細さを利用し、一気にヒース部長まで駆け込んだ!

 小日向先輩すげえ!
 今週、一番カッコ良かったのは間違いなく彼だ! 鉄棒を「着地」に使うのね!!

ヒース『クソ! こいつフィジカル(肉体能力)がハンパねえ!』

妹尾『―――覚えとき、これが“後の先”!』

イメージ 31

イメージ 32

 が、方南の柱と思われた唯一の三年、ヒース部長が「ブロック」され前に進めない事態に。
 しかも、強烈なブロックで注意をひきつけながら
 障害に誘導する危険な男!

 これに引っかかってしまった時点で、ヒース先輩の勝機は失われる事に。

 体力のバケモノな上に、観察力も高いのね。

将棋の門脇『(違うんだ…、才能が……!)』

桜井『! ダメ、門脇先輩、諦めないで!』

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

 いや才能だけじゃない、急造選手の門脇と違って、彼らは鍛錬もハンパないのだ多分。

圧倒と猛追と
 無論、続く門脇は本格的な鍛錬をしておらず、「劣っている」コンプレックスが彼を追い詰め
 見せ場、“障害”を無視して走ってしまう―――

 残念、もう勝負あったみたいだ…

 大差が開いた
 もう、諦めてよい局面だった

 が、アンカーの藤原 尊は、物ともせず「差をつめる」怪物っぷりを発揮―――

 どんだけ早いんだよ尊さん!?

実況『<勝ったのは西星学園アンカー、諏訪怜治ッ!>』

『<猛然と追い上げた藤原選手、後一歩、及びませんでしたーーーーァッ!>』

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

 結果は、ほぼ同着での西星勝利、とはいえ「既に勝利を確信していた」分だけ
 怜治には油断があったと思われます
 が、すごいな…

 無論、門脇先輩の責任は大きいですが、ほぼ彼の自己ベストだったそうな

 今やれる事は、十分にやりつくしたんですね…。

小日向『でも、スポンサーも付かなくなっちゃったし…、もう、試合には…』

ダイアン『―――注目! アンタ達の為に、新ブランド立ち上げるわ!』

イメージ 45

イメージ 49

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 56

 タマの小さい事言ってんじゃないわよ? アンタたち自身が、“runfuly”のロゴになるのよ!

アンタたち自身が
 が、西星のスポンサーが、ウチのライバル会社で悔しかったと姉さんが言い出し
 一同に、既に用意していた「新ブランド」を!

 次は…、勝ちたい! 次は……、西星に勝ちます!!

 八神も燃えた!
 また、来月から東日本最大の大会が開かれ、ステージも待っている!!

 むしろ、負けてからが本当の勝負ってね!

 負けてなお燃える展開に!

予告・門脇『次回プリスト、さらば門脇ッ!』

小日向『歩くん、逝っちゃダメだーーーーーーーーー!』

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 1

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

 お祭りとはいえ初の試合、こんなに障害物が! こんなに飛ぶのか!! すげえなパルクール

臥薪嘗胆!
 冒頭とオチで決め台詞を奪う藤原に笑いましたが、やっぱりここは負けてナンボですよね。
 急造、一年二人と若い上、門脇先輩は門外漢ってワケで
 強豪相手にはキツい

 ってか、これで久我先輩が復帰したら、門脇はどうなるんだ!?

 次回は燃える門脇回!
 が、ホントにどうすんでしょうかこの将棋男!?

 次回、STEP_04「RUN -もしも想いがあふれたら-」