GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『進撃!巨人中学校』全12話、良い最終回だったスピンオフ!:感想リンクまとめ

 2015年10~12月放映(第13話は実写パートのみ)。漫画原作(未読)。

アニメ二期に向けた“箸休め”? が、良い最終回だった!

イメージ 2

 公式サイトはこちら http://kyojinchu.tv/

進撃!巨人中学校
 なんと、待望の本編アニメ二期に先駆け、「別のアニメ制作会社」によってアニメ化された。
 よって「本編」制作に、支障は無いと思われるが
 ツッコミ所は満載である

 原作は原作の公式スピンオフコメディで、作者の後輩にあたる人物が漫画化。

 エレン達が騒々しいが平和な日常を送る、ある意味で幸福な作品。

サブタイトルが当時の感想へのリンクになっています

イメージ 3

 1時間目「入学!巨人中学校」
 2時間目「追跡!巨人中学校」
 3時間目「闘球!巨人中学校」




 アニメと「声優による実写エンタメ」の二段構え、という実験的なスタイルでアニメ化がされている。

その日、人類は思い出した――――

イメージ 4

イメージ 5

 本作一番の見所といえば、どんどん「巨人」の影が薄れる中、11話で急に方向転換した流れ。
 まさに、「人類は思い出した」というべき流れで
 最終話は大騒動でした!

 ラスト、きっちり「終わり」と〆たのも、この手のアニメでは珍しいですよね。

 原作声優が続投し、特に最終回の乱入劇は最高でした!

制作は大手「プロダクションI.G」さん

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 1

イメージ 10

イメージ 11

 オープニングも本編パロで、何気に2015年秋でもトップクラスに好きな曲です。いやホント。

原作制作はウィットスタジオ
 実は、「原作」制作をしたのは、同社スタッフが独立起業した会社、しかも初元請け作品。
 独立に際し、「グループ企業」として独立を勧められ
 仲も良好な模様

 作画は、若干ショートアニメ気味にも感じましたが、その分とても奇麗でした。

 時々ハデに動いたのも見所で
 正直、少し中だるみ感はありましたが、終盤の巻き返しでとても良い余韻だったと思います。