GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『うたわれるもの 偽りの仮面 第十五話』感想。ヴライ、膝も震える虐殺回。ハクさん頑張ったよ…:仮面

ヤマトの本気、不敗の理由。死に行く少年の瞳に、ハクさんは何を思う…?

イメージ 35

イメージ 36

 柱って、神様を数える単位だよね…。と改めて納得する「仮面の者」の真価披露回。ありゃ神様だわ…。
 が、サブタイに「偽り」って付いてるって事は
 何かの複製品なんですかね。

 咄嗟に助けようとするも膝が震えて、それでも走ったハクさん、男前だった!

これが戦争かよ!
 でも、ハクさんが繰り返し言ってましたが、それ何か違うから!
 これ虐殺だから!

 しかし、味方の犠牲を最小に、また「今後の戦争を防ぐ示威行動」としては正しかった…、のか?

オウギ『それでは、ウチで面倒を見ては如何でしょう?』

イメージ 2

 一行は、前回助けた青年たちの街、最初に陥落した地方都市を目指すが…?

「仮面」の真価
 人質をとり、ヤマトを圧倒してきたウズールッシャ軍だったが、八柱将の本格参戦で潮目は変わる。
 彼ら、特に“豪腕”のヴライは寝返った者らに容赦せず
 片っ端から焼き殺してゆく

 新王グンドゥルアは、腹心ヴライの進言により西方に撤退し、戦の大勢は決まった。

 が、城塞都市“マルルハ”に大軍が立てこもり
 ハク達は途方に暮れるが、ヴライは「仮面」を開放、怪物化し、街ごと彼らを焼き払ってしまう。

 この一騎当千の力、これが「仮面」をミカドに賜った者達の真価であった。

 次回、第十六話「宴」

カヅチ『ざっと六千といったところか……』

オシュトル『貴公の兵と、我が方の兵で三千ずつ。問題なかろう』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

 チッ、デコ様ちゃんと助かりやがった!

「八柱将」進撃開始
 結局、両近衛コンビはデコ様を無事救出し、追いついた部下と共に「六千」の敵と対峙。
 なお両者、真っ先に突っ込んだ模様。

 ヤマトに刃を向けるのがどういう事か…、その身を以って知るがいい

 八柱将も順次来着。
 特に、ライコウの隊は反則だったようで。

 彼の部下は、千里眼&友軍と視覚の共有が出来るらしく、森に潜んだウズールッシャ軍を殲滅!

 モブのヤマト騎兵隊、カッコ良かった!

“鎮守”のムネチカ『汝ら、ここより先に進む事を―――禁ずる』

ウズールッシャ指揮官『こ、こんな理不尽、あってたまるかぁぁぁ!』

イメージ 8

イメージ 9

 いつもはギャグキャラのムネチカも、“鎮守”の名に恥じぬ無敵シールド、からのプレス攻撃!
 盾で敵を押し返し、盾を倒して殲滅する二段構え!
 なにこれひどすぎない!?

 勅命である、殲滅せよ!

 陛下のご命令である、とか言いつつパンチ一発で地割れを起こす火力!!

“人質”兵士たち『あ、あれは八柱将の…、助けてくれ! 子供が!』

ヴライ『勅命である…、我を阻むものは全て蹂躙せん』

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

 降り立つだけで敵をフッ飛ばすヴライ様、妙に美しいからちきしょう!

ウズールッシャ瓦解
 問題の、「人質」兵士部隊の突撃も、これをもっとも嫌うヴライの投入によって敵ごと殲滅。
 趨勢は定まった

 老幹部ゼグニの進言により、苛烈なグンドゥルアも「転進」を決断。

 彼らは西方へ後退
 ゼグニは王に橋を渡らせ、橋を落として死兵となる。

 この橋を使わずとも、迂回路はあるが、自身が捨石となって足止めする覚悟であった。

 ああ…、やはり爺ちゃんは死ぬのか……。

エントゥア『お父様!』

イメージ 15

 また、撤退信号を聞きつけたエントゥア嬢は、父の死を見届ける事になってしまう。
 OPを見るに、彼女も捕虜として帝都行きっぽいですが
 ハクさん、彼女を癒せるのか…?

 元々、苛烈な兵士だし、オマケに父はコレって。 

“千人長”ゼグニ『うぉおおおおおおおおおおお!』

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

 後から思えば、このパワーも納得。

「仮面の者」の実力
 オシュトルは、当初は剣だけ奪い投降させるつもりだったようだが、思わぬ反撃を受けたことで
 咄嗟に全力で刀を振るってしまった

 結果、ゼグニは「山をも切り裂く」剣撃で無惨な最期を…。

 倒れる音が完全に時代劇
 衣擦れの音といい、息を飲む効果音。

 いやそんな事を感じる場面じゃないんですが、すごく良い音だった……。

 娘さん、不憫な…。

ノスリ『お前らーー! 人がせっかく、情けをかけてやっていればぁ!!』

イメージ 22

イメージ 23

 一方、ハクさん達はオシュトルの隊と合流し、早々に「マルルハ」の都へと到達。
 既にグンドゥルアは撤退、しかし多数の兵が残っていた
 彼らは篭城、市外戦を覚悟

 ノスリギャグっぽく投降を命じるが、まあ聞くがはずがないよね!

 さっきまでの空気とえらい違いだ!

“剣豪”ヤクトワルト『俺とシノノンは、もう少し厄介になろうかと♪』

イメージ 24

 また、救出劇での勇気を気に入ったのか、ヤクトワルトも「義侠組」に参加が決定。
 娘、いや様式美的に、たぶん義理の娘だと思いますが
 シノノンもクオンに懐いたらしい

 クオンさん、この人も何気に人たらしですよね。

 そんなギャグをやっていると―――

ハク『―――何だ、アレは……!?』

巫女姉妹『ヴライ』『ヤマト八柱将、“豪腕”のヴライ様です』

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

 遊戯王のモンスターみたいなのが出てきた!? あ、OPのアレか!!

アクルトゥルカ
 現れたのは、「仮面」の力を開放し巨大化したヴライ、アクルトゥルカの真価がコレだった!?
 彼は、潜伏した敵兵を街ごと焼き払ってしまう

 こうした市外戦、一番怖いのは「物陰」から急に襲われる事。

 が、ヴライは遮蔽物もクソもなく殲滅
 こうなってしまえば、ヤマト兵は、逃げ出した敵を殲滅するだけで済むわけか…。

 堅固そうな城塞都市を、一撃で砕いて進むヴライ

 仮面強すぎィ!

ハク『そんな……、味方じゃ………』

オウギ『敵軍の手に落ち、人質となった時点で、既に反逆したのと同じ…』

イメージ 32

イメージ 33

 苛烈なヴライは、人質が閉じ込められたと思しき区域まで、「反逆者」として焼却。
 生きながらに燃え落ちる人々、完全に地獄。

 街の損害を抑え、助けるべきは助ける場面ですが、ヴライはそうしない。

 陥落した時点で、この街はヤマトの恥って事なのか。

ハク『―――う、うおおおおおおおおおおおおおおおおお!』

クオン『ハクーーーーー!』

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

 最初は足が震えて立てなかったハク、そこがまた彼らしく「マトモ」だと思った。

ハク、走る
 つい逃げ遅れた二人組を見つけてしまったハクは、震える足を叱咤し、咄嗟に走ってしまった。
 怖いわな、それが普通だわな…。

 が、ヴライはそんな彼を見つけると、明確に狙って攻撃を敢行。

 明らかに狙ってた!
 ハク、「普通」だからこそ勇気を出したのが格好良かった!

 明らかに今回最大級の一撃でしたが―――

ヴライ『鎖の巫女<くさりのかむなぎ>、か…』

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

 幸い、巫女姉妹のバリアでハクは無傷、しかし助けようとした二人は明らかに……。
 ハクさん、悔いの残る結末に。

 にしても「仮面」の一撃を防ぐとか、巫女もまた特別なのか。

 ご老公が託した理由が、改めて気になりますね。

ムネチカ『そのような事が…、生き残った者は手厚く保護する、と約束しよう』

イメージ 1

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

 ハクさんが初めて見た、「死ぬと悟った人間」の瞳。

ヤマトの戦
 戦後、救えなかった少年の瞳が目からはなれず、ハクは独り苦悩する事となる。
 ハクにとって初の「戦」。

 ここまでやる必要があるのかよ…、人が、こんなに死んでるんだぞ………!

 ヴライは明らかに過剰攻撃
 しかし、篭城に持ち込んだ敵の討伐は被害が大きいのも事実。

 ましてや「人質」に同情すれば、ますます被害が増えるばかり、というのも事実で……。

 この答えは、どう出すのでしょうね。

いまさらですが「新オープニング」より

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

 今回、オープニングの炎の怪物、エントゥアの寂しげな姿の理由が回収されましたが
 何よりラスト、去り行くハクを追うクオン
 追いきれないクオン

 そして、彼女を振り切りながらも、ふと振り返って唇を引き結ぶハクが印象的。

 苦悩するハクさんは、何かの答えにたどり着くんでしょうか?

次回、「宴」。マッスルボディ! マッスルボディ!!

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 1

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

 なんつうか、次回の日常回回帰に、妙にほっとする予告であった。

「仮面」の真価
 2期初回、13話ラストで“アクルトゥルカを眠りから覚ましてはならぬ”と言っていた事が回収。
 確か、ミカドが「開放を許可する!」みたいに言ってたのも
 なんとなく納得ですね

 もちろん、仮面持ちのオシュトル、ミカヅチ、ムネチカは同等の力がある模様。

 あの力が人間サイズで歩いてる。
 なるほど、刀だけで、山を粉々にしちまったのはそういう…。でも「偽り」ならデッドコピーなのか?

 次回、第十六話「宴」