GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『食戟のソーマ 16巻』感想、官能的な表紙! 爽快と暗転、“政変”の激震巻!:附田祐斗&佐伯俊

vs“久我先輩”決着! いやあ爽快なラストだとか言ってる場合じゃねえ!

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

※画像右下隅クリックで拡大。

 激戦の決着巻、なのに表紙を飾った謎の男の正体と行動、一気に物語が動いた波乱の回!
 えりな様がヒロインとなり、クライマックス感ある展開に
 旨そうという以上に、面白い巻だった!

 なるほど、こうやって「十傑の激突」に持っていくってワケか!

見通しの甘さ
 また、問題の久我先輩戦に「苦戦しすぎていた」のは、この決着に持っていく為だったんですね
 全員の好感度が上がるラスト!

 現・十傑のトップも披露、納得の料理哲学が面白かった!

創真、「客商売」の実績で対抗す!

イメージ 5

 意図的なのか、最近ちょっと狂気っぽい絵柄なのも気になる。

終戦と開戦と総帥と君と
 月響祭四日目、創真は「久我飯店に欠けていたもの」、大行列による客の回転の悪さを突き
 新料理「獅子頭もどき」、タクミとにくみ、美作らと田所の助力で
 久我の模擬店から客を捥ぎ取る事に成功した

 だが最終日、追放されたえりなの父、薙切薊が帰還し「学園総帥」の地位を簒奪。

 三席の女木島
 七席の一色、八席の久我と十席のえりな
 彼らを除く十傑六人を味方につけた彼こそ、えりなをエリートとして「歪めた」張本人であった。

 総帥の座を追われた仙左衛門は、その過去を、愛孫えりなを救って欲しい事を幸平 創真に懇願する。

今回の「逆転料理」は、時限式・麻婆カレー麺!

イメージ 7

 台湾、中国の「淮揚料理」の伝統メニューと酷似する新料理!

二段構えの「刺激」
 決戦は、これまでに培ったものをフルに活用、封じていた香りが後から広がるのも
 カレー回を連想させる料理でしたね

 単なる月見でなく、カレー出汁をゼラチンと肉壁で封じた切り札!

 食べやすい「大衆料理」タイプの麻婆が、時間を置いて、刺激的な料理へと変じる二段仕掛けか。

前回の「鍵」の正体

イメージ 6

 倉瀬さん、久々の出番がコレかよ!

美作参戦
 逆転は、やはり多くの仲間の力を借りる展開でしたが、「鍵」がゆきひらの鍵だったのが意外
 あ、美作にイメトレさせてたのか!

  お前には…、でかい借りがあるからな

 とは美作の弁。
 得意の、「完璧なる追跡」は今回のケースにピッタリで、新ヘアスタイルも冴え渡ってた!

そんな「完璧なる追跡」を脅かしたモノ

イメージ 9

 その美作を驚かせる事で、成長、敗戦の借りを返した格好のタクミも格好良かったですね!
 イサミに、きっちりツッコミを喰らうまで完璧!
 親しみやすいし努力家だし!

 今後は、彼らも十傑と対決する団体戦突入ですかね。楽しみ。

 特にタクミは、極星寮にも馴染んでますしね。

田所ちゃんの築き上げたもの

イメージ 8

 また、すっかり創真の相棒として落ち着いた田所ッチも、「彼女が築いてきたもの」が見えて
 すごく格好良かったですね。
 素敵。

 あの接客スキルも、スタジエールの実績が生きてた!

 スタジエール編では、「もてなし」が田所の特技だしなー、くらいにしか思ってなかったですけれど。

同じく逆転を決めた「汐見ゼミ」勢、さすがの技術だった!

イメージ 10

 食材を3Dプリンタで加工する、という技術も面白いですが、その「効力」も面白い!
 奇麗な模様は、カカオとスパイスによる色分け
 これも時限式料理か

 既存料理にないものを量産し提供するアリス、そしてアキラのスパイス技術!

 これはウケるわ!

「悪い奴」なんて居ない、気持ちの良いラストだった!

イメージ 11

 さんざん煽り、中華研をのっとった等「悪評」多数だったクガピー先輩も、ひと皮剥けば熱血漢!
 一年生当時、ソーマと同様に当時の十傑にケンカを売って完敗
 リベンジの執念だったと。

 現在は三年生となった「十傑第二席」、りんどー先輩と姉弟のような関係なのね。

 今後、二人が戦う場面もありそう。

一年前、久我を一蹴した「現・第一席」の料理哲学

イメージ 12

 そんな第2席に気にいられたことで、早くも第一席、ある意味ラスボス人物の料理を食べる機会が
 登場時は、気弱な兄さんという風情でしたが
 それも自信に繋がるもの

 哲学は「素材の素晴らしさ」を活かす事、それはさながら、騎士が君主に仕えるようだと評される。

 素材にかしずく騎士。
 料理漫画の古典、ミスター味っ子で、主人公を負かした数少ないライバルにも似てますね。2は忘れろ!

しかし、「えりなの原型」ともいえる魔王が帰還、状況は一変!

イメージ 4

 この辺から空気が変わった!

オリジナル
 実は、「薙切えりな」の異常なプライドの高さ、完璧主義へのこだわりの原因は
 父の教育にあった、と判明。

 真の美食、選ばれた者へ選ばれたモノを提供する!

 それを叩き込んだ男が帰還!

「月響祭」編ってば、本当オールスターなシリーズやったで!

イメージ 13

 そのキャラ解説にあたっては、「秋の選抜編」に登場した審査員の面々が再登場!
 特に、レトルトカレーの親玉である姉妹は
 彼と対象的ですもんね

 美味しいものを、より広く提供する、そのスタンスと真逆を行く男!

 料理の先鋭主義者、格付けチェッカーさん!

そして、希望を(尻で)踏みにじる親父!

イメージ 14

 えりなが「憧れの人」との再開を願い、ほのかな恋心で開けていた席に陣取る傍若無人
 娘のモノは俺のモノ!

 いやむしろ、この世に自分のモノでないモノはないと言わんばかり!

 傲慢さが迸るエピソードやったで喜多先生!

秘書子の笑顔、いいよね…

イメージ 16

 そんな危機に際し、緋沙子が見せた笑顔、今巻最高のワンシーンの双璧でしたね!
 異論は認める。

 この信頼感!

新章は「薙切えりな」様がヒロイン!

イメージ 15

 父への心的外傷から身動きが取れないえりな、空気をクラッシュする下町バカの来店!
 ヒヤヒヤしましたが、父があっさり退いたのは意外でした
 同じ空気を吸うのもイヤか?

 父の目的は遠月の改革、創真との対面でより決意が固くなったのかも。

 直後、彼は「十傑を味方につけて」総帥の座を簒奪

そしてこの元・総帥である

イメージ 17

 扉を開けたら、遠月総帥! 今巻最高のワンシーンの双璧でしたね!(二度目)

総帥として祖父として 
 ラストは、総帥の座を追われた仙左衛門様が現れ、創真が学園に来る事になった理由などを。
 そも、彼の方針は父さんに近いんですよね
 黒紳士とは対立必至

 そして、ただ一言えりなを救ってやって欲しいと――――

 地位もクソも無い祖父の姿、格好良かった!

多分「黒紳士」を歪めた男たち、再会する

イメージ 18

 今巻は「再会」「出会い」の巻でしたが、親父と銀さんの再会という面白い一幕も。
 また、えりなの父という事は
 親父の同世代

 黒紳士は、この二人に次ぐ「第三席」だったとも判明。

 こりゃ、間違いなく人格が歪んだ要因ですわ。

アリスとの別れは、えりなが歪む前だった

イメージ 19

 また、えりなに物怖じしないアリス、実は「教育」を受ける直前に海外に旅立った事も判明。
 当時の感覚で話しかけるから、怖がらないみたいな。
 この後、えりなは父に歪まされます

 何かと嫌われがちな傲慢さは、父の後付で、現在は素直な性格に戻りつつあると。

 しかしこの二人、創真とタクミに似とるのう。

えりな様、劇的ビフォーアフター

イメージ 1

 父の先鋭主義は、次巻、さっそく極星寮を襲う…?

最終シリーズ?
 やがて、父のエリート主義に「教育」され、そのスジの人にはご褒美としか言いようのない性格に
 しかし気付いた祖父・仙左衛門が父を追放し
 そして戻ってきた!

 敵は黒紳士、えりなと「十傑」の大半!

 黒紳士は父が、えりなとは創真が雌雄を決して最終回になりそうなエピソードに!

収録

イメージ 20

 さっそくカバー下もかっさらった「十傑2位」、その大食いを活かした料理とは…?

 週刊少年ジャンプコミックス「食戟のソーマ 16巻」。
 原作:附田祐斗、作画:佐伯俊
 2016年1月(前巻2015年10月)。

 第128話「死角」
 第129話「獅子と獅子」
 第130話「若き獅子たちの群れ」
 第131話「あの人を待ちわびて」
 第132話「第一席の力」
 第133話「翳りゆく食卓」
 第134話「黒雲、月を覆う」
 第135話「薙切の血族」
 第136話「囚われの女王」
 カバー下、空きスペースにはオマケ完備。

 まだ一年ですが、今の二年は三年より弱い、なら三年とえりなを倒して決着するのが奇麗な流れかなと。