GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『げんしけん 二代目 10巻』感想、いった! いった! 笹原妹がいったーっ!:木尾士目

 大学オタクサークルの日常と恋模様を描く、旧「げんしけん」直接の続編。

ゲェー! アレは48のサークルクラッシュ技“アイツお前が好きだってよ”!

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 1

※画像右下隅クリックで拡大。

 卒業旅行編、ウダってるマダラメにキレた恵子が遂に行ったァ! 矢島っち完全に巻き添えッスよ!
 まあアレだ、ケーコがキレるのも仕方ないッスけど
 48のサークラ技はアカン!

 ホント、その気持ちは恋愛なのか対抗心なのか、てかマダラメェ頑張れよっていうか!

決戦、日光東照宮
 いやー、今度こそ決めてくれるっていうか、セルフ脱落を決めたと思ったらアレしてコレして
 そりゃケーコさんもキレますよねー。

 基本が部外者だけに、突破力がマジでハンパない! 走れ終局!!

一人だけ離れて映ってるラメ先輩、安心のラメ先輩

イメージ 5

 問題のサブタイと共に。この「俺は良いんだよ」感が、オタっぽいと言われるんでしょーか。

好きっていいなよ
 矢島の実家を宿に、日光東照宮へと卒業旅行に繰り出したげんしけんメンバー+αの初日夜
 波戸は、男として斑目ハーレムから身を引こうとし
 斑目に引きとめられる

 翌日、日光東照宮では「くじびき」し、次々と相棒を切り替えながら二人で回る事に。

 徐々に高まる女子の圧力
 いつものように、波戸を挑発し反撃を食らった笹原恵子は決戦に出た。

 が、斑目が煮え切らない事にキレた恵子は、咄嗟に「矢島が波戸を好きだ」と波戸にバラしてしまう。

「実写」も取り入れ、この吉武ノリノリである

イメージ 6

 今回の肝のひとつは、歴女・吉武面目躍如欣喜雀躍、日光東照宮巡り解説編ですよね!
 生前の家康が、「埋葬」にやたら指示を残して亡くなった事や
 入れ知恵をしたという怪僧の話まで

 その行いが、自身の神格化を図って云々かんぬん、実は修理中だった陽明門など!

 壮絶な自爆も含め、実に楽しい観光案内!

波戸くん、斑目ハーメルやめるってよ

イメージ 4

 そして'''進行する「ラメハーレム」問題。

一瞬でも僕は
 そも、恋愛感情を突き詰めると、肉体関係になっちゃうし「ソレはねーよな」っていう。
 ソレを受け入れられるほど、リアルな度胸はない

 と、身を引く波戸君に、酔ったラメ先輩のダイレクトアタックが直撃。

 ラメさん、アンタって子は!
 更に、クッチーの絶妙なアシストもキマってハーレム続行に。

 心を何にたとえよう!

恵子さんにも、解らない気持ちがある訳で

イメージ 7

 そんな波戸君に「負けたくない」って気持ちが強い笹原妹、恵子さんの爆弾発言ラッシュ。
 言ってのけるのが恵子流!

 何でか知んねーけど、アイツにはウソ混ぜたくねーんだよな

 というモノローグも印象的。

斑目『(こんなにいつも 笑ってたんだな)』

イメージ 8

 そんな恵子いわく、「自分が選ばれるなんてありえーねって、分かってる」というアンジェラ
 オギ会長いわく「自由だけど、自分勝手ではない」とも
 投げかけた視線も意味深でしたね

 それでも今回、くじびき中に「良い感じ」だったのは、この人がトップだったと思う巻。

 前述の、斑目さんのモノローグがなんか好き。

僕らは愛に慣れることはない

イメージ 10

 もちろんアニメ版「げんしけん二代目」も、水島努横手美智子である。

セルフパロ
 そんなこんなで波戸×矢島っちが始まってしまったわけですが、サブタイと巻末がなんというか!
 原作一期の劇中劇で、リメイク版がTVシリーズにも。
 私のハートはバランス♪

 そんな本作、リメイク版は「監督・水島努」「シリーズ構成・横手美智子っていうね!

 アニメ「SIROBAKO」「監獄学園」等、今思うと名コンビ制作なのよねー。

収録

イメージ 9

 カバー下では、ゲーム「ドラゴンズクラウン」のコスプレも。漫画胸!!

 げんしけん二代目の十、通算19巻。木尾士目(きおしもく)
 講談社アフタヌーンKCアフタヌーン連載。2012年連載開始(前期は2002年開始)。
 2015年12月発売(前巻2015年6月)。

 第110話「らき☆すけ」
 第111話「男の器」
 第112話「くじびきアンバランス1」
 第113話「同2」
 第114話「同3」
 第115話「同4」

 オマケ「サブタイ詐欺」

 4コマ漫画「×話・その後」が、各話それぞれの直後に収録。
 カバー下オマケあり。