GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『続ハーメルンのバイオリン弾き 7巻』感想、“Ifの世界”の真実! ワルキューレも新生!:渡辺道明

 文字通りの後日談、悪夢に囚われたハーメル達が“もしも”の世界をゆく物語

    あ、それで弟さんだったのね…。じゃあ、城の地下の屍の意味は?

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

※画像右下隅クリックで拡大。

 

 旧作、ギャグパートで人類最強国家を滅ぼしかけたコルネット、その力を吸収したギータさんは最強ですよ!
 しかし、それも含めてバラライカ捨て駒と化しているあたり
 ギータさんは切ないなぁ…

 

 一方、この世界の真相も判明、ずっと寝続けている奴を探せば良いっぽい。

 

ならパンドラ母さんも?
 また、水晶魔法から脱出を遂げるクラーリィ等、「バラライカの意図」から初めて外れる展開も。
 その正体も気になるところですね。

 

 何気に、クラーリィとリュートの夢のタッグも実現、激しいバトル回だった!

    サイザー様は魔王軍に帰還、笛を交換した為、ワルキューレが新生

イメージ 1

 尼さんみたいな帽子に。

 

夢の中に夢を見る
 妖精王に唆されたギータは、これが「夢」だと知りつつ、その覇王となるべくコルネットに噛み付き
 彼女の肉に宿る、大技「聖母殺人伝説」を吸収
 真王を名乗って暴虐を尽くす

 

 幸い、バラライカも意図せぬ力で自由となったクラーリィは、リュートと協力して抗戦!

 

 しかしギータは更なる変貌を遂げ
 また、脱出したサイザーは、消えたライエルの行方を追うよう命令を下す

 

 彼女たちもまた、この世界は、10人の眠れる男女の夢の集合体だと聞かされるのだったが―――?

    あ、それで「弟さん」だったのね

イメージ 6

 本来の世界は全員が眠りに落ち、「夢の世界」が取って代わった状態とのこと。

 

十人の夢
 で、グローリアの数少ない生き残り、ハープの弟など、十人の夢の集合体で世界は形成。
 仮に、彼らが目覚めると担当する領域が消滅する

 

 彼らは現実世界に不満を持ち、この世界でもずっと眠っているそうな。

 

 弟の受け持ちはグローリア
 グローリア皇帝は、彼が目覚めれば自分達が滅ぶと知り、ずっと眠らせているらしい。

 

 なるほどねえ…。

    彼らを眠らせている「十人の夜会」

イメージ 9

 最後に出てきた少女も、ギータ勝利を願うなら、彼女も「夜会」?
 人形を持ってますが意味があるんでしょうか?

 

 今巻、チェンバロ青年が「人形」にこだわっていたのと、タイミングが被りすぎなのが気になるところ。

 

 地下にも「1」が居たようですね。

    戦局を変えた一撃、聖母殺伝説!!

イメージ 7

 そういやコルネット、旧作で浄化され、「奇麗なコルネットと」になってたんでしたっけ!
 今回、その時の気持ちを取り戻す事によって
 聖母殺人伝説が復活!

 

 いや、奇麗になってからも使えてましたよねアンタ!?

 

 この力をギータに奪われ、旧作・超生物ギータばりに進化させてしまう! コルすげえ!

    しかし、クラーリィの戦列復帰で事態打開に

イメージ 8

 その助けにはなりませんでしたが、フィドル王女がまたもハッスルして笑う。
 ホントに友達だったのかよ!

 

 先立ち、改心した国王様がすっかりツッコミに回ってて笑えますね。

 

 なんかもう、このヒト許せるわ!

    収録

イメージ 5

 オマケでもギータが大活躍、相変らず仲が良いです超獣&超竜コンビ。

 

 ココカラコミックス「続ハーメルンのバイオリン弾き 7巻」。渡辺道明。web上で無料連載中。
 スタジオロードライト発行、林檎プロモーション発売。
 2015年12月発売(前巻2015年7月)

 

 第29楽章♪=5「グローリーの肺腑」
 第30楽章♪=37「紅焔の追跡」
 第31楽章♪=83「破滅の鍵を探せ」
 第32楽章♪=115「覇王の歯車」
 第33楽章♪=147「暴に冠する力への乱舞」

 

 おまけまんが「冥界プリンスリュートくん5 地獄の負け犬たち編」
 カバー下他、おまけマンガあり

 

 あの地下の骨、「現実」のコンアモーレが、とっくに滅んでるとかいう意味なんでしょうか?

tahomaru.hatenablog.com

tahomaru.hatenablog.com

tahomaru.hatenablog.com

tahomaru.hatenablog.com

tahomaru.hatenablog.com

tahomaru.hatenablog.com

tahomaru.hatenablog.com

gno.blog.jp

gno.blog.jp

gno.blog.jp

gno.blog.jp

gno.blog.jp

gno.blog.jp

gno.blog.jp

gno.blog.jp

 

gno.blog.jp