GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『続ハーメルンのバイオリン弾き 6巻』感想、ベースさま正気に戻ってェ!?:渡辺道明

 文字通りの後日談、子供世代「シェルクンチク」以前の物語

    オマケ漫画のインパクト強すぎィ! ギータさん大活躍ですね!

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 1

※画像右下隅クリックで拡大。

 

 実は七月に刊行していた続ハメ7巻、ほぼトロン&コルネットが主役で、因縁深いギータとの物語ですが
 オマケ漫画で、遂に悟りを開いてしまった冥法王様のインパクトが!
 こんな悟ったベースなんてベースじゃねェ!

 

 本来の世界の知識を与えられたギータの不穏さ、オマケといい今期大活躍ですね!

 

そういやそうでした
 そういや前巻、「青年一人と引き換えに、世界連合が撤退」し占領されたんでした
 熱い展開ですが、さすがに国民の方々が不憫!

 

 この状況、バラライカが振りまいた種はどう芽吹くのでしょう。

    ついつい忘れそうになりますが、残虐非道ですギータ様

イメージ 6

 妊婦を人質に、腹の子を「聖杯」として食おうとかいうド外道。これも挑発だったのか。

 

妖精王の暗躍
 妖精王の作った「IF」世界、ホルンが結成した世界連合軍は、たった一人の青年と引き換えに撤退
 降伏したコンアモーレ公国に、魔物に化けたトロンとコルは潜入し
 フルートに化けたクラーリィも潜む

 

 が、妖精王に唆されたギータは、その青年「チェンバロ」の処刑を宣言。

 

 トロンとコルは、僅か二人で公然と反撃するが、ギータはそれを見透かしたかのような態度で迎える。

    今期の主役「トロン&コルネット」と因縁深い超獣王

イメージ 8

 もはやお馴染みのモンスターとなったコルを見て、「本来の世界の記憶」が甦るギータ!
 そういや、聖母殺人伝説で消し炭になったんでしたっけ
 アレは笑った

 

 ギータいわく「古代の魔族」であり、彼ですら初めて見た種族だそうな。

 

 ギャグなのにスゴかったのね、コレ。

    「この世界」の創造者、バラライカに踊らされる面々

イメージ 4

 冒頭オマケ漫画でもセルフボケしてますが、バラライカは、彼の望む形に歴史を修正しているのか
 あちこちで手を加え、トロンとギータが激突する構図に

 

 本来、旧作最終局面では、トロンはギータを打ち破った実績があるハズ。 

 

 が、前より強力に
 その理由は、「本来の世界」を聞かされた事にあり、遂に長い長い悪夢にも終わりが…?

    「この世界の秩序」を握る男

イメージ 5

 ラストでは、時間軸上の続編「シェルクンチク」に登場したキャラ、ハープ将軍の弟が登場。
 その際は、母国再建を願う狂人としての登場でしたが
 今回は一体…?

 

 というか、ここまで厳重に捕えるほど、強力な人物ではなかった気がしますが…?

 

 ギータの件といい、「この世界の秩序」ってもしや?

    収録

イメージ 7

 クラーリィの変装ですが、昔より可愛い作画に感じますフルート。

 

 ココカラコミックス「続ハーメルンのバイオリン弾き 6巻」。渡辺道明。web上で無料連載中。
 スタジオロードライト発行、林檎プロモーション発売。
 2015年7月発売(前巻2015年1月)

 

 第24楽章♪=5「潜入!!魔の館へ」
 第25楽章♪=27「深い闇…、躍動する」
 第26楽章♪=67「処刑前日」
 第27楽章♪=113「コルネット(丸いの)舞う」
 第28楽章♪=147「居並ぶ真実と不真実」

 

 おまけまんが「冥界プリンスリュートくん4 地獄の負け犬たち編」
 カバー下他、おまけマンガあり

tahomaru.hatenablog.com

tahomaru.hatenablog.com

tahomaru.hatenablog.com

tahomaru.hatenablog.com

tahomaru.hatenablog.com

tahomaru.hatenablog.com

tahomaru.hatenablog.com

gno.blog.jp

gno.blog.jp

gno.blog.jp

gno.blog.jp

gno.blog.jp

gno.blog.jp

gno.blog.jp

gno.blog.jp

 

 

gno.blog.jp