GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『温泉幼精ハコネちゃん 最終話』感想、やはり気の利かない凡夫なのじゃ!:第13話 ハコネちゃんとまた新しい日常

 3分アニメ

まさか、この技でバトル展開を!? 王道展開で最終回だった!

イメージ 46

イメージ 1

 激突する誠意と意地、自己犠牲、振り返ればそこにいる復活劇、安定したシナリオでまとめた最終回!
 ただ、もう少し意外性があっても良かった気がします
 風景の美しさが流石!

 何気に舎弟が出来た姉さん、得しちゃった!とか思った私は汚れてますね!

欲をいえば
 口から温泉を噴出す攻撃法で、シリアス展開風にするのはやっぱり無理があったかと…。
 でも、だとすればどんな最終回が良かったんでしょう

 そこにも考えさせられる最終回だった…!

何気に気付きませんでした

イメージ 7

イメージ 8

 温泉箱の神社で力を得て、久々の本気モード……、ってミヤちゃんも縮んでたの!?
 てっきり、素であの外見なのかと
 ここは驚いた!

 そういや、前にあっさりガス欠になってましたし、彼女も力が弱いのか。

 信仰が分散されすぎたみたいに言ってましたしね。

お弁当をリュックにつめなかった、だと…!?

イメージ 3

 また、毎回オープニングがちゃんと入ってたので、無かったのが異様に意外でした
 なんてこった、身体が慣れちまってた!

※エンディングとして使用。

『無理に奪った力などでは、心まで温めることなど出来ないのじゃ!』

イメージ 39

 ハコネは、「力」が人を幸せにするものである以上、奪って使ったところで無意味だ諭し
 まだ若いアシノコは反発、力任せに戦い続けて暴走に陥り
 敢えて受け止めたハコネは行方知れずに

 しかし、しばらく時が過ぎた頃、水脈を通って元の祠で蘇生に成功。

 アシノコとゴウラも心を入れ替えており、ハッピーエンドに。

敢えて止め絵、口や手だけ動かし、奇麗な作画を維持してた!

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 1

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

 暴走したアシノコ、やはり海賊船がいる湖の精霊だから仕方ないね!

■'意外に
 これで全話終了ですが、振り返って、意外に温泉に入らなかった気もしますね。
 口からはほぼ毎週吹いてたが!

 代わって、毎回のように観光地を訪れるスタイルが印象的でした。

 特に温泉プール回
 そこは、「温泉で泳いじゃいけない、そのタブーを破れる場所」とか発想が尋常じゃなかったですね!

 全13話と余裕のある構成、スタッフの皆さまおつかれさまでした。