GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『対魔導学園35試験小隊 最終話』感想、背負い背負われ最終回! 声の演出が素晴らしかった!:第12話 限りなき願い

本音飛び散る! 連続契約の激戦回、半分背負った良いラストだった!

イメージ 1

イメージ 39

 状況的にはキセキと京夜は未解決、タケルは魂を食われ始めるなど、決して良い状況じゃないですが
 欲張ったタケルと、支えるヒロインが清々しかった!
 良い一区切りの最終回

 特に、キセキの「鬼」と「本音」と、エフェクトの演出が凄く良かった!

最終話でもホーンさんてめえ!
 最後、エンドカードでも、真っ先に彼の姿に目が行く辺り、ホント印象的なキャラでした。
 まだ謎多いし、フツーに生きてるんでしょうね

 最終話にして桜花が変身、パイルバンカーで大暴れするのも予想外だった!

『あなたの好奇心の為に、区画一つを犠牲にしたんですから…』

イメージ 3

 アルケミスト社の社長、同社でキセキをなんとかできるって、やっぱ嘘っぽい。

どれだけ後悔したとしても
 桜花は、タケルや小隊の面子を助ける為に「契約」を果たし、ヴラドの真価を引き出し抗戦
 彼女たち仲間に庇われ、タケルは妹を殺してやれなかった事を後悔し
 ラピスと「神狩り」の本契約をかわす

 その結論は、妹も自分も仲間も諦めず、最後まで踏ん張ることだと断言

 ホーンテッドを撃退し
 キセキを一旦救うも、「病」が治ったワケではない

 だがタケルは諦めないと誓い、仲間達も「なら自分達が半分背負う」と笑いあうのだった(終)

桜花『ヴラド、聞こえるか…、私と契約しろ!』

ヴラド『<復讐の為に、仇を前にするまで受け入れぬのではなかったか?>』

イメージ 2

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

 ヴラド公、ドラキュラ伝説の元になった英雄。侵略軍に対し「杭打ち」の残忍な見せしめを行った

レリックイーター・ヴラド
 キセキは暴走、彼女を救うべく桜花はヴラドと本契約を果たし、武装化至る。
 事あるごとに契約を迫っていたヴラド

 復讐は止めない、だが、今を共に生きてくれている者達が危機にあるというなら、全てを懸けて戦おう!

 生きてくれている
 何気に、心から感謝しててカッコいいぞ!

 実はヴラ公も復讐に呆れ、本契約で血を吸い殺してやろうとか思っていたらしい。

 ヴラさんも良い人じゃないか!

魔女狩り化した処で、絶望の色に一滴の希望が染み込んだにすぎません!』

イメージ 11

 対し、ホーンテッドも伝説の剣で「英雄化」して迎え撃つものの、複雑化したデザインが仇に!
 どうも桜花、戦闘用のCGが不完全らしい
 顔がむき出しですしね

 手書き必須で作画が困難だったのか、残念ながら戦闘シーンがカット!

 アレルヤ! なんという悲劇でしょう!

桜花さん、CGを限定的に使用

イメージ 13

 後ろ姿など一部使用されるも、大半が手書きだった変身姿、CGの違和感がスゴかったんでしょうか?
 武装モードは、一気にデザインが複雑化する上
 動きまくるので作画困難

 同SILVER社、共同制作「落第騎士」は手書きですごく動いてましたが、スタッフが不足したのか。

※同社、普通は1クール1本か2本ですが、今期は3本も制作。

桜花『ヴラド!!』

ヴラド公『<承知! フレキシブルマテリアル・ブースター全開!>』

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

 大技は、銃が杭打ちと化す「ヴァンパイア」。さすが串刺しに定評あるヴラド公!

家族の為に
 やがて、ホーンをノシた桜花は35小隊と合流、タケルは「妹を殺す」現実が受け入れられないのか
 なかなか目覚めなかった。

 もうこれ以上、あたしはアイツに重荷を背負わせてやらない!

 マリちゃん格好良い!
 今度は、自分らが背負ってやるというマリ!

 また一話を見る限り、桜花は妹を殺して生き延びたらしく、「同じ罪は背負わせない」と猛る!

 ああ、やっぱそういう描写だったのか…。

タケル『俺は今まで、何をしてきたんだ……』

イメージ 19

 一方、眠り姫と化したタケルも、今、自分だけが「妹を殺してやれる」と分かっていた
 あの時と同じだと

 幼い日、妹を殺すことも、守ることも出来なかったという後悔。

 アレは選択を放棄しただけ
 といっても、「守る」なんて無理難題、「殺す」なんて、出来たとしてもやりたくないワケで…

ラピス『私はあなたに全てを捧げます、だから、対価にあなたの全てを下さい』

『問い3、あなたは目的の為なら、大切なものを捨てられますか?』

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 21

イメージ 27

イメージ 28

 ミストルティン=ヤドリギは、北欧神話で「神殺しをさせられた」伝説が。

神殺しの時間
 が、ラピスに“魂を喰われる”代価と引き換えに、タケルは「神狩り化」の新形態に移行
 仲間達に別れを言い渡し、独りキセキの下へ

 この契約で、タケルは徐々に魂を喰われ、ラピスも異端審問官による制御から開放

 ラスボス的な進化!
 なるほど、理事長が自信ありげだったのはコレか!

 他はネロとかヴラドとかインノケンティウスとか、実在の人物名だから妙だとは思ってたんですよね。

 ワケ解らないなりに、止めようとするマリが可愛い。

タケル『俺は、妹の為だけに行くんじゃない……、ごめん鳳』

『俺はもう、お前の隣を歩けそうにないよ』

イメージ 29

 妹を殺して救う為だけじゃなく、半分背負ってる仲間の為に振り絞るタケル。
 ようやく妹のところへ

 やっと、終わらせてくれるんだね……。

 今まで散々に「致命」の苦痛を味わってきたと思うと、殺してくれってのが本当に救いですが―――

ホーン『アハハハ! 良いねェ、愛する者の命を終わらせようだなんて!』

“本音”『<やめて! お兄ちゃんは私と一緒に死ぬの!>』

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

 早く、早く「死にたい」……、全部お兄ちゃんのせい、お兄ちゃんがあの時「私を殺せなかったから」

どんなに後悔してもいい
 しかし、最終回でもホーンテッドてめえ!とばかりに、再び現れる死霊術師!
 神狩りだろうと、平気で渡り合うのは流石

 俺はキセキを連れて帰りたい、仲間達の元へも帰りたい、それが俺の望みだ!

 対するは限りなき願い
 後悔の結論は、後悔してでもやっぱり諦めたくない

 仲間も妹も自分の命も、全部まとめてハッピーエンドにしたい「選べない」と猛るタケル!

 対するホーンさん、彼も何があったのか…?

キセキ『ウソじゃないよ! お兄ちゃんと死にたいのも本当だけど―――』

『今のキセキの気持ちも本当だよ!』

イメージ 35

 キセキも、「お前と一緒に生きたい」という兄に、嘘吐きだと罵りまくるのも本音
 嬉しくて堪らないのも本音

 殺すしかないと解っていても、一緒に生きたいと言ってくれる兄さんだもの!

 キセキ自身も本当は生きたいし
 殺されまくって辛いし、声のエフェクトが切り替えられ、本音が入り混じる演出が良い!

ナハト『ベルセルク・エンチェント!』

タケル『ラグナロク・エンチェント! 草薙諸刃流“八岐大蛇”!』

イメージ 37

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

 エルフ子はカナリア、やっぱり7話に出てきた「斑鳩の娘」の成長した姿だった。

再び地獄はやってくる
 結局、タケルは「神狩り」の力をキセキの中に入る為だけに用い、殺さずに連れ帰った。
 彼こそ、戦争の要因になると理事長は笑う

 やはり侍・オロチはタケルの先祖、理事長も軽く150年以上生きてるときた!

 ホーンさんも昔の人らしいしね!
※2話で、「僕が生きてた頃と違うわマジつまんねー」とか。

 むしろヴァルハラこそ、問題児は多いが、戦争を防ぐ為に行動しているという印象を与えます

 ならマリの実母、大魔女も良いヒトっぽいですね。

『独りで苦しまないでくださいまし』『まったく、苦労性なんだから…』

『お前が背負うもの、私達にも半分背負わせろ―――』

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 1

 もっとアタシを頼ったって良いのよ?

ありがとう
 結局、今回はキセキを一時的に止めたに過ぎず、タケルが殺すまではいつ暴走するか解らない。
 今後も「鬼」が出尽くすまで、殺され続けねばならない

 それでも今度は、35小隊の面々が半分背負ってくれるんだぜエンド!

 この締めは好きだ!
 特にエンドカードのホーンさん、ちょっと自重して!?

 タケルが背負って始まった話は、今度は、彼が背負われて終わる最終回ってワケだわね!

 みんな揃った良いエンドカードだわ。

最終回、この決着への「駆け足」だったってワケね!

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 1

 侍・オロチさんの顔の傷って、殺され、蘇生した証なのかなーみたいな最終回。

背負い背負われ最終回!
 正直、今クール屈指の話の駆け足っぷりと、作画の省略っぷりが気になった作品でしたが
 どこか端折っても問題あったろうし
 難しい作品

 できれば2クール制作ならと思いますが、制作側もそんなバクチは打ちたくないでしょうし。

 オマケに「傍目に無能で実は最強」
 そんな作風が被った事もあり、逆風の強い作品だったのではないでしょうか。