GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『櫻子さんの足下には死体が埋まっている 最終骨』感想、いや解いてくださいよ!? 謎を!?:第拾弐骨 櫻子さんの足下には…

やっぱり「先触れ」で終わったけれど、今日も櫻子さんは元気です(完)

イメージ 48

イメージ 1

 何故かオープニングでは毛が生えている「スフィーノイダー」など、数多くの謎を残しつつ完結!
 待望の出会いの話、少年がちょっとストーカーだったけれど
 櫻子さんの笑顔が素敵だった!

 さあ、謎を解こうじゃないか? ってちゃんと解いて下さいよ櫻子さん!

「死」に囚われた人たちの物語
 ラスト、花房さんまで出てくるとか視聴者を煽りすぎっていうか、ちきしょう!
 でも最終回自体は良かった!

 毎回が独立したストーリーだっただけに、本作らしい最終回というか!

正太郎『警察は騙せても、僕は騙せない! あの骨は……!』

イメージ 2

 真相がわかると、正太郎くんが迷惑すぎな出会いであった。

過去に囚われたモノたちに
 危険な男、花房に狙われている櫻子さんは、弟と同じ名を持つ正太郎を巻き込むまいと訣別。
 しかし、彼女と出会った「八ツ江さん失踪」事件に
 正太郎は思った

 あのとき櫻子さんが諭してくれたように、時を止めたくない、一緒に思い出を作りたいのだと。

 過去に囚われて心を止めても
 周囲の時間は止まらない、取り残されてしまうだけだから。

 恐れて訣別し、互いの時間を止めるのではなく、一緒に進みたいと強情を張る正太郎

 櫻子さんは折れ、ようやく彼を「正太郎」と呼ぶ決意が出来たのだった(終)。

正太郎『思い切って何度かメールしたけれど、返事はなかった…』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

 巡査と先生、仲良くなったのかただの偶然なのか、ケンカ友達になってる気がして微笑ましい。

お嬢さまは魔女
 訣別から、早くも年を越してしまい、一番楽しい時期を寂しく過ごす正太郎少年たち
 彼は、初めての出会いを思い起こす

 一昨年の秋、祖父母のご近所さんが行方不明となり、正太郎は彼女を疑った

 なんて迷惑な中学生!
 当時、思春期特有の退屈を感じていた少年。

 そこで見かけた「お嬢様」に見惚れるが、彼女が死体を好むと知り、幻滅しそして疑ったのだ

 なんとまあ迷惑な中学生!!

正太郎君の勝手なイメージと、「生々しい水音」の真実

イメージ 4

 夢のように奇麗なお姉さんに舞い上がり、祖父母の家に行くごとに、近くを通ったという少年
 このナチュラルストーキング感!
 思春期だからね!

 だからこそ、嬉々としてキツネの死骸を受け取った彼女に、少年は愕然とする。

 認知症を患いホームに入ったご近所さん
 彼女が姿を消したのは、きっと魔女が鍋で煮てしまったからだと。

 なんちゅう風評被害や…!

八ツ江『違う…、違う…、こんな色じゃない…、違う……』

『ここじゃない…、ごめんよう…、ごめんよう…』

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

 おお、キービジュアルそのまんまだわ!

猟奇的じゃない彼女
 そこで、冒頭の通り「警察に通報」し、不発だと分かるや自ら突入する蛮勇を見せるのだが
 その縁で、彼女と共に捜索に乗り出す事に

 かくて少年、人生初の「骨」との出会いを経験する。

 強烈な中学時代!
 つまり、認知症の婆ちゃんの目的は遺体。

 櫻子さんは高揚しきった顔で探し、嬉々として「骨は色々教えてくれる」と語ってくれた。

 ちくしょうかわいい!

巫女『菊理媛神<くくりひめのみこと>をお祀りする神社があったんですが…』

イメージ 13

 ヒントは鳥居の色、銀色の鳥居を持つ白山神社だとアタリをつけ、神社跡で発見する。
 日本神話で、大喧嘩になったイザナギイザナミ夫婦を取り持った
 縁結びの神とされる

 特に、死者となった妻イザナミ、生者である夫イザナギを取り持ったことから、巫女ともされる

 本作にピッタリの神様ってワケですね。

櫻子さん『桜か…、少年、桜の木の下には何が埋まっていると思う?』

『――――死体だよ』

イメージ 15

イメージ 1

イメージ 19

イメージ 23

イメージ 25

 しかし櫻子さん、ホント嬉しそうだなオイ!
 
過去に囚われた少女
 実は彼女はごく幼い頃に母を庇い、酒乱の父を殺し、「ククリヒメ」の神社に埋めていたのだ
 死んだ子は、神様に返すのだと―――

 ずっと謝りたかった…、ごめんよ、ごめんよ父ちゃん…!

 ずっと心に刺さっていたトゲ
 それが、認知症になった事で逆に表出し、今回の事件に繋がったのだと。

 それからの人生も決して平坦ではなかったでしょう、そして老いた今、また責められていた。

 最終回もどうしようもない事件だった…。

櫻子さん『哀れなものだな―――、彼女は時を止めてしまっていた』

『後悔に、時の檻に囚われ続けて生きたんだ』

イメージ 27

 事件を終えた櫻子さんは、彼を連れてきた理由に、「退屈そうにしていただろう?」と告げる。
 彼女も、家の前を行く彼に気付いていた

 他人を覗き込むという事は、覗かれる、リスクを負うという事だと諭す櫻子さん。

 ストーキングは良くないな少年!

櫻子さん『いいかい? 時を止めてしまうのはいつも自分自身なんだ』

『足を止めれば何も得られない、ただ死んだように生きるだけだ―――』

イメージ 28

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 34

イメージ 35

 最終話は、レギュラーがモブ的に出演!

過去に囚われたモノ達の物語
 そして「時を止める」、本作でいえば過去の事件や人に囚われ、前に進めなくなる怖さを諭してくれた。
 止まるのは自分だけ、周りは進むのだから。

 だからこそ、「花房」を恐れて足を止めたくない、一緒に進みたいと櫻子さんを説得する

 そうやって囚われること
 櫻子さんが、彼を恐れ閉じこもる事こそが狙いなのかも。

 周りを巻き込むと恐れて孤立すれば、やがて時間は過ぎ、何の想い出も残せず骨になってしまう

 それより一緒の時間を過ごしたい。

櫻子さん『心の底に沈めた絶望を、恐れを、絶望を―――』

『花房は、人の不安を駆り立て利用する!』

イメージ 36

 花房、スフィーノイダーは怖い、他人の心を覗き込んで弱い部分を探し当てるのが上手く
 不安を駆り立て、死んだほうが幸せだと誘導する
 そして蝶形骨を奪うのだ

 特に櫻子さんのような、後悔、心の弱さを抱えた人間を弱らせるのが大の得意!

 あの声といいまるでDIO様だわ!

正太郎『だけど櫻子さんは、その花房の手から、命を守ったじゃないですか』

イメージ 37

イメージ 38

 でも櫻子さんは、そんな彼を知り、彼から命を守りきったと正太郎くんは激励。
 だから、あなたの傍の方が逆に安全ですよ?
 と

 殺し文句は、「あなたが直接、僕を守ってください」と。

 少年、それはカッコ悪いがカッコいいな!

櫻子さん『―――アップルパイがある。ばあやのあてつけだ』

『ほら、いくぞ―――、正太郎』

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

 ようやく少年ではなく正太郎と呼び、亡くした弟を、もう一度失う恐怖を乗り越える。

そしてまた物語は続く
 偶然か必然か、数知れぬ死を見てきた櫻子さんは、「他人と縁を結ぶ」という事に臆病な人。
 親しくなった者まで、亡くした弟と同じ名前をした少年さえ
 正太郎を二度も失うなんて御免だと

 さあ、謎を解こうじゃないか――――

 そんな彼女が「正太郎」と名を呼び
 一緒に歩く勇気を持てた、少しだけ過去を乗り越えられた少女のような女性の話

 物足りませんが、これにてアニメは完結に。

花房『深遠へ、ようこそ――――!』

イメージ 47

 特にアンタだよアンタ! ようやく「黒幕」というか、多くの事件に関わる男が表出するも
 なんと、まったく謎に迫れぬままで終了!
 なんてこったパンナコッタ!

 特に、オープニングに出てくる花房らしいシルエットは、何故か毛が生えてますし!

 アレか、コナンの黒の組織みたいなポジションか!

オープニングは「弟」「標本となった猫」か!

イメージ 49

イメージ 50

 今回は使用されませんでしたが、色々と意味がこめられていたオープニング。
 寂しげな庭の桜に、最終回では桜が咲く
 前に進む成長エンドに。

ホント櫻子さん、子供っぽくて良い変人っぷりだった!

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 1

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

 オープニングにも登場している「親戚のお姉さん(?)」は、特に話に絡まず終了に。
 
櫻子さんの足元に埋まらない為に
 同日放送、「35試験小隊」が一区切りを得るべく話を圧縮し、駆け足気味だったのに対し
 ちょうど本作は逆で、丁寧にアニメ化されたのか
 謎が語られぬまま終了…?

 花房、遂に「謎の人物登場だ!」とテンションが上がったまま、やり場ない終了!

 話作りが二時間ドラマみたいで
 深夜アニメにはちょっと異色、そこがとても面白い作品でしたね。