GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『ワンパンマン 最終話』感想、ワンパンで終わったり終わらなかったり! サイタマが「強い」と評した最終回!:第12話 最強のヒーロー

趣味と実益でヒーローをやっているお方だ! 先生、今日もワンパンですね!

イメージ 34

イメージ 1

 ボロス様、初めて全力をぶつけられる相手にスゲエ嬉しかったんでしょうね、口上の多いこと多いこと!
 対するサイタマも、初の「強い」「切り札」のダブル評価!
 しかし、その最期は寂しい

 戦後、アマイの傍若無人っぷりにムカつきましたが、彼にも事情があるなど謎を残す結末に。

先生、今夜は焼肉ですね!
 メタルナイトという敵、或いは駆動騎士の陰謀か、ジェノスの謎が積み重な
 モヤっとしていく最終回!

 だからこそ、オチがワンパンで終わったのが大笑いだった! よって良い最終回だった!

サイタマ『―――ああ、強いよ、お前は』

イメージ 3

 好静止作画バトル! 冒頭から熱いが、しかし……

同類たち
 ボロスは20年前の予言通り、自分と対等の敵が現れてくれた、と歓喜してサイタマに挑む。
 やがて戦いは決着、ボロスの全身全霊を費やした一撃は
 サイタマの「マジ」に砕かれる

 二人は互いの強さを認め合い、ボロスは絶命、暗黒盗賊団ダークマター壊滅した。

 協会はA市壊滅を逆手にとり設備を増強
 一方サイタマは、今日もワンパンで終わる戦いに嘆きながらも、正義を執行してゆく(完)。

タツマキ『ちょっと! そこに良いブロックがあるのよ。どいて!』

タンクトップマスター『ま、負けたァァーー!?』

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

 タンクトップへの深刻な風評被害

「トップスリー」の猛威
 サイタマが初めて「強い」と評しましたが、一話の夢オチと比べれば、彼が物足りないのは明らか。
 一方、地上の戦いも決着へ

 これだけ何度も見ていれば、サルでも要領掴めるわい

 対・要塞はタツマキが
 対・戦闘員は、再生パターンを見切った、銀じいちゃんにより決着!

 敵の核は常に移動しているが、再生は必ず頭部から、というパターンさえ気付ければカンタンだと

 なるほど、そういう描写だったのか!

駆動騎士『―――メタルナイトはお前の敵だ、気をつけろ……』

イメージ 8

 また、長らく謎のままである「ジェノスの仇」を、駆動騎士が教える新展開もありましたが
 駆動騎士の陰謀、或いは「仇」とはまた別という可能性もあり
 謎を残す展開で終了

 単に開発者クセーノ博士のライバル、つまり敵だ、みたいな意味かもしれませんし。

 でもメタルナイトに突撃しなかった辺り、ジェノスも成長してますね

『無免! なにしてんだ急げっ!』

イメージ 12

イメージ 13

 こうして地上戦にカタがつく一方、無免たちも生体反応の救出作戦を終え、帰還に。
 見上げていましたが、気付いていたんでしょうか
 無免ならきっと!

 空の上、要塞ではサイタマさんが輝いていたのだと!

JUSTICE! 執行! 問答無用! 俺が断つ! 悪を断つ! 合掌!!

Power Get Power アドレナリン溢れだすぜ!

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

 BGMうるせえ!

歓喜の歌
 一方、上空では「強者」ボロスとサイタマが激闘を繰り広げ、ボロスのボルテージをあげてゆく!
 やだボロスさん、マジ楽しそう!

 さすがに強いな…、このボロスと互角に戦えるのは、お前が初めてだッ!

 サイタマに通じる喜び
 ある意味、もう一人のサイタマと呼べるトゲ男!

 彼は過酷な環境に生まれ、攻撃移動再生など、体内のエネルギーを自在に操れる宇宙人であった、

 喋る喋る!

サイタマ『うるせえ』

『ペラペラペラペラと…、もう終わりなのか、戦いは?』

イメージ 19

 思えばボロスの口数の多さは、それだけ、「俺スゲー!」って言いたかったんでしょうか
 それを理解できる、拮抗した実力者に言いたかった!

 が、サイタマは冷めた様子

 あまりな対応、ボロス様、切り札を切らざるを得ない!

ボロス『体内エネルギーの放出を推進力として!』

『生物の限界を越えたスピード! パワーを引き出すッ!!』

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

 ボロス様が強すぎて、サイタマも月まで吹っ飛んで、再び帰ってくるレベル!

メテオリックバースト
 実は、ボロス様には「無呼吸で走る」ように負担の大きい、更なるマジモードが存在した!
 が、サイタマは平然と応える!

 この男には…、俺の全てをぶつけたくなったッ!

 月まで殴って!
 月を蹴って、戻ってくる!

 ボロス様すら、思わず呆然とするほどのサイタマの力に、もはや出し惜しみは不要!

 本気の本気、100%中の100%解禁!

ボロス『貴様諸共、この星を消し飛ばしてやる! 恒星咆哮砲!』

サイタマ『だったら、こっちも切り札を使うぜ』

イメージ 28

イメージ 30

イメージ 31

 対するサイタマ、進化の家編で使った「連続普通のパンチ」からさえ、再生したボロスに対し
 初めて切り札を解禁

 必殺・マジシリーズ、マジ殴り

 まんまだ!?
 なお、惑星破壊級の一撃を粉砕し、余波だけで大気をなぎ払った模様……!

ボロス様『予言の通り…、対等の……、良い勝負だった……』

サイタマ『そうだな』

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

 ウソだな。貴様にはまだ余裕があった…、予言など当てにならんな、お前は強すぎた…、サイタマ。

上も下も大惨事エンド
 サイタマは、あくまで「対等だ」とするが、ボロスは全く歯が立たなかったと素直に認め
 おかしそうな声を残し絶命

 きっとサイタマは、誰よりボロスの気持ちが分かる。寂しい終戦に。

 一方、上も下も大騒ぎ!
 要塞が崩壊し、上へ下へのエンジェルダッシュ

 ぷりぷりプリズナー、エンジェルダッシュって、叫んでるだけじゃねーか!

 いいドタバタ決着だったよバーカ!

アマイ『決着はついた…? こんな状況で勝利と呼べるのか……?』

『なんて無能なんだ!』

イメージ 38

イメージ 40

 しかし全てが終わった後、隣町でテレビ出演していたアマイが現れ、S級相手にも罵倒する場面が
 なんてヤツでしょう!

 しかし、S級の報復すら恐れないのは、よほどのバックか実力を隠しているのか?

 いずれにせよムカつくヤツである。

クロビカリ『あ、アマイマスク何を!?』

アマイ『生かす価値がない、こいつらは悪だ。速やかに正義を執行したまでさ』

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

 クロビカリさんの和みオーラは異常。

アマイの焦り
 ただ拘束状態とはいえ、怪人の残党を一掃する強さを見せ、ジェノスは過去の自分と同じだと推測する
 彼の動機は、「悪の撲滅」への強い焦り

 正解なのか、それともジェノス特有の誤解なのか…?

 ジェノスの評価だけに分からん!
 なおサイタマ、またもタツマキちゃんを怒らせるファンサービスも。

 タツマキをスルーする度胸!

 しかしサイタマ

サイタマ『ジェノス、なんか言ってやれ』

ジェノス『おいクソガキ! 黙って失せろ、ぶちのめすぞ』

イメージ 45

 またも、ハゲだのハゲだのハゲだのハゲだの罵られたサイタマ、罵倒を弟子に任せる不甲斐なさ!
 この師弟、ホント仲良くなったね!
 なんか和みます

 が。

タツマキ『―――許せない、ガキだなんて…、アンタより年上よ!』

サイタマ『ジェノスぅ!?』

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 1

 プル豚=プルトン、ギリシャ神話の冥府の王、ハデスの別名なんだからねっ!

今夜は焼肉ですね!
 ジェノスが、たった一言言い返しただけで殺されかけた、なんて事もあったけどそれはそれとして
 A市はヒーロー協会の本部機能に特化した都市に

 趣味と実益を兼ねてヒーローをやっている…、お方だ。

 と、その弟子だ。
 Cパート、ジェノスかっこいい!

 また…、ワンパンで終わっちまった……、くそったれぇぇぇぇーーーーーーーーーーーーっ!

 今日も変わらず、ワンパンマンな日常エンド!

世界が騒動を忘れるように、サイタマの日常は変らぬまま続く

最後の最後もワンパンマンだった!

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 1

 先生は、今日もワンパンで終わっちまうけど元気です―――。

同類の戦い
 決戦、多弁なボロスに黙りがちだったサイタマは、彼の気持ちが理解できたからでしょうか
 敢えて対等を演じたのは、彼を満足させるためだった
 そんな気がしてしまう最終回

 しかし事件後は、「次の事件」を予感させるのがもどかしい!

 オーバーロードもそうだった!
 同じマッドハウスさん、そういう制作傾向なの!?

 原作があるし仕方ないね! 一体フツーのアニメ、何話分の作画を費やしたのか、楽しい最終回だった!