GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『コメット・ルシファー 最終話』感想、タイトル回収、怒涛の最終話! 特にラスト5分な!:♯12 星と少年(終)

そして少年は教授となる。ガス大尉、幸せそうで何よりです!

イメージ 30

イメージ 35

 彼女の力が星を滅ぼそうとしたが故に、天使じゃなくて、悪魔=ルシファーだねと嘆くフェリア
 神様みたいな存在だけに、やっぱり別離エンドとなりました
 そも、なぜ地上に出てきたのかは謎のまま

 エンディング、あのやたら老けてたのはガス大尉か! ド・モンの魂を受け継いだのだな!

歳のとり方にバラつきが!
 ただ、敵の動機や、ラストバトルに尺を取られすぎた詰め込み感
 バトルに面白みが少なかったのは残念

 そうか、実はフェリアが乗った方が強かったのか…。

フェリア『ソウゴ、助けに来てくれた―――』

イメージ 5

 と、冒頭から幻に踊るフェリア、実は「石」に力を吸われていたらしい。

ダイスキだよ
 黒い守護者、その正体は「天使」を失い、自ら天使に成りあがろうとする存在だった。
 フェリアの力と、これを制御するソウゴの「鍵」
 両方を彼女は奪う

 だが、二つの星を滅ぼし新生させようとする彼女から、フェリアは我が身と引き換えに制御を奪い返した。

 彼女は二つの星を照らす明星となり
 それから数年の時が流れた今も、大好きだと言い合ったソウゴを照らし続けているのだった(完)

ソウゴ『そうだ、行かないか? キミが安心して暮らせる世界に……』

『俺と、二人で―――』

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

 ソウゴは、ソウゴはこんなイケメンみたいな事は言わない!

幻に踊る天使
 石、「ルシファ」に囚われ力を吸い上げられるフェリア、黒守護者は力を奪うと共に
 使い方を探り、ソウゴの幻を見せる

 我が理想郷を生み出すには、ルシファーの欠片と共に、その鍵が必要なんだよ!

 黒守護者さん焦りすぎ!
 焦り、フェリアに疑われる「幻のソウゴ」。

 同時に、モウラはパンチで黒の装甲を貫通、フェリアを救い出してしまう!

 パンチ力すげえ!

黒い守護者『その紋章……、そう、貴方が』

イメージ 17

イメージ 18

 が、実はソウゴの持つ「モウラ起動の紋章」こそ、星の力を行使する鍵だったと判明
 吸い殻となったフェリアを捨て、ソウゴを奪った黒い守護者は
 そのまま、星の外まで飛び去ってしまう

 実はこの研究施設は、巨大な宇宙船だったのだ。

 ああ、頭上の星が落ちてきた時の為、一部の指導者層の脱出用に作らせてたのか?

アイキャッチ、結局ド・モンは本当に亡くなりましたね…

イメージ 20

イメージ 21

 フェリアも、力が暴走して大きく育ったから、祭壇で制御して戻すみたいな流れかと思いきや
 最後まで成長した姿のまま
 これも意外。

 ド・モン、愛する人の姿を模した敵に刺し殺されるって救いがないし、甦るパターンかと。

モウラ『まったく…、困った天使様に仕えたもんじゃもんっ』

フェリア『ごめんなさい…、“石の従者よ、今こそ御身に我を受け入れよ”』

イメージ 1

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 29

イメージ 30

 初見では圧倒された黒いガーディアンも、フェリア搭乗状態なら互角以上に!

「愚か者たち」と黒い守護者
 ブラックガーディアンは、主を住民に殺され、枯れ果てた「頭上の惑星」の元守護者であった。
 フェリアの力、起動キーであるソウゴ

 この二つで自ら「天使」となり、惑星を拓こうというのだ。

 システムの暴走!
 その為に二つの星を破壊し、新たな星を作ろうと画策

 既に重力異常が起き、上の惑星の重力に引かれ、地上は阿鼻叫喚の地獄と化していた。

 そも、枯れた惑星を引き寄せたのもフェリアらしい

ブラックガーディアン『ようやく理解したのだ!』

『これまでの苦難は試練だった、我自身が偉大な天使となる為の!』

イメージ 32

イメージ 34

 当初は、単に「新しい主フェリアに仕えよう」と現れたらしいが、彼女は「鍵」を失っていた
 星の力の起動キー、それを他者に移せると言うなら
 自分自身が「それ」になろうと。

 これじゃあ、まるで悪魔だね――――

 その災禍が、自分が惑星ギフトに降り立ったゆえだと反省するフェリア。タイトル回収である。

フェリア『やってこなければ、良かったのにね……』

モウラ『たどり着かなかったら、ギフトに命は芽吹かなかったんじゃもん』

イメージ 35

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

  モウラはフェリアに仕えることが出来て、幸せ「だった」んじゃもん……

大切な事を言ってないもの
 決意したフェリアは、モウラと共に突貫、取り込まれたソウゴと精神世界で邂逅した後
 彼を残し、去ってしまう―――ー

 ずっとソウゴを見てるよ―――、大好き、ソウゴ。

 こうして戦いは終わった
 ソウゴは、コクピットに乗せられ、独りだけで地上に帰還。

 互いに好きだと言いあって少年時代は終了。

 いい最終回だった…?

異変は収まり、フェリアは両方の星を照らす「赤い星」となる…?

イメージ 41

 どうもブラックガーディアンから、力の主導権を奪い返し、両方の惑星を引き離したことで
 フェリアとモウラは力尽きてしまったらしい

 黒幕、ブラックガーディアンも異変共々に沈黙し、惑星ギフトは復興へ。

 両方の星の天使様になったんでしょうか。

ゼミ生『教授? あーあ、また石探しだよ――――』

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 49

イメージ 50

 明るい金星は「明けの明星」ルシファーの象徴、フェリアの星もまた輝く明星に。

フェリアの明星
 前回の予告通り、旅は終わり、新たな旅という名のそれぞれの人生が始まる最終回に。
 カオン、ロマンやガス大尉たちが激しく歳を取った割に
 ソウゴはあんまり変わりませんね

 ていうか、ガス大尉えらく老けすぎじゃね!? ドモンの店継いで幸せそうですが!

 マルヴィナさんが歳を取ってないのは妖怪だからですね!

星を見つめるソウゴ、また「彗星となって落ちてくる」事はあるのか…?

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 1

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

 ロマンとカオン、ちゃっかり幸せになっちゃって!

コメットルシファー
 オープニングの古びた紋章、天使と守護者、遺跡と暴走したシステムなどの母体は
 どっかの文明が遺した遺産だったのかなーとか
 その辺は語られず

 それこそ、ラピュタみたいに古びた遺跡の探検とかを期待してしまったので、そこが残念でした。

 解決にしても奇跡めいた展開が多く
 また、「黒幕のゾーン卿が裏切られて死ぬ」など規定路線が多く、もうひと捻り欲しかった気がしました。

 ともあれスタッフの皆さま、一クールに渡りお疲れ様でした。