GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『ヘヴィーオブジェクト #11』感想、彼女が戦場にいたい理由と子宮:二人三脚登山は命懸けで イグアス山岳砲撃戦Ⅱ

敵の「かくし芸」がご開陳! 思った以上に鬱々とする事情だった…

イメージ 24

イメージ 31

 超高速型オブジェクトも、マッハ2.5の砲弾に一撃死! かませというか、これはヤられても仕方ないわ!
 イヤミな男ですが、彼に従った方がトクだというのも納得。
 噂が噂を呼ぶってイヤねえ…

 実はフロさんの家は極端な男系、男子出生率が高い「子宮」だと、貴族の間で争奪戦だと。

その噂、打ち砕けるのか?
 従って、有力貴族=脂ギッシュなオッサンほど優先度が高く、自分にした方がトクだぜって意味
 その発想はなかった。

 だからこそ前線勤務を好む彼女、いずれ解放されるのでしょうか?

コーヒー園のオッちゃんたちは避難を拒否

イメージ 2

 避難勧告を諦める二人、ますます勝たねばならぬ戦いに…!

音速弾丸は足で叩け!
 敵は、姿を見せない遠距離砲撃戦に特化、速度が売りの「王国」最新鋭オブジェクト
 マッハ2.5を誇る、頭上からの砲撃には無力だった

 また彼、コパカバーナの部下は、腹いせに非・自国民を巻き込む大規模攻撃を計画

 ヘイヴィアは彼らの足止めに
 クウェンサーは、生身でオブジェクトの位置を付きとめる作戦を敢行する。

 次回、♯12「二人三脚登山は命懸けで イグアス山岳砲撃戦Ⅲ」

ヘイヴィア『“ブライトホッパー”の実力って?』

クウェンサー『陸戦専用第二世代で、姫様の機体じゃ三機でも勝てないって話だ』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 8

イメージ 11

イメージ 12

 それが一瞬で消し飛ぶ話である。

「かくし芸」その1
 が、敵はマッハ2.5を誇る高速弾を用い、速度自慢のブライトホッパーにも回避を許さず瞬殺
 クウェンサーの気付きで、姫様は辛くも退避

 しかし足回りを破損した上、整備基地も粉々にされてしまう。

 狙いどころがシャープ!
 敵は、姿すら見せることなく二機を瞬殺

 その姿は、チャフ=電波反射物体を混ぜた雲を作ることで、衛星でも捉える事はできなかった

 姿なき砲弾、それが今回の脅威!

ヘイヴィア『どうやって正確に狙いを定めているんだ!?』

クウェンサー『―――雲だ!』

イメージ 6

イメージ 7

 敵は山間に隠れ、周辺の空を電波反射物を混ぜたスモークで覆い、自分の姿を隠している。
 その上で、勝準用のレーザーを雲に向かって放ち
 反射させて地上を精査

 そして弾丸を空に向けて打ち上げ、曲射することで、山に隠れたまま砲撃。

 徹底的に姿を隠すスタイル!

フローレィティア『砲弾が、空気摩擦に耐えられなかったんだろう』

イメージ 13

イメージ 14

 ただ「曲射させる」という戦法上、近いほど狙いにくく、遠くのエリート様から散ったワケ。
 そこで現在、敵はこちらに接近中らしい

 近距離へ強引に曲射させると、その負担に弾が耐え切れないのだ。

 姫さんが助かった理由がコレ。
 自然落下でなく、強引に「弾道を曲げている」らしい。 

エリートさんの部下『<緊急時につき、我々から作戦を提案させて頂きます>』

姫様『敵の足元を狙って、足が止まったところに主砲を打ち込む…?』

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

 桁違いの機体スピード、桁違いの速度を誇るレーザーを主砲にした最新鋭機!
 
エリート部隊の「腹いせ」
 敵が、直線砲撃を狙って移動を開始した事に、エリート部隊の整備班はダムの破壊を提案。
 万単位の市民を巻き込む提案だ

 ミリンダらは断るが、彼らは作戦強行を宣言、市民といっても自国民ではないと。

 部下も部下だ!
 彼らは、むしろ腹いせしたいだけだとヘイヴィアは断言

 また、放置しておけば姫様も倒されるだろう。

 コーヒー農園の爺ちゃんの危機!

ヘイヴィア『<ダムはこっちがなんとかする!>』

クウェンサー『オブジェクトはこっちでなんとかする!』

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

 となれば、またも二人がバカをやる事になるワケだ! ダム部隊の阻止って難しい課題ですね。
 当然、フローレイティアさんは制止するも
 最終的には同行

 足を怪我したクウェンサーに肩を貸し、二人三脚とはこういう事か!

 前回の予告が、彼女の人形だったのも納得。

クウェンサー『お姫様の力を借ります。居場所を伝えて、的確に砲撃してもらう』

『この体制を整えましょう』

イメージ 26

 勝算はシンプル、敵がチャフの雲で「上空からの監視」を遮っているなら、自分達が向かえばいい
 人間の足で位置を確認し、先制打を叩き込んでもらう
 安心している敵に先制できるはず

 ポイントは、「オブジェクトの音は独特」「拳銃を拾い、弾倉をしげしげと眺める」の図。

 アレ? 南極で弾込めしてた弾倉、こんなんでしたっけ?

『<敵の主砲は、正確にはレールガンとロケットの混合技術らしい>』

『<―――砲弾を三分割し、着弾の瞬間に子弾を射出する機能があるようだ>』

イメージ 28

イメージ 29

 また母艦の分析によれば、敵はレールガンで巨大砲弾を打ち上げ、特異な軌道でこちらに飛来し
 直上へ到達後、ロケット・ブースターを点火して加速
 マッハ弾と化して落ちてくる!

 しかも、着弾の瞬間、敵を逃さぬよう10発の子弾に分裂して飛来する。

 一発でも当たれば即死。
 司令は、この敵を「ブレイク・キャリア」と便宜名を与えた。破壊を運ぶもの、と。

クウェンサー『いざって時に、地図や図面を呼び出せる用意しておけば…』

司令『その電波を、ブレイクキャリアに掴まれたら、元も子もないからね?』

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

 話が話だけに、カメラがボディに集中する回であった。
 
「子宮」狙い
 後は敵を待つばかり、退屈しのぎに、「フローレイティアが戦場を好む理由」が明かされる。
 家系的に、“男子を産む確率”が高いらしい

 しかも彼女も「名家」で、男子が欲しい名家連中の垂涎の的らしいのだ。

 お貴族様らしい悩みというか…
 人格無視で、「良い子宮を持った名家」がポイント

 しかも噂はいつしか捻くれて、「必ず男子を産む」「最高に気持ちよい」などなど…。

 戦場の方が落ち着く、とは皮肉な話である。

『私を“押し倒す権利”を巡って、オークションしまくってる始末なの』

イメージ 37

 あのコバカダーナ伯さえ、若くてイケメンなだけ「マシな部類」、というのだから救われない話。
 戦場にいるのも、歳を食って必要とされなくなるまで
 こっちの方が落ち着くんだと。

 それはそれとして、フローレイティアさんは、良い匂いがするよなァ…。

 聞き流すようなクーさんの返答に、フロさんも笑う。

フローレイティア『この音は…』

クウェンサー『三つのルートのうち、読み間違えればおしまいだ…!』

イメージ 38

 ラストは、いまだ姿を見せない「オブジェクト(仮)」、その位置を探る二人。
 さて、見事に引き当てられるのか?

 そもそも、ここまで姿を見せない以上、相当変わった機体のはず。

 むしろ機体といえないレベルって可能性も…?

次回、姿なきオブジェクト完結編? 連続2クールの一区切りか?

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 1

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

 ブライトホッパーのエリート様、さて次はどんな問題を起こすのか?

敵の「かくし芸」とは?
 今回、特に意味不明なサブタイでしたが、納得させられる回に。
 あちこち密着の二人三脚!

 そして発覚したフロさんの事情、「表向きの結婚」さえしてしまえばクリア可能ですが…?

 だって私生児じゃ意味がない
 フロさんが結婚し、もう彼女に子を産ませる権利は争えないと思わせれば勝利…?

 なら、貴族であるヘイヴィア、彼がますます適任な気がしますが
 彼もまた、お嬢さまと結婚する夢があるし……
 どうすんでしょ。

 次回、♯12「二人三脚登山は命懸けで イグアス山岳砲撃戦Ⅲ」