GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『ヤング ブラック・ジャック 第11話』感想。エンドカードが“おそ松さん”なんだが!?:無惨帳 その3

先生、その最期はあんまりだ…、と思ったら! そして時は流れる―――

イメージ 1

イメージ 23

 まさか、前回で作ってた義肢が前振りだったとか、予想外の生還劇にお茶を吹いた「無惨帳」編!
 医学界の闇、“政治”に手を染めざるを得なかった男の嫉妬に
 憎めないものを感じる一編

 裁判で、あることないこと吹きやがったのは最低でしたけどね! カニ頭てめえ!!

奥さん、幸せになれたのかなぁ…
 意外すぎるほど、あっさり「本命」を下したのもビビリましたね!
 むしろ、あそこからが本題だった!

 黒男の善意が、回りまわって、彼の人生を台無しにしたとかいう言葉責めもキツい!

大名行列”と揶揄されるほど長い、教授総回診――――

イメージ 2

 先頭に師長、教授・助教授・講師・病棟医長、入局順で有給助手・無給助手・研修医と並んだという。

戦い終えた者、戦う者を見る
 百樹は、宝から聞き知った「学内派閥闘争」の二次被害が、自分の未来を奪った事を語り
 独り、その首魁だった現院長に復讐
 傷を負うも完遂する

 百樹を手術した事も、彼を恨む宝を救ってしまった事も、結果として百樹を傷つけてしまった。

 それでも黒男は百樹を救う
 黒男は、医者は医療にこそ向き合うべきと確信を深め、医療界の派閥争いを強く忌避するようになるのだった

 次回、第12話「狂騒の季節(完)」

百樹『―――だが、そうじゃなかった! あいつらが奪ったんだ!!』

『俺の身体を、人生を、全ての夢を!』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

 名誉副院長じゃなくて、命尾副院長なんだからね! 勘違いしないでよね!

無惨帳
 百樹が手足を失った真相、それは「院長」を巡る派閥闘争、その副産物に過ぎなかったと判明する
 狙われたのは、院長候補だった命尾…!

 偶然、百樹が身代わりを務め、しかも「本来は車を動かなくする」ハズだった!

 しかも命尾は脳梗塞で死亡
 派閥闘争は、放っていても現院長大勝利に終わっていたのだ…!

 百樹先生、とばっちりすぎる!

 無残すぎる!

百樹『大学病院の権威なんて、どうでもよかった!』

『ただ、患者を治したい…! その為に、手術をしたかっただけなんだ!』

イメージ 8

 てっきり、天才にして努力家・百樹自身が狙われたのかと思いきや、ただの副産物という…
 黒男は、自首するように説得にかかりますが

 それ以上言うな! 俺は、自分の方法で奴らを裁く……!

 残るは首魁、「院長」のみ…!

大剛『あの殺人鬼から、私を護ってくれるんだろうな?』

ヒゲオヤジ『あなたの身は、警察が威信にかけて絶対に護りますよ!』

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 15

イメージ 16

 昨日の櫻子さんに続き、まさかの二日連続cv子安! 嬉しいとはこういうものだ!

警察の威信vs男の執念
 やがて、百樹は「正面突破」と見せかけての変わり身、義手をロープに換装しての頭上突破!
 ニンジャじゃ! ニンジャがおるぞ!

 さあその右足、貰い受けるぜ!

 有言実行!
 驚異の絡め手、誰が予想しえただろうか!

 四肢を失った男の予想外の奇襲に、院長は足を警察は威信を失う大惨事!

 侍と思ったらニンジャだった!

『大人しく投降しろ百樹! 抵抗するなら撃つぞ!!』

イメージ 17

イメージ 18

 どころか、義足に煙幕まで仕込んでおくとか、発想が別アニメなレベル!
 見た目はシュールそのものだが!

 今週、パッ見る問題ないけど、どことなく作画が変だった!

百樹、被弾し「獲物」を落とす

イメージ 19

 が、煙幕の中で刀に被弾、跳弾して負傷する百樹。
 どこを怪我したのか…?

 その際、「右足」も落としていったようですが、コレ、ただの意趣返しだったのね。

 さすがに「自分に繋ぐ」みたいな、ファンタジーな展開は無かった!

宝『―――覚えているよ、百樹と一緒のところを見た』

黒男『真実を話して欲しい…、いや、アンタは真実を話すべきだ!』

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

 カニさん、髪型のチョイスが謎なだけで、実はイケメンという謎の風貌。

暗黙のルール
 やがて、「宝は百樹の親友だ」と信じていた黒男は、彼が捕まっても死刑にならぬよう協力を依頼
 宝が、本当は百樹を妬んでいたと知る

 宝自身、いやいや派閥闘争に身を投じたのに、参加もせず出世した彼が憎かったのだ!

 人間らしい悩み
 天才、百樹だからこそ理解できなかった妬み。

 日本の医学界は、「派閥」を制してこそ出世できる、という「ルール」にさえ気付かなかった!

 ヤツの天然天才っぷりが憎かったのさ!

宝『ヤツが再起不能になった時、心の底で思ったよ…、ざまあみろってな』

イメージ 25

 前述の通り、百樹が四肢を失ったのは不幸の積み重ねですが、それでも思ったと。
 彼が、「キミじゃなければダメだ!」と懇願し
 断ったときもそう

 断ったときは胸のすく思いだったよ、ようやくヤツに勝てたんだって!

 あの時、「断ること」自体が大事だったのか…。

宝『ヤツが落ちていくところを見ると、ゾクゾクする…』

『とことんまで落ちたところで、俺が死刑台に送ってやるさ!』

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

 宝教授、めっちゃ人間らしいというか…。

俺の手術を後悔するか?
 宝は、そもそも黒男が百樹を復活させなければ、ヤツはそれなりの幸せを手にしていたと責める
 宝を助けた事も、百樹の立場を悪くした。

 やがて、さっきの弾丸が、右目に飛び込んでいた百樹が現れる。

 自分は死刑だ
 いまさら、治しても無駄

 それに、黒男が手術したことが、事態を悪くしたという側面があるのも確かだ。

 それでも黒男は手術する、またも違法手術を…!

百樹『―――覚悟はできてる』

黒男『ダメです、死んではダメです…、生きてください……!』

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

 かくて、黒男は百樹の命を永らえ、同じく黒男に助けられた宝が証言に立ったことで
 百樹は死刑が決まった。
 皮肉だ…

 だが、百樹は刑の執行を待たず、自身を罰するように自殺を敢行。

 なんというハイスピード自殺…!

しかし、百樹の「義眼」は―――――

イメージ 34

イメージ 35

 見た目を補う為に義眼を入れてもらった、と思ったら、その正体は工具だった!?
 真実を知った百樹は、脱走を敢行!
 警察の威信、丸つぶれ!

 結局、警察も本腰を入れなかったのか、それから季節は流れ――――

医師『また、頼むよ』

??『―――医学生が身代わり手術とは、危ない事に手を染めているね?』

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

 違法手術が板についてきた黒男さん。一応、まだ学生である。

医学界への怒り
 今回の件で、黒男の「医学界」への敵視は決定的となり、積極的にルールに歯向かう様になった。
 再会、傍目に義肢と思えない容貌である。

 キミが進もうとする道は、私など及びもつかない茨の道かもしれないな……

 怒りを募らせる黒男
 生き延びたが、人生が台無しになった百樹。

 宝のウソ発言で名誉は失われたまま、人生台無しの百樹さんが悲しい。

 本作らしい、重い後口の回でしたね…。

予告『だが、疾風怒濤の時代は去った―――』

ブラックジャック、お前の戦いはこれからだ!』

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 1

 百樹先生、救われたけど人生自体は台無しというのが辛い。
 
「狂騒の時代」の終わり
 次回予告、角材を振るったりした「闘争」の終わり、1972年「あさま山荘事件」を連想させる!
 ただ、本作が1968年スタートだったと思えば
 ギリギリなのか…?

 アニメ版は、学生運動」から始まりましたし、その収束が最終回なのか?

 久々に運動家の女性も登場
 憔悴した彼女、そして手塚先生の著名作「リボンの騎士」モチーフとは、最終回らしいじゃないか!

 次回、第12話「狂騒の季節(完)」