GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『ランス・アンド・マスクス 第10話』感想。不服な黒幕、解決に生まれる不協和音。依子さんヒロイン!:なりたい自分になれ

真緒ちゃん、遂に気付いてしまったか…! 館長も良いヒトだった!

イメージ 30

イメージ 31

 でも依子さんの館長への信頼度の低さは、「やりかねない」性格と、葉くんへの愛情ゆえなんですかね!
 依子さんがヒロインで、四神メンバーと館長も好きになれる完結編!
 やはり裏に居たのはあの人か…!

 仲良くケンカする依子さん、館長が微笑ましい一方、真緒と葉くんに謎の不和が…?

形式上の「日常回帰」
 それでも、表面上は普通に振舞う真緒ちゃん、葉とは別に不穏を抱え込むアリスが健気ですが
 一方、アリスの勝利は「お芝居だった」という種明かしも。

 cv保志さんはやはり実力者だった!

回想の館長『<なりたい自分になれ、ドル……>』

イメージ 2

 下級層出身の彼を抜擢、蔑みに負けず高みを目指せと諭した、思い出の仮面だったのね…。

強くいろよ
 激昂したドルゴンに食い下がる葉、だが、現れた真緒との不穏な空気に敗北を喫し
 からくも、生きていたターフェイの仲裁によって
 事態を収拾できた

 実は葉の父が、彼の成長を促すべく暗躍していたのだったが、成長は果たされず不満げに退場。

 和解はなったがターフェイは負傷
 この隙を突き、葉の身柄によって「騎士社会」の頂点を奪うべく、アフリカ区間の暗躍が始まる

 次回、Episode11。

ドルゴン『その女はターフェイを…、俺のターフェイを!』

葉太郎『―――依子さんは僕が守る…! この、ナイトランサーが!』

イメージ 5

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 6

イメージ 7

 前回に続き、二人の戦いが殺る気すぎる!
  
「第五位階」の騎士
 激昂するドルゴン、彼は全9位階でも5位「力天使」に属し、叙勲から間もない9位階の葉には
 とても敵うものではなかった。

 何より、誤解といえど「愛する者を殺された」と激昂、ドルゴンさん暴走状態!

 これで勝てたら苦労はない!
 今度は、父親も「伝説の槍」を持って来てくれないし!

 散っていた少女たちも集結

 ユイフォンちゃんが本当に健気である。

ドルゴン『これで最期だ―――』

『中世最強を誇った完全武装の騎士達も、この武器の前には無意味だった!』

イメージ 8

 でもドルゴンさん、それ違う! 騎士が無力だったのはクロスボウじゃないの!?
 中世期、騎士の武装はどんどんスゴくなり
 遂に全身鎧となった

 が、「それすら貫通する武器」の登場に、衰退を余儀なくされたのである!

 要するに、鉄砲によって完全に廃れてしまったのですが―――

「機械弓<クロスボウ>」禁止令

イメージ 9

 その昔、矢を板バネで飛ばす「クロスボウ」により、鎧を貫通され即死するケースが続出。
 でも当時の戦いは、倒した敵を人質として捕え
 身代金を奪い合うものでした

 なので、即死させうるクロスボウに騎士や貴族が猛反発、「キリスト教徒への禁止令」が出た程

 多分、そのエピソードに起因する話なんですね。

ドルゴン『あの女の槍を!?』

葉『―――この槍を、大切な人の思いを手にしても止められない…! 僕は…!』

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

 おお、騎士から逃げた葉くんの中に、「強くなりたい」思いが芽生えた…!

レディ乱入、そして
 ドルは、槍を射出し追いついて自らダメ押しするという、身体能力が高すぎる技で討って出るが
 葉の槍は砕かれず、弾かれるのみにとどまる

 辛くも依子の槍で食い下がるも、ようやく現れた真緒は、視線を逸らしてしまった!

 集中を乱され弾かれる葉!
 ここにきて、勝因かと思った幼女が敗因に!

 何が彼女の目を背けさせたのか?

 いずれにせよ、「これ」が黒幕の思惑を乱したらしい。

ターフェイ『俺は、こんな事をさせる為に仮面を作ったんじゃねえ…!』

イメージ 16

 やはり生きていた館長が身代わりとなり、激しく動揺するドルゴンから仮面を奪ってくれた。
 確かに、気弱な彼の為に仮面を贈った。

 だがそれは、心を鬼にし、兄弟分と殺し合わせるためなんかじゃない、と。

 好意が裏目に出るって辛いよね…。

ターフェイ『こんな…、全部、俺が先走ったせいだ……!』

葉『あなたは、本当はどうしてこんな…?』

イメージ 18

イメージ 19
7
イメージ 25

イメージ 26

イメージ 20

 キルハさんの敗北は演技、やはり、cv保志さんは伊達ではなかった!

黒幕は苦笑う
 実は、今回の件もまた「葉太郎を本気にさせ、彼の成長を促すため」の葉の父の仕込だった。
 ターフェイは、彼から守りたかったのだ

 だが、真緒の介入で不発に終わり、伝説のクソ親父は不満と共に去ってゆく

 キルハは父、花房森の協力者。
 すぐバレるだろうから、姿を消すように助言される。

 ターフェイは葉を守るべく保護下に置こうとし、父はそれを利用し依子と戦わせた。

 依子の危機は、葉の成長を促すはずだと。

真緒ちゃん、手を伸ばす

イメージ 22

イメージ 23

 と、知らず父の野望を阻止した真緒ちゃんですが、彼女が眼を背けた理由は不明
 戦闘後、依子とむつまじい葉太郎に
 これまた悲しげ。

 依子さん、まさかのライバルヒロインだった…!?

 育ての親同然のお姉さん、良いよね!

『東アジア区間館長、“ケルブ”スン・ターフェイの名において―――』

『花房 葉太郎を、“アークナイト”とする!』

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

 さすが、ターフェイは第2位階の智天使、依子は第3位階の座天使なのね。

「強くいろよ」
 事変後、葉は謝罪も兼ねて「第8位階」に昇進、またもケンカをおっぱじめる依子さん可愛い!
 ターフェイもノリノリだわ!

 ホント、騎士になるような男って鈍い奴ばっかなのよねぇええ!

 一方、ミンさんがドルゴンさんに惚れてたり
 四神の相関図も。

 軽そうで、実らないと解ってる恋をしてたのかミンさん…。

 なんだ良い子じゃないか…。

ターフェイ『“俺のターフェイ”ってか? んふふふ、お前も言うようになったな!』

ドルゴンさん『い、いえあれは。。。。』

イメージ 34

 一方、結果的にターフェイと仲を深められたドルゴンさん、「騎士を辞める」とまで言ったそうな
 葉と依子を殺しかけた、なら「彼らの為に命を投げだす」覚悟がいるね!
 それが騎士ってもんでしょ!

 二人の為に一回ずつ、命を投げてみせなきゃ!

真緒『―――私のせいで、葉太郎は居なくなったのだと思った……』

『ナイトランサーは、葉太郎なのだろう…?』

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

 アリスって、白姫=動物と話せる能力なんでしょうか。

「ただいま」は空気読め!
 どうも、真緒は「自分の為に葉太郎が消えた」と思い、依子の為だった事がショックだったらしい。
 ランサーだとも気付いた

 だが、表面上は変わらず振る舞い、「日常」を維持する事を選ぶ。

 その心情を知るのはアリスだけ
 葉と真緒の亀裂、その解消が今クールの決着となるか?

 アリスちゃんがんばれ!

 高い高い三十回って地味にキツいな依子さん!

ラジヤ『―――これで、当分スン・ターフェイが彼に手出しする事は不可能』

『その間に、アフリカ区間が“騎士”の頂点に立つ…!』

イメージ 41

 また、どうも「葉太郎を制する」事は、ナイツ・オブ・ワールド=騎士世界の頂点に絡むらしい
 伝説の騎士の息子、槍の継承者である故か?

 アフリカ区間の館長、ウアジェ・ラジヤが今期のラスボスとなるのか…?

 戦ったら一瞬で脱げそうなカッコですね(真顔)。

次回十一話、今クールもシメに入ってくるワケよ! 冴ちゃん頑張れ!

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 1

 エンドカードくらい、冴ちゃんとかターフェイ&四神でもいいと思ったんだ!

葉くんの成長と自立とメイド
 騎士昇格、「騎士を辞めたい」のが出発点である以上、落ち着かない葉くんですけれど
 今後、真緒を守るには強い騎士であらねばならず
 成長は必至

 なら、いずれ彼女と共に、騎士の世界を足抜けするのが原作最終回なんでしょうか。

 きっと騎士じゃなくなっても、アリスも依子も一緒でしょうし!
 あと次回、ユイエンがメイドだし!
 ユイエンがメイドだし!
 
 次回、Episode.11。