GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『ワンパンマン 第9話』感想、ヒーローにモズクを! クソ野郎に報いを! せめて報いを!:不屈の正義

無免もスネックさん達も頑張ったよ! 頑張ったじゃないか! そりゃねえよ!

イメージ 45

イメージ 31

 いやいやいやいや! この胸糞悪さ何なの!? この酷さ滅多にないよ!? 市民の方々クズすぎません!?
 そりゃま、私も「え、Aパートで終わり!?」と思う程あっさりした一撃
 そのあっさり加減が仇に

 平熱系サイタマ、彼らの為に敢えて泥を被るとか、人格者にも程があるってばよ!

そしてこの「構成」である
 Aで決着、一旦日常に戻してからの後日談&再会、無免がまた良い奴なのよ
 彼が居なければ、視聴者が暴動してた!

 シメのもずくがまた良い味出してますよね、ご主人!

ジェノス『―――敵は、今ので最後なのか?』

イメージ 2

 ジェノス、開幕超作画パンチッ!

正義とインチキ
 深海王は、意図せず「人質をとった」格好でジェノスを破り、土砂降りでますます強力化
 無理だと承知で、立ち向かった無免ライダーは
 市民の喝采を浴びつつ轟沈

 おかげで間に合ったサイタマだったが、「一発で」倒したことで問題化してしまう。

 敵が弱かっただけではないか?
 転じて、負けたヒーローはもっと弱かったと侮辱へ及ぶ。

 言い募る市民に、サイタマは「周りが敵を弱らせたから勝てた」と言いふらし、またも悪党の汚名を被る。

 次回、第10話「かつてない程の危機」。

深海王『グチャグチャにしてあげる!』

ジェノス『また油断…、俺も学習がヘタだな……!』

イメージ 3

イメージ 5

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 12

 ジャスティスクラッシュ、愛車ジャスティス号をブン投げる、愛と投擲の必殺技である。

俺が一番判ってるんだ
 油断、片腕を捥ぎ取られ戦力が半減、幼子の盾となり大破するジェノス。
 避難民の多さ、優しさが彼から勝機を奪う。

 俺が一番わかってるんだ! 俺じゃ、B級じゃ通用しない…!

 代わって現着した無免が立つ
 が、B級昇格を「実力的に拒む」彼では、勝てるはずも無かった。

 勝てないとわかって挑む!

 心を打つ男だ!

無免『勝てる勝てないじゃなく!』

『ここで俺は、お前に立ち向かわなきゃいけないんだ!』

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

 今週誰よりも熱く叫んだ無免、彼を応援する、前に「彼に風船をとって貰った」少年!
 ヒーローだ、お前こそヒーローだ無免!

 てか市民の方々、そこは俺たちも戦うぜ展開でいこうぜ!

 ってのはさすがに無謀か!

深海王『ムダでした♪』

イメージ 18

 が、そんな感動BGMも止まるほどにワンパン、無免ライダー荒天に死す!
 やはりダメだった

 ダメだったが、時間を稼いでくれた!

サイタマ『―――よくやった、ナイスファイト』

『ま、ちょっと待ってろ。今、チン海族とやらをブッ飛ばすからな』

イメージ 19

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

 抱きとめるサイタマ、すごい格好良かった。

すげえ(圧巻)
 かくて、間に合ったサイタマは深海王と対峙、なんと雨雲ごと彼をワンパンにしてしまった…!
 分かってたけどスゲエ!

 パンチの瞬間、雨雲まで消し飛ぶ爽快演出!

 喜ぶ群集
 満足げなジェノス。

 遂に、衆人環視の中で、サイタマが敵を華々しく蹴散らすワンシーンが実現…! 

 良い最終回だった…!

ところがぎっちょん

イメージ 29

 が、後日談で届いたのは「インチキ野郎!」とかいう罵詈雑言
 どうなってるの…。

 こんなの絶対おかしいよ…

小太りな男『―――実はあんまり、強い怪人じゃなかったんじゃね?』

避難民『確かに今のを見ると、敵が弱く見えたけど…』

イメージ 30

イメージ 1

イメージ 31

イメージ 32

 小太りな男、ジェノスが健在なら0.02秒でチリだったろうに…ッ!

敵が弱かったんじゃね?
 例えばの話、アニメ感想でよくある事ですが「一蹴されたキャラ」って奴は、ザコだと評されます
 そいつが、どれだけ猛威を振るう描写があろうが
 倒されたヤツが弱いだけ

 まるで深夜アニメの視聴者のように、「敵もヒーローも弱かっただけ」だと言う男

 前回、あれだけ決意して立ち向かった男達
 彼らも弱かっただけ

 時間稼ぎなんて、工夫すれば誰でも出来たよねという後だしジャンケン

 スネックさん浮かばれねえ…!

『遅れてきて良かったっ、手柄独り占めに出来たゼー』

イメージ 33

 つまりサイタマは、「他のヒーロー達の名誉」を守る為、彼らが弱らせたから勝てたと喧伝
 あまりに、あんまりにもわざとらしい台詞

 しかし、今見た光景が信じられなかった一般人は、「ありえる話」に飛びつきます

 目撃した現実より
 つじつまが合う、サイタマは手柄を掻っ攫っただけという話が真実に。

ジェノス『(それが、先生の進む道だと言うのなら、俺は口は出しません)』

『(もし今後、本当に追い詰められることがあったら…!)』

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

 悪い手紙なら、焼却する気満々だよ! ジェノス

事実と現実
 かくて、今回の敵は「共同撃破」扱いとなるが、サイタマに対する風当たりは一層悪くなり
 協会上層部も、彼への疑念を強くする

 サイタマは、ジェノスに恥をかかせない為にも、とB級昇格を受諾。

 無免が恐れた「過酷な」B級
 もしインチキなら、すぐに潰れるだろうという上から目線。

 ていうかこの回、上から目線多いなホント!

 特にヒドいのはコイツだよ!

アマイマスク『今回の件、お粗末を通り越してブザマだよ…!』

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 41

 何でも、業界の広告塔として、「A級以上の管理」を任せられているというアマイマスク。 
 今回の件に対し、悪びれないどころか罵倒
 とんでもねえ男だ!

 敗戦を喧伝されたぷりぷりプリズナーも、見た目によらず激しく落ち込む。

 意外に気にしてたのね…。

無免『―――それ、昇格祝いだ!』

『今日はキミを探していた、手紙では伝えきれなくってね!』

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

 俺は無免ライダー、キミと同じヒーローだ!

ヒーロー!
 が、そんなストレスをブン投げてくれたのがヒーロー、無免ライダーとの再会であった!
 なんでだろう、雨の二人乗りカッコ良かった!

 ご主人! 彼に良いもずくを!

 良いもずくエンド!
 サイタマ、良いヒーロー仲間が出来たじゃないか!

 これで気持ちよく見終われたわ!

シババワ『終末が! 地球がヤバい!』

イメージ 46

 しかし、本作品も後ちょっとってなワケで、最後に相応しいトラブルが到来!
 今度こそワンパンじゃないのか?
 それとも?

 終末の危機で地球ヤバイ(まとめ)。

予告・深海王『誤算があるとすれば、海じゃ無かった事いわばアウェイ!』

『海の中なら負けてないし、むしろ余裕?』

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 1

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

 今期のラスボス、アマイマスクなんでしょうか?

むしろ強かった!
 深海王、むしろ土砂降りを浴びて更に巨大化してましたし、動画も残ってるのに……。
 桁違いすぎて、現実だと認識されない
 最強すぎる系主人公。

 サイタマ自身、証明してやろうって気持ちがまるでないから!

 その気になれば、いくらでも証明できるけど
 無欲すぎるんですよね。
 仏か!

 次回、第10話「かつてない程の危機」。