GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『ヘヴィーオブジェクト #08』感想、ヘイヴィアの夢と共謀者。かわいいじゃないの!:障害物競走なら普通は泥まみれ 南極大陸制圧戦

暴言系ヒロイン登場回! ヘイヴィア、意外に夢を持った男じゃないの!

イメージ 40

イメージ 1

 意外な方向に転がっていった新ヒロイン登場、そして「新兵器」の脅威を描いた幕間回。まだ戦うよ!
 なるほど、「お嬢さんどこにいるのかな?」ってな疑問も
 折込済みだったのね!

 婚約者であり実家を変える為の共謀者、いい関係でいい男じゃないのヘイヴィア!

部下を大事にしようぜ!
 しかし、敵に包囲されたのにノンキすぎるぜ司令! 今週マジ酷い!
 何げに最大のピンチだった気がします

 そして連続2期の本作、次回が早くも特番回に。

お嬢様『<こういうモンは、障害が多いほうが燃えるモンですよ?>』

イメージ 2

 ヘイヴィアの婚約者、でも結婚は非常に難しい、ってのはフラグだったと。

今日もヒーローやってます!
 今度は、南極で「オブジェクトを持たぬテロリスト」相手に、偵察を行うよう命じられた二人
 だが、彼らはオブジェクト用の大砲を用意し
 万全の防備を固めていた

 辛くも破るが、彼らが「資本企業」の重鎮を狙い、ヘイヴィアの婚約者が巻き込まれかける!

 叱責覚悟で「婚約者」を守る二人
 一方ミリンダは、敵がステルス・オブジェクトに給電を受けていた事実に戦慄していた。

 次回、♯10。

クウェンサー『確かに! この声のリズムに合わせてやると作業が捗る!』

ヘイヴィア『何故か、休むと悪い気がわき上がって来るぞ!』

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

 開閉式のフタで「戻り」を防ぐとかいう弾倉。

大丈夫、今週も戦場です
 さて、結局マジで評議員はブタ箱られたらしいですが、命令違反などで再び最前線に赴く二人
 しかも船上にて、雑務まで行わされる始末

 が、幸いエロい映像ディスクを発見し捗ったあげく女子に知られ無事死亡。

 この女子、ヘイヴィアの婚約者
 同原作者の好きなネタ、ちょっと暴言お嬢様である

 いわく、世界で一番争いから遠い別荘に居ると。

 てっきり前線かと(真顔)。

バンダービルトのお嬢様『<国旗の色など、関係のない場所ですわ>』

イメージ 12

 なるほど、確かに「国旗の関係ない場所」、他の国のお偉いさんもいる場所にいたのね。
 なお声優欄もこんな感じ

 おほほさんといい、あんまり名前が出てこない作風なのね。

 てか、おほほさんが顔隠してた理由はお預けかよ!

ヘイヴィア『マジかよ…、南極だぜ? もう一回言うけど南極だぜ?』

クウェンサー『なんでオブジェクトのオの字もない南極に…』

イメージ 13

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

 国境の長い船上生活を抜けると雪国であった

南極大陸と自然の闘い
 今度の作戦は、南極に潜伏したテロ拠点の偵察、足元が危うく互いにオブジェクトは使えない。
 が、たったニ名で偵察とか死にますって!

 幸い、ペンギンの一行に敵味方共に和んだ事により時間は稼げた!

 命のやり取りしてたよね!?
 なお、通り過ぎた直後にちゃんと殺しあった模様。

 敵は十人程度、味方は二人!

 司令、タツでココアを飲んでる場合か!

ヘイヴィア『それで地図を確認してやがったのかよ……』

イメージ 24

 幸い、前述の通り「足場が悪い」というか、辺り一帯はブ厚い氷だけの地帯だった!
 爆薬一発で、見事崩落……

 いかに敵とはいえ、あっさりと死にすぎる! 

 対人戦は割と無敵だな少年たち!

ミリンダ『<暑い…、誰も見てないから、特殊スーツ脱いじゃおうかな……>』

クウェンサー『―――それは、想像力で俺達を温めようという配慮なのか…?』

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

 今週の脅威は、「オブジェクトの備砲」の群れ!
 
話が違うぞ!?
 が、敵拠点と思しき無人観測所は、「オブジェクトの副砲」がズラッと防衛!
 動力は!? ねえ動力はどうなってるの!?

 と、慌てるが、それよりまず排除だと「砲撃」を要請!

 指示通り「主砲」が数発着弾
 敵は、オブジェクトの砲では狙えない位置を、巧妙に選んで配置していたらしい。

 ちゃんと計算してたのね、角度とか。

 しかし――――

クウェンサー『大丈夫だ』

ヘイヴィア『どのへんがだ!?』

イメージ 33

 狙いは岩盤そのもの、そもそも「オブジェクト専用砲」だけに、反動も洒落にならないレベルで
 脆くなった岩盤に、次々と発射の反動で倒壊
 まるでドミノ倒しだな!

 こうして、明らかに国家レベルとしか思えない敵は無力化。

 司令は改めて調査部隊を寄越してくれる

クウェンサー『テロリストは、レーザー衛星をハックしてるんだ!』

ヘイヴィア『衛星って、隕石の表面を焼く調査用だろ?』

イメージ 34

イメージ 35

 実はテロリストが誰も南極に近づけたがらなかった理由は、数少ない、この辺の空を飛ぶ衛星
 国家に所属していない、学術用の衛星狙い

 その制御を奪うメカを置き、レーザーで「月を焼く」作戦!

 大気がない月面ならレーザーの威力も弱らず、月面環境、生物を保護する装置を破壊する程度は出来る

フローレイティア『<狙われているのは資本企業軍の少将>』

『<テロリストが勝手に殺してくれるなら、私達は目をつぶるわ>』

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 1

イメージ 40

イメージ 41

 コンビでヒーローやってます! 割りと地味に、人生の危機を覚悟しながらなっ

国籍の関係ない場所で
 が、敵の狙いは他国の軍司令だから無視しろとフローレイティアは命令、二人はひとまず納得。
 しかし、その高級地には「お嬢さん」も

 やむなく二人は衛星を止め、お嬢さんを守る事に。

 作戦内容上ペナルティは無い
 だが、殺せたはずの敵を見過ごした事に、本来なら軍令違反だったと忠告。

 手柄を立てても、やっぱり評価は減点方式なワケで。

 組織ってのはつらい。

フローレイティア『で、例のお嬢さんの反応はどうだったの?』

ヘイヴィア『―――超、嬉しそうでしたよ』

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

 その為なら、超大型兵器オブジェクトとでも戦ってやる…!

彼の戦う理由
 お嬢は、ヘイヴィアが本当に危険な戦場にいると知り、そこまでする事はと止めますが
 彼も、何としてでも手柄が必要

 実は彼らの実家は、長らく敵対する貴族同士

 一族を黙らせる権威が要る。
 二人で、その争いを終わらせようと約束していたのね…。

 いい男じゃないの。

ミリンダ『送電用ケーブル…!? どうやって隠れながら移動を―――』

『まさか、ステルス!?』

イメージ 45

 また今回の「オブジェクト砲台」は、実は、海中の敵オブジェクトから給電されていたと判明。
 しかし、対オブジェクトの最上位センサーを使っていても
 探知ができなかった

 というか他所に給電する仕組みって事は、「おほほ」の情報同盟軍か?

 なら今度こそ、顔隠してた意味が分かるね!

次回、残念ながら特番です! ただでさえ特番の季節なのに!

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 1

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

 オープニングにも居たお嬢さん、アレてっきりミリンダだと思ってました(真顔)。

ヘイヴィアの戦う理由
 初の一話完結、スパッと終わるのが快いですが、新しい謎を残す格好に。
 次は、ステルス型を探し回って撃破する
 そんな話か?

 しっかし、あんな可愛い子と結婚約束してたとは、ヘイヴィアも隅に置けねーなって話よ!

 てっきりフロ司令とくっつくのかと。
 もっとも、「自分と貴方は利害関係だ」とか言って身を引く可能性もありますが。

 次回、♯10