GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『君 死ニタマフ事ナカレ 2巻』感想、“本編”開始? クロイ君マジ容赦ねえ:森山大輔×ヨコオタロウ

 ドラッグオンドラグーンシリーズ等のヨコオタロウさん原作、オリジナル作品 

    クロイがヒドイ理由。死屍累々からの帰還、学校編開始!

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

※画像右下隅クリックで拡大。

 

 やはり死に過ぎた戦場編は“序章”といったところで、メンバー一新での学校編がスタート。
 と思いきや、学校でもさっそく死人が
 人がゴミのようだ! 

 

 そんな中、股間さんのヘタレっぷりには癒しすら感じる! 驚きのしょぼさ!

 

クロイの「謎」フルオープン!
 ダブル主人公的な本作、一巻で謎だったクロイ君の内面が一気に明かされ、逆にマシロちゃんが謎に。
 なるほど、そうくるか!

 

 最後はまた衝撃的、クロイはともかく、モモカちゃんが彼の下敷きで死にそうですごく心配だ…!

    ※正直、いきなりクロイ君が死んじゃうかと思いました

イメージ 6

 ここを乗り越えたって事は、ここからは一気にクロイ君主観が多くなりそう。

 

生きて帰るも
 被弾したマシロは身体能力が極端に増加・硬化・凶暴化し、辛くもクロイによって止められる
 結果的に、五人は生還する事が出来たが
 米軍に手荒い扱いを受けた

 

 母校に戻り、「遠征組」として有名になる五人と、新入生の入学

 

 しかし新校長の主義で、新入生は異常な生徒が増加
 特に、協調性がないと思われる生徒が暴れ、マシロやクロイは彼女たちと戦う事になってしまう

 

 実は彼女らにも目的があったのだが、クロイが屋上から落下してしまい―――

    戦場から帰ったのに衝撃

イメージ 7

 本巻、一番衝撃的だったのは帰国直後、ややテンプレ的なキャラがいきなり死亡するという…。
 テンプレキャラは危ない。
 理解した。

 

 生き残った子も、下手するとマトモに喋れない子なのかも。

 

 今後、どう関わってくるか気になりますね。

    クロイ君が異常な理由

イメージ 1

 人間は、「言葉そのものではなく、声のトーンと身体の動きで意味を理解する」という説を元に
 極端に空気が読める子、という設定がクロイ君。

 

 つまり相手の仕草一つから、相手がホントはどう考えてるか理解できてしまう。

 

 笑ってるけど笑ってない
 そういった「空気」を、ガチ読みできる子なのね。

 

 結果、上のように内面を読めすぎ、異常に捻くれた子になってしまった、と。

    というワケでクロイ君視点のスーパー丸見えワールド

イメージ 16

 見事に直球で笑えますが、「本心」が見える事から、催眠術に非常に長じてしまったと。
 彼の催眠は、能力でもなんでもなく
 文字通りの催眠術

 

 これを活かし、物欲も性欲も満たし放題の人生。

 

 醜い本音が見えすぎて、満たされすぎて、どんどん心を病んでいって―――

    だから彼は「マシロ」に惹かれる

イメージ 9

 しかし、テンプレ良い子キャラ風だったマシロは、実は「雰囲気」がグチャグチャなんだそうな

 

内面が読めない
 普通、たとえば「怒ってる人」を刺激しないとか、空気に応じて話してしまいますが
 クロ君は読めすぎて、つい相手を動揺させる
 だから会話がしにくい

 

 でも、シロちゃんは心が読めず、かえって落ち着くのだと。

 

 一周回って、救いになってたのね。

    だから「マシロ」を守り続ける

イメージ 15

 前述の女生徒いきなり殺害事件も、彼女が「恋のキューピッド」だったから
 転じて、クロ君に優しいマシロを邪魔者扱いした
 敵だった

 

 既に催眠術で殺しまくっており、善悪もクソもない彼にとって、当たり前の行動だったのね

 

 みたまえ、かわいこちゃんがゴミのようだ!

    だからこそ、「最強」のクロイ君にとって弱点でもある?

イメージ 13

 マシロ相手だと、びっくりするほど調子を狂わされるクロ君、思わず笑ってしまったワンシーン
 いや、この子もこういうリアクションするのね!
 みたいな

 

 まあ、一番見られちゃダメな人に、その様子を見られた感はありますが!

    物知りな認知症、アサギ君は推察する

イメージ 8

 ともかく学校に戻って来れましたが、結局、米軍が遅かったのはそもそも観察してたから
 あの戦闘自体、仕組まれたものだったのね

 

 さすが米軍、人でなし!

 

 無論、「戦いを設定した」「手を出さなかった」ってだけとも言えますが。 

    評価は「減点法」、「成功して当たり前」から出発する

イメージ 14

 意味が分かるにつれ、イラッとした「責任を押し付ける」ヒアリングもひどかった。
 良い意味で、ひどい描写だった!

 

 つまり彼らは、「君たちがミスしたから失敗した」という前提で話してた。

 

 失敗したところを探そう!
 そういう会議、味方面や親切面した敵ってガチでひどい、本当に怖いと思うのよ。 

    そんな「先生陣」は退場、代わって別の意味でアウトな人が!

イメージ 12

 また極端な人が来ちゃったよおめでとう! これまで多くのメンバーが優等生的だったのは
 元々、そういう基準で選ばれてた
 次は性能重視!

 

 実は、能力は18歳くらいから消える、国内ではマジでNGO扱いなどの説明も。

 

 アレは単なる事故扱いなのか…。浮かばれん。

    「問題児」は協力者を探す

イメージ 11

 ラストでクロ君と一緒に落下した方の「モモカ」、助かるのかクロ君のクッションとなって死ぬのか?

 

異端児トリオ
 てなワケで、さっそく現れた「能力重視の問題児」、能力バトルも見応えあった!
 けど、殺そうとしなかった辺りは
 普通の子なのね

 

 どうも、犯人探しの為にグループで入学、協力者を求めているらしい。

 

 彼女たちこそ、新たなレギュラーキャラか?

    収録

イメージ 10

 私も、よくボールペンでビニール破ってるし、確かに頚動脈くらい切れる気がする。怖い!

 

 ビッグガンガンコミックス「君死ニタマフ事ナカレ 2巻」。原作ヨコオタロウ、作画:森山大輔
 月刊ビッグガンガン連載、スクウェアエニックス発行。
 2015年11月発売(前巻10月発売)

 

 第伍話「獣ノ穿チシ穴ノ向コウニ」
 第陸話「彼女ハ贖イノ様ニ美シク」
 第漆話「世界ニ差シ込ム一条ノ光」
 第捌話「割レタ打算ノ受ケ皿」
 第玖話「破裂ノ音ヲ呼ブ者」
 第拾話「邂逅ト戦イノ代償ニナッテ」

 

 カバー下は台詞集的。森山先生の犬小屋劇場はやはりないらしい。もったいない!