GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『HG IBO グレイズ改』ランナー写真、この“現地改修”感! 第3のグレイズ:ガンダム 鉄血のオルフェンズ

余り部品がほぼ出ない! HG グレイズの完成度を実感させるキットに

イメージ 1

イメージ 2

 ここで死んだら商売どころじゃねえ! 昭弘、頼めるか?

HG IBO-004 グレイズ改
 2015年10月「グレイズ」の第3の派生キット、不要パーツをほぼ除外した無駄のない設計が特徴
 外装変更、それも可動には関係ない部位なので
 完成度もグレイズ同様

 劇中、初の「味方モビルスーツ」として登場、屈しかけていたバルバトスを救った!

 今後も“鉄華団”の二枚看板として期待
 何より、この取ってつけたような急造感が堪りませんね!

 関節は軟質樹脂併用のPC-002、手のパーツは、手の甲・指の2パーツ分割。左右一対のみ。

昭弘『三日月の野郎、こっちは“阿頼耶識”がねえんだぞ!』

イメージ 4

 第5話登場、「売り物」の予定だったので、まだ通常コクピットとなっている。

型式番号:EB-06/tc
 鉄華団カスタム、と言っても鹵獲した2機を繋ぎ合わせ、不足パーツを新造した現地改修機。
 背面も、特徴的な2枚の推進器を両方失い
 大型一基に換装

 総重量が1割近く軽くなり、機動性・旋回性能が期待できるという

 だが、それ自体が自在に方向転換できた制式推進器と比べ、機能的な劣化は否めないだろう。

シールは頭部など、黄色ラインを補うもの

イメージ 3

 動力炉など黄色いラインを補うのみ。強いて言えば「斧」がグレー一色'''ですね。

ランナーA,B,C「グレイズ」

イメージ 5

 A,グリーン
 B,ダークグリーン
 C,ライトグレー

 流用ランナー、要らなくなったパーツが除外され、すっきり出来た穴が切ない

ランナーD1、D2「グレイズフレーム」

イメージ 6

 D1、軟質グレー
 D2、同上

 グレイズやバルバトスはポリキャップ部分が更に削減、組み立てやすさへの配慮でしょうか?

ランナーF、G「グレイズ改

イメージ 7

 F,ホワイト
 G,ライトグレー
 PC-002ポリキャップ

 ポリキャップは、完成後に4が1、6が2、8が4個余ります。

関節はPC-002+軟質樹脂併用、HG オールガンダムプロジェクト規格

イメージ 12

 顔の下面は、ちゃんとグレーのランナーで新造、色分けに問題は無いようです。

HG グレイズ改
 手足などはグレイズそのまんまなので、肘が一軸可動な点も同様。
 フレーム剥き出しで、可動範囲が広い機体です

 通常、可動を阻害する「モモの裏」などの装甲がなく、ここの可動など特に広いですね。

 機構というよりデザイン。
 同じく、デザイン的に色分けが少なく、「装甲」も通常より少なめ

 結果、ランナー数3枚程度と価格相応のボリュームながら、フレーム完全内蔵を達成しているのがスゴイ。

完成!

イメージ 13

 完成させてみると、前述のポリキャップとD2ランナーの25番、推進器の軸パーツが余り。
 ほぼグレイズまんまですが、やはり良いものです
 かっこいい

 特に頭部、打ち砕いたりナイト・オブ・シドニアだったりしそう!

「鹵獲した」二機の使えるパーツを組み合わせ、復元した機体

イメージ 8

イメージ 10

イメージ 9

 1話、3話で撃退した2機のツギハギ。特に動力は「クランク機」そのままらしい。

ナノラミネート装甲
 本機の存在から、「MS特有の強力な装甲」とは、素材そのものではないのも解ります。
 もし本機の新造装甲に、MS特有の強度がなかったなら
 とっくに灰になっているでしょう

 HGバルバトス解説にある、動力炉が生む特殊粒子、そのコーティングなのではないでしょうか?

 MS特有な事に説明が付きますし
 何より、正規の資材を持たない鉄華団に、「MS戦」が出来る理由にもなりますから

 あくまで想像ですけれど。

昭弘『疲れた……』

イメージ 11

 パイロットは、意外にアダ名が得意なミカに「ガチムチ」と呼ばれてしまった昭弘・アルトランド
 星屑より安い命、「ヒューマンデブリ」のリーダー格であり
 人身売買でCGS所属となった。

 いわば彼らは、CGSの「生きた備品」であり、子供たちの中でも距離を置いた存在だった。

 が、4話でオルガに自由の身とされ、改めて「仲間」として勧誘を受けた
 5話戦闘後の、「疲れた」という人間らしい嘆息
 彼が安らいだ事を感じさせる。

 多分。