GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『櫻子さんの足下には死体が埋まっている 第参骨』、笑顔が切ない。なぜ彼女は消えたのか?:夏に眠る骨

命の楽園となった骨。「悪い人」のいない、清々しいけど切ない結末

イメージ 39

イメージ 45

 またも、食べ物に釣られた正太郎君。スムーズに死体を見つけて大喜びする櫻子さんって話。
 周囲の冷たい推測に、きっとそうじゃないと答えを見つける
 救われるけど、切ない話。

 まさかの鴻上さん、身内が気付けば亡くなっていたとか辛すぎる。

介護の現実
 一方で、祖母が亡くなった事実や、認知症の祖父が残されるなどの後味の苦さ
 身寄りを失ったいーちゃん姉弟にも通じますね。

 謎は解けるけど状況はそのまま、けど前向きな気持ちが残る、そういう作風なんだなと。

ばあやさん『―――そろそろ、伝助スイカが出回る時期ですねえ』

イメージ 2

 正太郎君、またも食べ物に釣られるの巻。ぜんぶ北海道という土地柄が悪いんや!

当麻に出かけても死体
 夏休み、櫻子さんと当麻に出かけ「白骨化した遺体」に遭遇する正太郎、彼女はその謎を解く。
 が、実は鴻上さんの祖母の遺体だった。

 祖母はある日、ふらっと出かけたような状況で行方知れずとなっていた。

 周囲は夫の介護に絶望した自殺と判断
 しかし、櫻子さんの推測は「思い出の場所を訪れた際の事故死」だと鴻上は知る。

 快活な祖母の不可解な死、納得できていなかった彼女の心は、その推理に少しだけ救われるのだった。

 次回、第四骨。

正太郎『だって! この間は正太郎って呼んでくれたじゃないですか!』

櫻子さん『覚えてないな…』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 7

イメージ 8

 この鍾乳洞、北海道天然記念物なんだよ当麻!

当麻鐘乳洞を抜けて
 さて、前回ラストでは「正太郎」と呼んでくれた櫻子さんだが、明けてみれば「少年」に戻っていた。
 ふて腐れつつも、スイカに釣られて小旅行。

 素晴らしい…、見たまえ少年! 見るべきだ、これこそ自然の神秘だよ!

 そして死体発見。。。
 どうにも、死体と縁がありすぎるな少年!

 道中、櫻子さんの無防備な胸元にドキドキさせられてしまう場面も。

 思春期ならではの感動だな! 味わうがいい少年!

櫻子さん『束の間、亡骸は、命の楽園になるんだ!』

イメージ 10

 野ざらしの遺体は、ハエがたかって大量のウジに覆われ、その捕食を狙う昆虫、小動物…
 食物連鎖で、あっというまに「生命」の楽園となる

 人間、遺体は「自然」という大きな生物の一部となるのだと。

 そう捉えると、本当に神秘なんですな…。

正太郎『では、そろそろ通報しますよ』

櫻子さん『……きっとキミは、左の肺が通常より大きいんだろうな』

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

 肺は心臓を包む為に左側が小さい、大きいという事は、それだけ心臓が小さい、心が小さいと。

冷静に的確に
 結局、少年が呼んだ警察に引っ張り出されるまで、延々と講釈を続けた櫻子さんであった
 ブーたれたり、ホント可愛い人である。

 いわく、着衣からして秋、ミイラ化している事から去年の秋以前に失踪した「老人」だろうと。

 一部のミイラ化は、冬から春を経てのこと
 歯の具合から老齢と解る。

 また骨の状態から、「首を骨折」した事で窒息した事も解る――――。

 それはそれとして連行され模様。

ばあやさん『ええ、今回ばかりはナオエ様にいたく叱られたようで』

イメージ 15

 そんで「邪魔しちゃアカン」と、婚約者さんにこっぴどく叱られて不満顔の櫻子さん。
 子供か!

 いや、子供みたいな人ですけど!

 それこそ子供の頃から、骨となると我を忘れる人だったそうな。

櫻子さん『―――それが、“ソウタロウ”だよ』

『私の死んだ弟だ…。ずっと、それが聞きたかったんだろう?』

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

 おお、オープニングで彼女が話してる喫茶店だ!

物語は繋がっている
 それから、櫻子さんはさらっと、「ソウタロウ」は死んだ弟だと語ってくれるのだったが
 それ以上の質問を拒むような態度でもあった

 やがて、いつもの鴻上さんから「あの遺体は、行方不明だった自分の祖母だ」と聞かされる正太郎。

 彼女からの感謝。
 だけでなく、彼女は祖母の死に疑問があったのだ。

 今度は鴻上さんが、「過去に囚われてしまう」という話だった。

正太郎『ちょっと変わっているけど、悪い人じゃないからさ』

イメージ 22

 状況を伝える為、櫻子さんにも来てもらう正太郎君。
 このシーンだったのね。

 後々のパートで大切だと解った「絵」を、しげしげと眺めている櫻子さん。さすが。

鴻上『ところで、二人は……、その…』

正太郎『いやいやいや! そういうのじゃないんだ!!』

イメージ 23

 また、同じくさらっと「正太郎くんは、櫻子さんの保護者だ」と関係が語られる。
 そんな感じですよね

 いつも死体を発見し夢中になる彼女の、常識面でのストッパー

 どうしてそうなったのかは、中盤くらいの山場?

鴻上『でも今になって、お婆ちゃんがどんなに大変だったか解ったかな…』

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 28

イメージ 29

 自殺するには低すぎる崖、ちゃんと周囲に「立ち入り禁止」が張ってあるのね。

私のせいで
 実は、亡くなった祖母は認知症の夫を介護しており、「その疲れで自殺した」と周囲は結論した
 彼女は、自分たちが追い詰めたと後悔
 自分のせいだと涙する

 だが同時に、何故あんな場所で亡くなったのかが気になっていたという。

 獣道による結構キツい場所
 なんで祖母は、部屋の電気もつけっぱなしのまま、不意に思い立ったように自殺したのか?

 何故、こんな寂しい場所で……?

 もちろん、そこまで精神的に追い詰められたって可能性もありますけど。

櫻子さん『キミの祖母は、ここを死に場所に選んでなどいないだろう』

イメージ 30

 意外、そして納得させられる「答え」の第一歩は、自殺じゃなかったという事。
 ただの事故だと。

 その点で、とても大きな勘違いがあると。

鴻上『そんな…、じゃあ、どうしてお婆ちゃんはここに?』

櫻子さん『キミは“それが知りたくて”ここに来たのだろう? 登ってみれば解る』

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 39

イメージ 42

イメージ 45

 朝日には、「幸福ホルモン」を分泌させ、元気にさせる効果があるという。

共に生きてゆく為に
 ここは、玄関にあった「朝日」が描かれた場所、その光景をもう一度見る為に訪れたのだと。
 死ぬ為でなく、生きる希望を得る為に
 勿論、全ては推論だけど

 私なら警察よりも、自分の知る祖母の人となりを信じるね――――。

 そうですよね。
 推論、そのどれを信じるかは「人となり」が大切だから。

 あの元気だった祖母が、何故こんな死を遂げたのか、それは本当はただの不幸な偶然だった。

 祖母は帰らない、けど孫は元気を得る前向きな結末に。

次回、第四骨。オープニングの「喫茶店」はこれで回収って事で?

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 1

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

 悲しいけれど、いい、笑顔でした。あと遺骨発見時の二人がとてもいい感じでした。
  
少なくとも心だけは
 真相は明らかに、状況は好転しないけれど、心が救われるのが本作の味なのでしょうか。
 その意味でも、深夜番組らしくない作風なんですね
 アルドノアにもちょい似てる。

 最後、幻の光に照らされる鴻上さんの美しいこと!

 二人の関係
 また、弟の死を引きずっている事も判明。

 彼が弟さんの代わりなのは明白ですが、それがどんな影響を及ぼしてゆくのでしょう。