GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『学戦都市アスタリスク 第3話』、決戦前夜! 会長との今夜!!:二人の休日

会長、ホント積極的に誘ってきますね! さてさて黒幕は?

イメージ 33

イメージ 10

 そういや一話で、大異変を経て「企業体」が世界を牛耳る、って説明があったのを思い出します。
 姫さま、“政府”の権限が弱くなった事もあって
 敢えて自分で闘ってるのね

 貧しくとも自分を支えた友の為、綾斗を含め「守ろう」とする姫様、非合理的だが良い子だ!

最初の山場は第四話
 気になるのは顔を隠した襲撃者、既知のキャラが正体ってのが定番ですが
 斧使い、不憫なレスター君はまず違う模様。

 良かった! きっとむしろ「お前を倒すのは俺だ!」って奴ですよね! そうだって言ってくださいよ!

クローディア会長『これは、序列上位者としての特権です』

イメージ 3

 学生中心の新造都市、その最上位ともなれば、待遇も破格ってワケよね。

紗夜ちゃんに出番を!
 綾斗は「学園勝利」を使命とするクローディアに、主力生徒、ユリスの護衛を依頼され快諾する
 翌日、出かけたユリスはさっそく襲撃を受けるも撃退
 結果的により絆を深める

 ユリスが、友達と認めた孤児院の為に戦っていると知る綾斗。

 やがて、彼女が襲撃者の誘いに乗り、それが綾斗を「仲間」と認めた故だと気付かされた彼は
 今、姉と「戦う目的」を失った自分を叱咤するかのように
 ユリスの為に戦う決意を固める。 

 次回、第4話「解き放たれし者」。

クローディア『彼らは、次の“フェニクス”に登録していた生徒なのですが…』

綾斗『―――誰かに襲撃された?』

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

※この後むちゃくちゃ彼を誘った。 

容疑者二人
 前回ラスト、バスローブ一枚の会長の依頼とは、ユリスをそれとなく護衛して欲しいという事
 大会出場予定者が、相次いで襲われているのだ。

 が、ユリスは他人を好まない、護衛できるのはキミしかいないと。

 会長は「母校優勝」が使命。
 その報酬を求め、有力生徒の護衛、綾斗のような強豪の招聘など気を配っているワケね。

 容疑者には斧使いレスター、彼の取り巻き太っちょが浮上。

 もっとも、彼はそんなタマじゃなさげ(大切)。

『そうそう、お願いというからには、報酬も必要ですよね…』

『せっかくですから、この私を望んでくださってもよろしいのですのよ?』

イメージ 11

イメージ 1

 予想通り、「報酬」として迫るクローディア、照れて逃げ出してしまう綾斗の二人。
 会長、学園勝利の為に「彼を繋ぎとめる」動機があり
 理屈は通っています

 けど一話の台詞や雰囲気的に、ホントにそれだけなのか、まだ掴みかねる人。

 いやそこが好きですけれど。

綾斗『為すべき事、か――――』

イメージ 12

 月が夜を照らすように、自分が為すべき光を求める少年、そんな綾斗くん。

からっぽの少年
 クロさんは、何らかの目的の為に学園を勝たせたい、自分の実家アピールという紗夜やユリス
 誰しも、何かを掴もうと行動する中
 綾斗には目的がない

 クロさん、自分の為に綾斗を利用していたんですわァ!ってやらかしそうな感じ

 でも実はって流れなのか
 それとも、そのつもりだったけど以下略になるのか、アニメで描かれるかも気になるところ。

綾斗『――――うん、似合ってるよ』

ユリス『ば、バカ! 何を恥ずかしい事を…!』

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 18

イメージ 19

 姫の休日に、バーガーショップは欠かせません。

ローマの休日
 翌日、街を案内された綾斗は、ユリスがバーガーショップに憧れていたなど意外な側面に微笑み
 再びレスターと衝突、そして再び襲われた

 今度はごろつきチームを雇い、彼女を数で封殺する作戦?

 一蹴! 予想済みですよね!
 なら暴れて、彼女をおびき寄せる作戦かとも思われましたが…?

 やはり、逃げた先には敵の集団が!

綾斗『今の俺じゃ、あれくらいが関の山なんだ』

ユリス『多人数の相手は、苦手なのか?』

イメージ 20

イメージ 22

 何故か綾斗の「借りもの武装」を壊すだけで終了、油断しきった二人への再襲撃もナシ。
 敢えて森に誘い込み、多人数で待ち伏せする必勝の状況
 なぜ、何もしなかったんでしょう

 これって犯人は、「狙いたくなかった」んでしょうか?

 また綾斗の言葉ってば、前回の冒頭を見るに「本気禁止」っぽいですね。次回サブタイ的にも

取り巻き『レスターは正々堂々たたき潰してきたって、皆知ってるから!』

『そんな卑怯な真似、レスターさんがするはずありません!』

イメージ 16

 また、襲撃者と同じ戦斧使いレスター君ですが、取り巻きの信頼からしもシロは確定か。
 彼は「正々堂々と戦う」実力主義

 彼にとって、闇討ちなんか意味がない行動なんですよね。

 ユリスの表情変化や「食わせ物」という台詞、綾斗も計算ずくで仲裁した模様。

綾斗『お邪魔しまーすっ…、って、手馴れてきてる自分がイヤだな…』

イメージ 25

 やがて今度はユリスに招かれ、クロさん同じく「校内上位者」の高級個室に入り込む綾斗。
 ってか、警備ガバガバじゃね!?

 一話からして、敢えて警備を解いてたワケでもないらしいし!

綾斗の飛行能力が桁違い、って意味ですね多分!

ユリス『来たな? 服を脱げ』

綾斗『えぇ!?』

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 35

 バスローブ一枚と対峙した次の夜、今度は脱げと要求される綾斗くん十六歳。

それが彼女の戦う理由
 ユリスは、襲撃で破れた服を繕ってくれがてら、彼女の「戦う理由」を語ってくれた。
 大切な思い出、心を許してくれた証拠

 かつて身分を知らず自分を救ってくれた、孤児院の親友たちを救う為。

 ハンカチも彼らの贈り物。
 王女といっても、政府自体「企業」の麾下同然のご時勢。

 自分に出来る手段、才能と「姫」という注目度を活かし、莫大な報奨金を得る為だと。

 ユリス、やはり良い子だったか…。

しかしユリス、「手紙」に顔色を変え姿を消す

イメージ 36

 その翌日、彼女の危険な立場を忘れたかのような綾斗君はどうかと思いますけれど
 ユリスは「襲撃者」の呼び出しに応じる

 今回の話、そして「ヤケに下手な呼び出しの手紙」

 敵の正体って孤児院の子達なのか?

綾斗『やっぱり、(俺)信用されてないのかな………』

クローディア『逆、だと思いますよ?』

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

 戦う少年に、武器を送って背中を押してくれるクロさん、いいヒロインじゃないの!

それが彼の戦う理由
 綾斗は、ユリスが自分に黙って闘いに向かったことに、拒絶されたのかと落ち込んでしまうが
 きっとそれは逆

 彼女は大切に思うものほど、巻き込みたくないのだから、と。

 だから綾斗も戦うわけね!
 姉を失い、「誰かの為に戦う」事を失った綾斗は、これが新しい理由だと決め込む

 ユリスを護る! それが俺の為すべきことだ!

 そして山場は四話って事さ!

予行『綾斗ったらあんな慌てて…、少し、妬けますね?』

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 1

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

 是非、紗夜ちゃんの部屋にも飛び込んであげて下さいお願いします!

山場四話システム
 深夜アニメ、「三話まで見て継続するか決める」、という風潮が根付いてきた昨今らしい
 山場を四話にもってくる手法

 次回サブタイ、解き放たれるのは宝剣か、それとも綾斗自身か?

 てか、ここにきて「襲撃者はユリスの身内」ってな可能性が。
 今回を見るに、数がいるみたいですし
 どうなんでしょね

 次回、第4話「解き放たれし者」。