GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『アイドルマスター シンデレラガールズ 第25話(完)』、総決算! いい、笑顔でした!:Cinderella Girls at the Ball.

最後は二段構えのライブ! 築き上げた人脈総動員、賑やかな回でした!

イメージ 39

イメージ 32

 最終話、残された常務とPの発想の違いも、どちらかが正しいってものではないと受け入れる最終回
 だってPが重んじるのは個性、彼の方が正しいで終わってしまっては
 常務の「個性」を否定、矛盾しますものね

 常務の発想、それがトライアドプリムスや、雨降って地を固めて皆を成長させたのも確かだから!

そしてオープニングへ
 欲を言えば、どこか数分を縮めてオープニング+最後に新規カット数秒で締めた方が
 私は好きだったかな、という気も。

 オープニングでテンションが上がったまま、ちょっとした生殺しだった!(褒め言葉)

魔法は、本当にあったのかな…?

イメージ 3

 まるでアイドル引退エンドのような冒頭であった。

さあ、また始めましょう
 Pの企画、連携アイドル全員参加で演じたフリープログラム、「シンデレラの舞踏会」は大成功に終わった。
 美城常務との確執も、目標か個性か、互いの持論は平行線だと確認し
 アイドル達はそれすら越えるという点に一致を見る。

 それからまた春が巡る頃、シンデレラ達はそれぞれの場所で活躍する「けん引役」に。

 Pも第二期生へ着手。
 やがて久々に集まった面々は、それぞれが得たものを「シンデレラガールズ」として昇華させる(完)。

プロデューサー『―――皆さん、今日は笑顔で楽しんでください!』

シンデレラガールズ『『『はいっ!』』』

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 2

イメージ 6

イメージ 7

 最終話でも、ズッこける幸子かわいいですね!
 
シンデレラの舞踏会
 これまで、彼女たちやPが培った他部署メンバーとの合同ライブは、大盛況から始まった!
 なんたって、346アイドル勢揃いなのだから!

 色物からトップアイドル楓、社内「成功者」クローネすら、今回のライブに参加。

 これだけのメンバーを集め
 また、それ相応の舞台とスタッフを用意したPの手腕。

 社内「上からの命令」ならともかく、横の連携で行う手腕、もう解散なぞありえないってもの。

常務『―――だが、キミの考えは気に入らない』

イメージ 8

 それでも折れない美城常務、彼女の考えるアイドル像は「目標」なのだから。
 かつて、卯月がアイドルを目指したように
 目指される側を作るのだ

 だからこそ、例えば色物、指差して笑われるようなメンツまで「個性」だと拾ってはいられない

 他社との差別化も必要ですしな。

P『私に見えて、常務に見えないこともあれば、その逆もあります』

イメージ 11

イメージ 12

 対するPは、少女たちが輝く願いも可能性も、自分には拾いきれないくらいあると返す。
 例えば、常務は凛とアーニャの可能性を見出したが
 アレはPに無い発想だった

 その逆も然り、互いの違いが「拾いきれないほど沢山のもの」を、より多く拾わせてくれると。

 その結論に、自分達は平行線だと常務は返す。

P『彼女たちが笑顔である事。それが、私のプロデュースです』

イメージ 9

イメージ 10

 あの当初は黙りがちだったPが、「自分のありかた」をハッキリ言いきった、良い最終回だった!
 あと凛ちゃんさんの笑顔がめっちゃ素敵だった!
 笑顔が多すぎだった!

 そうした考え方の平行線すら、アイドル達は越えてゆくという点で、二人は一致する。

『『『生!』『ハム!』『メローーーーーーーンっ!!』』』

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

 美嘉姉の笑顔が、また良かったんだよホント!

星たちのキセキ
 続く、new generationsの劇中ラストソングは、これまで歩いてきたシーンの総決算!
 悪く言えば総集編!

 だけど一枚一枚を覚えてるし、思い出せる演出って好きですね!

 こんなに色々ありました!
 そりゃま、合間も静止画でさびしかったけれど!

 そこはそれ、後日の他局放送版&販売ディスク版で更にゴージャスになってるのでしょうか?

 カッ! って飛び込んでいく演出だけでも、ちょっと心にくるものがあった!

プロデューサー『――――いい、笑顔です!』

イメージ 19

イメージ 20

 最初の三人、彼女たちに最初の一言を再び贈るプロデューサー、作画もものすごく奇麗だった!
 勢い込むような動画に、総決算を感じた!

シンデレラプロジェクトぉーーーーーっ!』

『『『おーーーーっ!』』』

イメージ 21

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

 A-1社でもダメなら、ファンが納得するレベルの手書きライブを週間でやるって、もう難しいのでしょうか…?

そして、また春が巡る
 やがて始まったラストライブ、ライブというか、観客との一体感が本当にハンパなかった!
 そこが、本作で一番スゴいところだなって改めて思った!
 この雰囲気!

 前回、卯月の単独の頑張りを思い出す、奇麗で素敵に動くラストライブ!

 でも最後の最後が、口パクで締めたのはやっぱり……。
 アレ、演出じゃないと思った!

 ともかく、舞踏会最大の目玉も成功、常務も少しだけ現場に歩み寄る最終回に――――。

 そしてラストは、一話と同じ春で〆。

シンデレラプロジェクト、第二期始動

イメージ 29

 冬のイベントから、それが販売ディスク化し宣伝が流れ出す春、Pは再び上層階の執務室に。
 あの地下室は、布をかけられ「使われていない」
 でも、片付けられていません。

 シンデレラプロジェクトは、あの部屋所属のまま、それぞれ新しい舞台に移ったようです。

 常務も専務にクラスアップ!

卯月『上手く言えないけど…、あたし、きらきらしたいなって!』

『今でも、その気持ちは大切なんです♪』

イメージ 1

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

 最後、オープニングを新規映像で流して〆、ってのが一番キレイだった気もします(作画大変ですが)

輝く日の為に
 あの頼りなかったシンデレラの面々は、今は頼られる側として、周囲を牽引するアイドルに。
 その再集結、OPシーンのライブ収録シーンへ移り
 本作は完結へ

 一歩ずつ、この階段を恐れず登っていこう! 繋いだ手の暖かさ、その広がりが、私達を支えてくれるから!

 あくまで本作は、成長の道程。
 そんな感じの最終回

 たとえば卯月ちゃん、今度こそ小日向先輩と組んで笑ってる姿とか、成長の最終回だった!

分割2クール、総集編などを挟んだ本作。今度こそ最終回だった!

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 1

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

 手書きライブアニメって本当に難しい、と実感もさせられましたね。

シンデレラガールズ
 二期は、直球で「シンデレラ」というか、魔女が敵に回ったような感じというか。
 シンデレラに、お前にその資格があるかと問う魔女

 一期では彼女たちをPが支え、互いに成長し、飛び立つ気にさせる物語

 そうした支援がなくなり
 むしろ「あなたは、これでも飛びたいですか?」と逆境に晒すような話だった感じ。

 その点で、みんな悩んでいる事が多いクールだったなー
 と、思う次第。

 ともあれ、スタッフの皆さまお疲れ様でした! 艦これ同時スタートだった本作、ようやく完結です!