GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『櫻子さんの足下には死体が埋まっている 第弐骨』、悲しい後味。視線の意味は…?:あなたのおうちはどこですか

虐待少女? “命”に懸命な骨好きお嬢、櫻子さんを掘り下げる第2話

イメージ 1

イメージ 37

 冒頭、いかにも虐待親っぽい描写と違和感から、ミスリードを明かして終わる奇麗な一話完結。
 内海巡査、やっぱり顔が伊丹二尉(GATE)に似てるけど
 命に別状無くて良かった…。

 どんどん推測を組み立て真相に迫っていく、ミステリらしい第2話。

ソウタロウ?
 また、OPなど櫻子さんのトラウマや、ラストのモブへの厳しい視線が非常に意味深。
 ヤク中が口走る「蝶」も、何か意味があるっぽい。

 しかしこういう話って、いいちゃんとああちゃんの今後が気になりますわ…。

母親『ホラ、早くいくんだよっ!』

イメージ 3

 捨て子か?と思わせるミスリード

迷子を追えど死体
 早朝、コンビニに出かけた正太郎は、身元不明の少女「いーちゃん」と目が合ってしまい
 身元捜しに奔走、警察でも検討つかない状況に
 櫻子さんの推理力を頼った。

 偶然、鴻上さんがいーちゃんの友達だったことで身元は判明。

 だが母親は殺されており
 彼女が、まだ幼い二人の子供を「薬物に狂った内縁の夫」から庇って亡くなったと分かる。

 襲ってきた男は正太郎が何とか昏倒させるが、身の危険を省みない正太郎を、櫻子は厳しく叱りつけた。

 次回、第参骨。

幻を見る櫻子さん、鴻上さん、そして先生…?

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

 オープニングは、櫻子さんが幼い頃に死別した(?)ソウタロウ少年を引きずる姿が
 会いに行きたいけれど、館から出ることが出来ない
 開けてくれたのは正太郎

 彼が、過去を乗り越えさせてくれるんだろうな、と感じるオープニング。

 先生も過去を幻視
 また、鴻上さんも幻に向かって話しかけていたり、それこそ「時間が止まった町」なんですね。

『おでかけ、とくべつ♪ いーちゃ、ぴょーん、とんだよっ♪』

イメージ 2

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

 多分、早朝五時ごろ、朝四時まで骨を組み立てていたそうな。

正太郎、子供を拾うの段
 少年、生活能力に乏しそうな姉と同居しており、食料調達に出かけたコンビニで少女を拾う。
 櫻子さんといい、こういう姉の世話になれてるのね。

 が、彼女はまだ言葉を話す事が出来ず、推理に長けた櫻子さんを頼ることに。

 血痕といえば櫻子さん!
 にしても、セクシーなカッコなのに互いに無反応過ぎて笑う。

 さすがです櫻子さん!

内海巡査『おぉー、ちびすけ可愛いぞーっ♪』

イメージ 18

 ひとまず、着替えさせた櫻子さんですが、少女の手の異変に気付き見せるように頼み込む。
 内海さんも、ノリが明るくて良い駐在さんだわ。

 キミの骨が頑張ろうとした証拠だ…

 実は剥離骨折、この場合強くねじられ、肉と骨が剥離するような事があったらしい…。

櫻子さん『まともな親なら、一度は病院に連れて行ったはずだ』

内海さん『はぁ…、それが何か?』

イメージ 19

イメージ 22

イメージ 23

 察することが出来ない内海さん、罵られるとかいうご褒美。

切れて繋がる手がかり
 なんとも、聞くほど痛そうな症状ですが、病院を探せば身元が分かるはずだと事態を動かす鍵に
 しかし、親は偽住所で受診していた。

 ますます虐待めいた話になったところ、意外な人から身元が判明。

 前回、子猫の弔いを手伝ってくれた優しい鴻上さん
 ボランティアもしていたらしい。

 以前、児童館で出会った「富永ゆうか」ちゃんだと、意外なところから身元が判明。

 前回といい、優しい子なのね。

正太郎『――――これと同じにおいを、僕は知っている…』

『これは、このにおいは死の匂いだ…』

イメージ 25

 しかし、ゴミ屋敷に漂う匂いに、それなりに場数を踏んでしまっている正太郎くんは気付く。
 こんな経験、積みたくはないな少年…。

 母が亡くなっていたのだ。

正太郎『櫻子さん、この人は!?』

櫻子さん『―――少年、この遺体はおかしいぞ』

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

 この子に、見せないでやってくれという内海巡査、良い人…。

ちっといあーちゃ
 さて、遺体は明らかな「防御創」、襲われ防御した跡があったものの抵抗した跡が少なかった。
 他にも、埃をかぶっていない缶詰や哺乳瓶―――

 長い間、庫内に閉じ込められたせいで、熱中症を起こしている!

 彼女は「いーちゃん」を逃がし
 また、「あーちゃん」を必死になって隠したのだ。

 抵抗した跡の少なさは、つまり、自分でなく息子を隠すために必死になった証。

 少なくとも、子供思いであったのか…。

不審者『―――チョウチョを、とりに行かせろ』

イメージ 30

 その時、外ではふらりと不審者が、あっという間もなく刺されてしまう内海巡査。
 人の良さが裏目に…。

 今週、一番の衝撃映像だった…。

櫻子『目を覚ましたまえ、逝くにはキミは早すぎる!』

『生きて! 生きることが、キミたち幼き者たちの使命だ…!』

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

 今、「心臓」代わりになっている櫻子さんは動けなかった。たとえ狂人が目の前にいても。

ソウタロウ
 やがて、ヤク中の「内縁の夫」は、あらぬことを口走りながら現れてしまう
 内海巡査が、必死になって取りすがるが―――

 キミの姉さんは、独りになってしまうじゃないか…、あの子を独りにしないでやってくれ!

 傷が痛み、振りほどかれる巡査
 動けない櫻子さん

 最後の一人、正太郎くんが無謀にも飛び掛り、なんとこれを下してしまった!

 これは意外だった!

櫻子『いくな! ソウタロウーーーーーーーーーー!』

イメージ 36

イメージ 37

 実は体術を学んでいたのだったが、終わってなお手が震える正太郎。「刃物」は怖い……。
 正太郎くん、頑張った!

 そして、桜子さんは「幼い頃、正太郎くんそっくりの少年が逝った(?)」風景を幻視。

 無茶をした彼に、二度とするなと厳命する

櫻子さん『そんな顔をするな、正太郎――――』

イメージ 41

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

 最後のシーン、櫻子さんは何に気付いたんでしょう?
 
気付きの決着
 事件決着、決して良い母ではなかったが、少なくとも子供の為に身を呈した人だったのだ…。
 そう、櫻子は「見立て」を修正する

 櫻子さんは人が嫌いで、骨を愛する変人お嬢さま

 だけど決して、情がないような人じゃない
 彼女の人となりが分かる話

 そして彼女には、深く根を下したトラウマがあるらしいという話。

 これこそ、正太郎君を傍に置く理由なのか…?

次回、第参骨。略して散骨

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 1

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

 時間の止まった町、そう少年が評したとおり、多くの人は過去に囚われたままで…?
  
物語はつながっていく?
 結局、前回の「心中死体」は櫻子さんの推理力披露といったところで、後を引く展開にはならず
 今回は「蝶々の幻」を見るヤク中毒が現れましたが
 さてOPと関係があるのか?

 前回は推理と関連して推理力を、今回は彼女の人間味を垣間見せた格好。

 子供に生きていて欲しい
 OPのように、ソウタロウ少年を失った事が尾を引いている桜子さん、その過去って…?