GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『対魔導学園35試験小隊 第1話』、バトルとサービスと意味深の初回! “おめでとう”って?:出撃! 雑魚小隊!

あざといくらいのサービスと謎! 主人公の謎と、“冒頭”の謎…?

イメージ 39

イメージ 24

 いやー乱世乱世、学戦都市×落第騎士に続く、最強技を持つ“雑魚”と最強ヒロインの学園バトル!
 こちらは、問題児だらけのポンコツ小隊&cv三木さんの上司など
 苦労人っぷりも面白い!

 特にバニーのうさぎちゃん、あざといくらいサービスだった! ごちうさ二期はじまった!

時期が被りすぎたのだ…
 制作が、イリヤ」「のんのん」のSILVER社だけに作画良好、直接描写は避けたものの世界観は残酷
 戦場で気を抜いたり、口論したりヒヤヒヤしますけれど。

 まずは、チームの結束を高める方向でしょうか?

魔女?『おめでとうございます―――』

イメージ 7

 来週ラストなのか、山場の三話くらいなのか? 今後のシーンを先取りした冒頭

雑魚小隊の新たな仲間
 既に、世は科学文明全盛の時代に入ったが、衰退した「魔法使い」と彼らの利器はそれ以上の猛威を持ち
 国家は、彼らの取締りの為に「異端審問官」を育成
 実戦教育を行っていた。

 草薙タケルは、自身を含め才能に秀でるも、生かせない“吹き溜まり”小隊を率いる候補生。

 その小隊に、家族を「魔女」に殺され、復讐心に逸る事で「審問官」まで至る
 過剰な鎮圧で解任された、鳳 桜花が加わった。

 独り、手柄を立て審問官に戻ろうとする彼女と、タケルは必死に距離を縮めようとするのだが――――

 次回、第2話「英雄召喚」。

タケル『(怒るな…。なんとしても、高給取りの“異端審問官”にならなくては…)』

『―――また、このパターンか…』

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

 死にかけたと思ったら、次はバニーガールだった…(涙)。でかい。でかすぎィ!

うさぎと涙と「おめでとう」
 草薙 タケルは、銃火器やビデオカメラなど近代文明の時代に、代々の剣術を継承した変わり者。
 彼らは、猛威を振るった「魔法使い」とその利器を取り締まる公職者
 異端審問官の“候補生”

 彼の隊に、新たなメンバーが加わるが、冒頭ではその新編成で完敗を喫していた。

 彼女の「おめでとう」の意味とは?
 そして、彼の“雑魚小隊”は、問題児の掃き溜めであった。

鳳 理事長『グッド☆アフタヌ~~~~~ン♪』

イメージ 17

 もっとも、理事長は彼らの資質をよく理解し、「尖った(特化した)」良い小隊だと評価
 義理の娘である鳳 桜花を新たに配属。

 このcv三木さん、ノリノリである

 周りの空気が違うよ!

西園寺 うさぎ『べ、べべべべべべつに、緊張などしていませんっ!』

タケル『―――ていうかお前、それ違うビルじゃね?』

イメージ 18

イメージ 21

イメージ 1

 特に、狙撃手・西園寺うさぎのポンコツっぷりは深刻で、間違って別のビルを狙撃するなど
 必中の腕を持つも、あがり症で「的を間違う」始末

 むしろタケル、今まで良くがんばった!

 実質、彼一人で戦ってきたも同然なんじゃないの!?

『改造の度が過ぎている、9mm拳銃にフルオートを搭載させるな!』

イメージ 41

 うさぎがいじられ役だとすれば、部隊のいじり役、かつ「整備士」「通信士」など後方を兼任
 隊のお姉さん、杉波 斑鳩は改造マニアらしい

 ていうか拳銃にフルオートって、それもうマシンピストルじゃね!?

 通常は10発程度しか装填できないので、知らずにフルオートで撃てば即座に弾切れ、という迷惑改造!

マフィア『この時代に、お侍とは恐れ入ったぜ!』『ござるって言ってみろよ?』

斑鳩『草薙! 今怒ったら、最悪の状況になるわ!』

イメージ 19

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

 ポン刀最強伝説。

「鉄クズ」禁止!
 隊長、主人公・草薙タケルは「刀に血もつかない」程の剣速、飛び交う銃弾も切り裂く刀使いだが
 その状態は禁じ手らしい

 今、鉄クズと言ったな…、尋常もクソもねえ! 一方的に斬らせて貰う!

 伝家の剣術、刀を愛する暴走男。
 なお、「お兄ちゃん♪」と呼ばれたら止まる模様。

 しかしこの状態に陥ったら「最悪」なので、フルパワーで戦えないらしい。

 理由は明言されず

タケル『イッツァジョーク! 血も付かない斬撃とか無理に決まってますよ~』

イメージ 25

 いやいや! この状況で正気に戻るとか、殺してくれと言ってるようなものですが
 ほっとけば“皆殺しにしちゃうから”でしょうか

 異端審問官は、過剰な鎮圧行為を厳禁され、銃弾も電撃シビレ弾みたいなモノを使用。

 となると、刀使いはますます厳しいな…。

???『あーあ、使っちゃったか…』

イメージ 28

イメージ 29

 彼らの任務は、既に衰退した「魔法使い」と、彼らの遺産の闇取引の取り締まり
 魔道書で弾丸を防いだり、現代でも便利なシロモノ

 彼女は、その取引相手だったらしい。

タケル『ドラグーン!? 審問会の兵器がなんで!?』

鳳 桜花『伏せていろ、手を出すな』

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 35

 ロボットアニメだった、だと…!? M6ブッシュネルみたいでカッコイイ。
 
元・現役審問官
 この世界、ロボット兵器も実用化するほど科学力が高く、そりゃ「刀使い」が笑われるワケだ!
 しかし、近接戦用じゃない機体を投入した結果
 あっさり返り討ちに

 だ、大丈夫! 俺、貧乳派だから!

 返り討ちにした桜花
 どさくさで、タケルとラッキースケベ状態に。

 なんか、このヒト本当に不憫だなぁ…

桜花『旧式の欠点は関節の脆弱性だ、しかもそいつは近接戦闘用ではない』

イメージ 34

 なかなかに質実剛健なロボですが、近接用ではない分、関節の保護はそれなりだったらしく
 超人的な体術に、拳銃一挺で鎮圧される始末
 不憫。

 てコトは、関節の問題も無い「現役近接用」もあるんでしょうね。

斑鳩『もっと他に、何かあったんじゃない?』

タケル『大丈夫だ! この本に“歓迎会はポイント高い”って書いてあるし!』

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

 そんな問題小隊の隊長タケル君、彼なりに導こうと手引書もガッツリ読み込んでるらしいですが
 いっぱいいっぱい状態で、周りが見えてないらしい

 小隊活動時間内に宴会か…!

 そりゃ怒られるよ!
 にしても、うさぎちゃんは全力投球過ぎてかわいいな!

 桜花が馴染もうとしない理由は―――

鳳 桜花『私の家族は、魔女に殺されたんだッ!』

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

 異端審問官は、不要な殺人は厳禁。タケルが本気を禁じられているのも同じ理由? 

自滅型エリート
 桜花は、独りで手柄を挙げまくり「審問官」に戻ろうと奮戦、その理由は任務そのものにあった
 家族を殺された復讐

 でも俺は、お前の仲間になる事を諦めないよ…!

 人間(遺体)を魔法に用いる
 桜花は、直接か間接か魔女に家族を殺され、復讐に一生を捧げると誓った。

 だからヌルいお前らの仲間にはならない、と。

 タケルは説得を試みるのですが―――?

次回、「英霊召喚」。Fateなstay nightですね。わかります

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 1

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

 cv三木さんの理事長、うさんくさ素敵キャラすぎて、彼に期待がかかる初回! うさぎちゃん可愛い!
 
雑魚小隊と復讐者
 ひとまず、桜花と距離を縮める事が課題なのか、その第一歩といった雰囲気の初回。
 いやー、もうホントにうさぎちゃんあざとい
 かわいすぎ!

 軸は、隊長として「チームとして」って部分なのでしょうか?

 キレたタケルに、cv細谷さんが合ってたし
 世界観自体は思った以上に未来で、こうなるとタケルの刀使いがいっそう浮いてくるワケですね

 次回、第2話「英雄召喚」。