GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『ガンダム外伝 ミッシングリンク 3巻』、ペイルライダーvsキャバルリー! 仇討ちは終局へ:おおのじゅんじ

 一年戦争裏舞台。暗殺専門の連邦部隊、彼らが暗殺されかけ、意趣返しに挑む物語。

  仲間を殺され、その「敵」を壊してしまっていたのは自分。行き場のない拳

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

※画像右下隅クリックで拡大。

 

 戦いの中、ペイルライダーと激突する「ジオン側」主役部隊、しかしペイルを庇い犠牲が出た事で
 同機パイロットが発狂、隊を壊滅させられることに
 どちらも必死でやるせないです

 

 そもそも、ペイルのパイロット自身、ジオンのコロニー落としで孤児となった少女なのですから。

 

戦争だから
 やがて、満身創痍のペイルはキャバルリーにより破損、行動不能となるのでした
 なるほど、それでジオン側に渡ったのね

 

 次巻、いよいよ一年戦争編も終わりでしょうか。 

  大義の戦争って言ったって、目の前の犠牲者には目を背けられん

イメージ 5

 ペイルのパイロット、クロエ少尉は亡命する事に。

 

途切れる連鎖
 決戦、ア・バオア・クー攻略戦に紛れる事だけが、グレイヴ暗殺最後の機会なのは明白だった。
 そのグレイヴは、自身の成果である「HADES」を売り込むべく
 搭載機ペイルライダーを突撃させる

 

 復讐者、ラヴィス達は辛くもペイルライダーを行動不能とし、遂に王手をかけた。

 

 だが、ペイルに唯一拮抗する「キャバルリー」といえど
 所詮は鹵獲機に過ぎない

 

 復讐達成目前、キャバルリーは強制停止、トラヴィスは生身で対峙する事となる。

  「仇」に迫るキャバルリーだったが―――

イメージ 1

 遂に憎きグレイヴに迫るも、緊急停止装置が組み込んであり、倒すには至らず。
 キャバルリー、後年は残ってなかったはずですし
 ここで爆砕するのか。

 

 ここでグレイヴと「HADES」データを消し、同システムはペイルライダーのみになるのか?

  ペイルライダーvsキャバルリー!

イメージ 7

 キャバルリーの武器は、ヘビーガンダム武装と同系列なのか

 

キャバルリー
 ペイルライダーの由来が「死の騎士」だから、量産検討機は「騎士団<キャバルリー>」
 洒落た名前ですが、実際にこんなモン量産されていたら
 えらいことになってたでしょうな。

 

 もっとも、ペイル側が消耗しきった状況で、なおかつ予期せぬ武器の連発で危なげなく勝利。

 

 むしろ、ジオンチーム最後の決戦が山場だったか。

  収録

イメージ 6

 機体に合わせる為に薬物を使いすぎ、いつ死んでもおかしくないというクロエ。彼女の今後は…?

 

 角川コミックスエース「機動戦士ガンダム外伝 ミッシングリンク 3巻」。
 おおのじゅんじ。月刊ガンダムエース連載、角川社発行。
 2015年9月(前巻年2月)

 

 第13話「進攻 ア・バオア・クー
 第14話「暴走 クロエ・クローチェ」
 第15話「戦火の別れ」
 第16話「HADES vs HADES」
 第17話「悲しみの証拠」
 第18話「復讐のフィクサー

 

 巻末 らくがきギャラリー掲載。