GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『ONE PIECE 79巻』感想。ドフラ戦、決着! ってカイドウすげぇぇぇぇぇ!:尾田栄一郎

ドレスローザ編、残るは“後始末”のみ! そんな時に限って!?

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 1

※画像は、右下隅クリックで拡大。

 あいにくとシリーズ完結には届かないまま、新編に向けた先触れ、そして四皇“カイドウ”が降臨!
 なんだなんだと思ったら、ホントに自殺したかったのかよ!
 どんだけだよ!

 その登場は、実に高度1万m、“空島からの投身自殺”ってんだからふるってやがる!

二つ名は「最強生物」
 かつて、白ひげが世界最強の男だった気がしますが、その意味するところとはどんなもんなのか
 見た目的に、幻獣種“龍”なのか?

 腰には立派なしめ縄まであり、ちょっとしたご神体のようだ!

ドレスローザ解放、成る! キュロスのトッチャン良かったなぁ

イメージ 7

 そっと独りになって笑いなく隊長、長い戦いだったわ。

藤虎の「筋」
 ルフィは、ドフラミンゴを昏倒させられないまま「覇気」が尽きるが、彼の為に総出で時間稼ぎが敢行
 国民と海賊、海軍は手に手をとって「鳥カゴ」の猛威にすら抗い
 遂にドフラミンゴは打倒された。

 藤虎は世界政府を代表し、ドレスローザ全国民に土下座

 ルフィ達はいったん匿われ
 また、ドフラミンゴが倒れた事で、彼が供給するはずだった兵器が途切れ、各地で休戦が起こった。

 ルフィ達は世界政府のみならず、争いを望む者たちから一身に憎悪を浴びる。

 同じく、「世界相手の自殺」を試み挙兵寸前だった四皇、カイドウもまた、今回の件に影響を受ける。

「ドフラミンゴ戦」は終わらなかった!

イメージ 9

 消えぬ「鳥かご」、確かに桁違いですが、所詮は能力者一人分の力に過ぎねェと踏ん張るゾロ!
 思い思いに、壁を押し返す展開に。

 その発想は無かった!

コロシアム「司会」、ギャッツのオッサンがんばった!

イメージ 8

 押し返している真っ最中、凶行に走るドフラに、自分を囮にした司会のおっちゃんも男前!
 デカい口を叩きつつ、ガタガタ震える!

 勝利の際も完全に感極まって舌が回らず、いいキャラしてたわ!

 今回、表紙に載ったのも納得!

大将「藤虎」、筋を通しスーパー土下座!

イメージ 6

 また、ずっと戦いに手を出さなかった理由は、そもそも「七武海」が政府認定である
 政府の責任だから、戦わなかった

 今回、政府以外の者の手で、政府が生んだ悪が打倒された

 その事実を得る為に、敢えて手出ししなかったと。

「能力狩り」を図るバージェス

イメージ 4

 また、ルフィのゴムゴム、メラメラの実を奪おうとしていたバージェス。
 エースのように、殺して実が出るのを待つのか
 何か手段があるのか?

 能力は「覚醒」なんて要素も出てきましたし、ゴムゴムにも更なる用途があるんでしょうか?

収録

イメージ 5

 なるほど、サボはずっと記憶を失っていたと。それなら筋は通りますな。

 ジャンプコミックスコミックス「ONE PIECE 第79巻」。尾田栄一郎
 週刊少年ジャンプ連載、集英社発行。
 2015年10月発売(前巻7月発売)

 第786話“ギャッツ”
 第787話“4分前”
 第788話“私の戦い”
 第789話“LUCY!!”
 第790話“天と地”
 第791話“ガレキ”
 第792話“土下座”
 第793話“虎と犬”
 第794話“サボの冒険”
 第795話“自殺”

 空きスペースはいつものSBSと読者イラスト。

■扉絵シリーズ
 読者リクエストシリーズを収録。