GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ヘヴィーオブジェクト #01。説明とあざとさと締め付けの初回! これからだ!:#01「ガリバーを縛る雑兵たち アラスカ極寒環境雪上戦1」

ようこそ、クリーンでクソッタレで巨乳な戦場へ! 次回、本格戦闘!

イメージ 34

イメージ 19

 物語上、必須の解説回をあざとさで補い、現状説明と破局的敗北で終わった第1話! これは物足りない!
 とは言いませんが、とりあえず姫さんが可愛いですね!
 めっちゃ良い子っぽいですし。

 制作側も、「退屈なのは解る!」と言わんばかりのサービスだった!!

なんて汚いクリーンな戦争なんだ…
 状況的に、一般兵士の要らなさ具合がハンパないですが、だからこそ主人公たちってワケね!
 絶対に無理だから、覆す!

 とはいえ、どんな覆し方をするのでしょう?

科学技術が進んでも、結局、戦争は無くならなかった――――

イメージ 2

 モブ同然のはずですが、兵器関連のCGもスゴい!

オブジェクトがあれば
 ある時、とある島国が「オブジェクト」と呼ばれる兵器を実用化、十数ヶ国の連合軍を撃破
 軍事バランスを一変、これを開発・運用できる国家群
 僅か4つに世界は再編された。 

 そんなオブジェクト全盛の戦闘で、クウェンサーとヘイヴィアの部隊は「オブジェクト」を失う

 既に「戦争」は、オブジェクトの勝敗により、速やかに国境が変更され終了する
 ほぼ犠牲の出ない、クリーンなものとなっていた

 だが今回の敵は兵士を次々と殺し、二人はやむなく「生身」でオブジェクトに立ち向かう事になる

 次回、♯02「ガリバーを縛る雑兵たち アラスカ極寒環境雪上戦2」

各国の地球の支配権争いは、クリーンな戦争で決まるようになった―――

イメージ 3

イメージ 35

イメージ 36

 やはりボールは合理的だった…。合理性の極地だったのだ…!

オブジェクトの時代
 時は未来、「とある島国」が新兵器を開発、12カ国連合軍と核攻撃を単騎で破ってしまった。
 以来、戦争は“オブジェクト”が中心となる

 オブジェクトには、オブジェクトしか勝てない。

 結果的に、戦争は大きく縮小する
 オブジェクトの勝敗が、そのまま勝敗を決める時代が到来したからである。

 なんとまあ、大雑把な時代だこと!

世界は、大きく「四つ」の連合体となり、小規模な局地戦が繰り返される

イメージ 4

 となれば、畢竟、「オブジェクト」を開発し運用できる国力が必須となっちゃうワケで
 世界は、四つの勢力に統合されてゆくこととなる

 もちろん、実利で集まっただけだから、その内情はバラバラって寸法よ!

 現状は、この4カ国が小競り合っている有り様。

では、それ以外の者は――――?

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

 そりゃもう、しつっこいくらいシャワーシーンを被せてくるスタイル。

兵士とかいう閑職
 結果、既存兵器や兵隊はヒマになり、箔つけの「上流階級」主人公・茶髪のヘイヴィア
 開発者志望の学生、クウェンサーでも従軍できていた

 もっとも、暇な上に公僕扱いなので、わざわざ雑務を命じられたりするそうな。

 雪かきなんざ、ブルドーザーなら一発!
 そこを敢えて生身で!

 なんだか、すごく公務員っぽいエピソードである(偏見)。

ミリンダ『野菜のないバーベキューなんて、そのうち死んじゃうよ?』

イメージ 9

 意外だったのは、「姫さま」こと、同軍オヴジェクト・パイロット嬢と意外に仲良しな事!
 研修生として、実際に整備に携わっているので
 クウェンサーは仲が良いらしい

 感情希薄そうながら、なんだかフツーに良い子ですね。彼女。

ミリンダ『第二世代は、どこでもなんて欲張りな事は言わない』

イメージ 12

 また、彼女の愛機は初期型の、「どこでも扱える」汎用性の高い第一世代だった。
 最初の役割は、従来兵器との戦争ですもんね

 しかし、第二世代は「雪原戦」「砂漠戦」など特化した機体に。

 使いにくくても性能を求めた、オブジェクトで勝てない敵、「オブジェクト同士の戦い」が一般化したからか。

クウェンサー『でも姫様は、“ベイビーマグナム”を操り続けるんだろ?』

ミリンダ『そうするしか…、ないからだよ』

イメージ 11

 前後しますが、今回ラストで大破しても、なお愛機に乗り続けているようですし
 機体とパイロットで、専用化がされているんでしょうか

 てか、そんな軍の要の人材なんだから、護衛の1ダースくらいつけときましょうよ巨乳将軍!

フローレイティア『実にシンプルな作戦よねェ~―――、そうだって言えよッ!』

バカ二人『『イエス、マム(女上官殿)!!』』

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 23

 整備の婆ちゃん役,cv横尾まりさんだ!

でも女の子のおっぱいだぜ!?
 また、二人は基地司令、若干18歳で「信じられねー乳」だという上官とも気安い仲だったり
 整備をミスって、お色気をやらかしたり!

 てか、金髪学生のクウェンサー君! 悩むだけで何分使ってるの!?

 命がかかってんねんで!
 いやあ、締め付けられる女の子って実に良いものだ!

 整備ミスでベルトが締まるも、「おっぱいに触れてしまう」と躊躇う青年!

 いやー乱世乱世。

フローレイティア司令『まあ実際には、航空部隊なんて必要ないんだけど』

ヘイヴィア『解っちゃいたけど、改めてムカつくな!』

イメージ 28

 そんな本世界、オブジェクトの勝敗がそのまま勝敗となった事から、終戦処理も安全化したらしい
 なんせ、フツーの兵器や兵士はオブジェクトに勝てない
 よって負けたら即降伏だ

 勝者側も、報復合戦を招くような泥沼を嫌い、撤退を見逃してくれるらしい。

 ますます兵士はヒマになるな……。

クウェンサー『なるほど、俺みたいな平和ボケでも戦争できるよな……』

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

 そう、オブジェクトさえあれば…! では、それ以外の者は……?

次回、小人ども「巨人」に挑む
 が、ラストでは基地が攻撃に巻き込まれたのか、多数の死傷者が出ている状況に
 そのまま、頼みのオブジェクトも破壊され――――

 敵は生身の兵も巻き込む鬼畜! 味方機は敗れ、逃げ場ナシ!

 よって、二人は生身で挑むって訳ね!
 なるほど。

 ガリバー冒険記では、「巨人ガリバー」は、小人どもに捕縛される運命ですが……?

次回、ガリバーを縛る雑兵たち アラスカ極寒環境雪上戦Ⅱ!

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 1

 正直、こういう同じサブタイに番号つけていくタイプは、退屈だと思います。

のっけから説明回!
 人気作、「とある」シリーズと同じ原作者さんによる、今度は戦争モノというか兵器バトル作品
 初回、やや淡々とも感じる解説に終始した辺り
 何故かGATEを思い出します

 本格始動は来週、この筋の組み立てに、初回一時間スペシャルって偉大だなぁと思う次第。

 PVは見てますけど、司令官さん年上キャラだと思ったら18歳だった!
 ってのも、正直、ミョーに意外でした。
 歳が近いから仲が良いのか

 次回、♯02「ガリバーを縛る雑兵たち アラスカ極寒環境雪上戦2」

■関連感想記事
 なし