GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

アルスラーン戦記 第二十五章「汗血公路(完)」感想。そして、いずれ少年は王となる

後日談とこれからと。異文化交流最終回、殿下は、いつか王となる!

イメージ 1

イメージ 36

 甘ちゃんで世間知らずで、少年奴隷に言い負かされていた殿下が、対等以上に語り合えた成長のお話!
 ひいては、彼女に象徴されるルシタニアとの和解への布石でしょうか
 成長を感じさせる回に

 王都奪還に到達しなかったのは残念ですが、ここからがまた長いんでしょうね。

その頃の銀さん
 もちろん、ルシタニア側の内情も面白いので、「戦った勝った!」じゃ済まないでしょうしね
 ここからが本当の地獄だ…!

 しかし、簒奪を恨む銀さんが、王位簒奪を勧めるのも妙な構図だわ。

エトワール『放せ! 異教徒ども、放せッ!! くそ…!』

イメージ 2

 エトさん、開始一分での捕縛であった。

探るべきものは
 パルス暦321年5月、聖マヌエル城を落としたアルスラーンは、この戦いに「信仰」の姿を見た。
 考えの違い、それを互いに許容して共存できれば
 犠牲を減らせたのではないか?

 アルスラーンは、死者をルシタニア式で弔い、捕虜に対し融和を強調。

 エトワールこと、「エステル」との誤解も解け
 両国の和解を探るアルスラーン

 対する銀仮面は、ルシタニア王弟に正体を明かし、互いに王たらんと協力関係を取り付ける。

 決戦の地エクバターナに向け、血と汗で踏み固めた道は続く―――(終)。

ダリューン『あの銀仮面、討ち損じてしまいました…』

殿下『おぬしが無事ならそれで良い! 終わったぞ、マヌエル城は陥とした…!』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 9

 良かった、とかいうナルさんの殺し文句。

殿下の旗の下に
 城主、バルカシオン卿は自害で敗戦を決定付け、ルシタニア兵士たちに投降を促させた。
 殿下側近も、決死隊のアルフリード含め健在

 知恵と素手でも戦える。だが、食料が無ければどうにもならないだろう?

 既にナルサスは「次」を見据え
 酒と女の騎士クバードは、さっそくファランギース目を付けていたりもする。

 クバードこのまま参加してくれるのか…?

 今後、殿下とも問答ですかね?

ダリューン『ヤツの気まぐれが無ければ、俺は討たれていた』

『辛勝は、ヤツの望むところではないようだ…』

イメージ 8

 ダリューンは、「お情けで生かされた」状況を認め、更なる鍛錬を己に課す。
 さて、銀さんに付いてる魔法使いは何者なのか

 けっきょく、今期は最後まで謎でしたね。

 ヒルメスの復讐を利用し、「戦争で犠牲者を出す」事そのものが目的、というっぽい…?

殿下『独りだけこんなところですまない、おぬしが暴れるからだぞ?』

エステル『―――伯爵様が自害したのは、本当なのだな』

イメージ 10

 一方、弁解不能と思われた誤解は、あんがいあっさりと解けていたからちくしょう!
 共に居合わせた従者達が弁護

 伯爵が降伏を促すべく自害した、その優しさにエステルの目にも涙。

 責任者として責を貫いた、立派な人だった…。

殿下『ペシャワールで出会ったのが、本当のキミだったのだな?』

エステル『違う! 私は伯爵に使える騎士だ!』

イメージ 11
 
 また、エトワールは本名を「エステル」といい、騎士の家に養子となり自ら名乗ったと明かす
 バルカシオン伯爵も、官女の行く末は心配していましたが…

 というか養子なのね。

エステル『王が王らしくせぬから、パルスは都を追われる目に遭うのだ!』

殿下『王らしく………』

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

 エトさんと一緒だと、殿下が愉快な顔になる事が多く、また楽しいと思うのです。

アルスラーンの答え
 それから、殿下の詭弁に付き合う格好で、エステルは彼と共に過ごす事になるのだったが
 幼い日と似た話に、殿下はハッキリと問いを返す

 考え方が違っても、共に暮らすやり方もあるのではないだろうか?

 互いを尊重するあり方
 また、ルシタニア「教義」は権力者に利用されている。

 エステルは跳ねつけますが、両者の和解、ひいてはルシタニアとの和解への端緒となるか?

 てか偶像崇拝禁止なのね、ダボード教。

殿下『良かったら明日、死者に祈りを捧げてくれないか?』

『ルシタニアの死者には、ルシタニアの祈りが必要だろう…?』

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

 エステル、生きていたエラムに悪態をつきつつ、離れたら「ホッ」と息を吐くのが可愛い

たとえ異なっていても
 殿下は、こっそりと牢の鍵を開け、「逃げられる」状況を作っておきながら
 明日、ここに残って祈りを捧げて欲しい
 と、彼女に選ばせた

 意を汲み残ったエステルは、敵兵の眼前で、ルシタニア死者に祈りを捧げる事となる。

 彼らの旗で送るパルス兵
 殿下、これはまた思い切った事をなさる。

 奴隷解放令といい、パルス内に、反アルスラーンを生みかねぬ寛容さ。

 祈るエステル、美しい。

銀仮面『聖マヌエルは、イアルダボード神の恵みに恵まれなかったのだろう』

王弟宰相『軽々しく、神の御名を口にするなッ!』

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

 堂々と戻ってくる、この鉄面皮さ! 

共犯者たち
 かくて、殿下が相互理解に腐心されていた頃、銀さんは騙しあいの「同盟」結成に至っていた。
 銀仮面は正体を明かし、パルスのお家争いだと語る

 どうも、現実主義者の王弟ギスカールは、異国パルスの統治など興味はないらしい。

 統治困難なパルスはヒルメス
 その代価に、ギスカールのルシタニア王即位に協力する事に。

 しかし、王弟の人望なら王位簒奪なんて簡単でしょうに、銀仮面の助力がどう役立つのか?

 狸と狐の化かしあい!

アルフリード『なんだか、もったいないねぇ…』

ナルサス『残念ながら、ここに残していける兵力は無い』

イメージ 24

 一方、総力戦であるパルス軍は、予備戦力もなく、聖マヌエル城は焼き払ってから旅立つ。
 石造りの城ですが、内部を焼き払っておけば
 使用不能には出来るらしい

 堅固だっただけに、盗賊などが根城にしても困るとの事。

 そうなると、「捕虜」の問題が出ますわな。

エラム『教えてやる、負傷者の世話の為に、殿下に頼んで付いてきたんだろう』

『だったら、足でまといになるなよ?』

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

 第一話で彼女を殺しかけたダリューンさん、その成長、健気さに感慨深げで

かけがえなき者
 結局、パルス軍は捕虜ごと行軍する事になり、多大な手間と食料・医薬品を費やすこととなる。
 そんな中、エステルは疑問をぶつけるのだが―――

 王太子殿下は、いつも努力しておられる、それは仕える者の目には、明らかなだけなのだ……

 なぜ仕えるのか?
 そりゃ、殿下の姿勢が尊いからだという女神官。

 王位、玉座や権力は、持つ者によって悲惨な事態も招くが、彼なら信じられると。

 つまり殿下尊い

ファランギース『精が出るな、ルシタニアの少女よ』

エステル『あまり女扱いするなっ。…慣れぬ』

イメージ 27

 また、エステルは男装をやめ、ファランギースへの受け答えもご覧の通り。
 どうやら彼女も、心境が変化しつつあるようで

 以前なら、「私は騎士だ!」って続けていたでしょう、みたいな。

殿下『大切なものをありがとう』

エステル『返さなくて良い! 私がお前を、改宗させてやるのだから…』

イメージ 35

 殿下は優しい王ですが、皆を統率するカリスマ、「王としての振る舞い」に欠けるのも事実。
 気安い彼に、エステルは王のあり方を説く
 みたいな立場

 殿下もまた、学ぶべきはあまりに多い、と感じる人ですしね。尊い

捕虜の妻『―――エトワール様、抱いてあげて…?』

エステル『わ、私が!?』

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

 意外に、子育て慣れしてるアルフリードの部族感。

始まり
 翌日、行軍中に捕虜の妊婦が出産、何の罪もないまっさらな命に、エステルは涙を流す。
 この子に、剣を握れ、他人を憎めと教えるのか…?

 今、この場にいる誰もが、赤子から出発してここにいる。

 どうして憎むようなったか
 玉座と同様に、「赤子」自体には何もない

 どんな方向性を与えるのか、大人として、彼らに平和な時代を与えられるのか?

 エステルさん、何を思ったのでしょうね。

ダリューン『お前こそ、戦で策を巡らす以外、何も出来ないではないか!』

ナルサス『私は、生まれついての芸術家なのだ!』

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

 王の証が王家にない…? 現王家自体が、もしかして簒奪者なのか?

解放王、アルスラーンの御世を!
 とまれ、ダリューンとたった二人から始まった反撃は、今、ようやく王都へ至ろうとしていた。
 時はパルス暦321年5月、あれから一年…!

 行くぞ! エクバターナ

 ギーヴの旅も判明
 王の証…、オープニングで抜いてる剣か?

 ナルサスも相変らず!

 状況を再確認し、アニメ版はこれにて終了ってワケですね!

連続2クール、原作「漫画版」を使いきり、アニメ完結へ

イメージ 1

 やっぱり。最後のエンドカードは漫画版作者・荒川女史!

俺たちの奪還はこれからだ!
 前番組、七つの大罪はエピソードを圧縮、初期目的の達成まで描いて完結でしたが
 こっちは丁寧に描きつつ、届かぬままアニメ完結に
 一長一短

 もっとも大罪も来年2期やりますし、その後、こっちもお鉢が回ってくるかもですね。

 アニメ版の原作、「漫画版」は使い切りましたけど
 原作はちゃんとありますし

 スタッフの皆さま、連続2クールお疲れ様でした