GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

Charlotte -シャーロット- 第十三話「これからの記録(完)」感想。有宇、最終回でまで…。せーしゅんを駆け抜けろ!

    有宇君、最終回でも人格崩壊…! それでもきっと、この先は青春だ!

イメージ 37

イメージ 39

 なるほど、「脳の病気」って事だから、過剰に活性化させすぎるとこうなっちゃうって事だったのね…。
 強大化、またも暴走を始める彼にちょっと笑ってしまいましたが
 これはなかなかキツい結末

 

 これからは、楽しいことだらけの人生にしていきましょうっ!

 

たとえ化物になろうとも♪
 それでも成し遂げ、確かな仲間を得たのなら、ハッピーエンドな最終回だと思います。
 完全無欠じゃないけれど、代価は必要だと思う派。

 

 ZHIENDの出番ゼロは意外でしたが、一応、会長のお兄さんを癒しに現れてくれていたっぽい?

    有宇『いふ、ゆー、むーぶ、ゆー、ファイヤー。ゆあ、リーダー?』

イメージ 2

 のっけから、「読心(言語はそのまま)」ゲットという幸運。

 

たとえ白紙になろうとも
 ひとまず、全日本から「略奪」した有宇は、海外に渡り「能力探知」「翻訳」などを次々と入手
 世界中から能力者を消す、彼の戦いに身を投じた

 

 だが、膨大なの能力は脳に負担をかけ、彼の人格を少しずつ壊してゆく。

 

 有宇は「約束」だけを糧に完遂
 人格を白紙にしながらも、未発症者含む全能力者を無力化した。

 

 やがて仲間達と再会した有宇は、恋人となった友利共々、新たな幸せな関係を築いてゆく(終)。

    有宇『能力は病気だ…、もう、そんな力は使わなくていい!』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 今更ですが、キービジュで化物めいてたのって、こういう事だったのね。
 
我、他人を奪う
 幸先よく、あっさり「能力者探知」、それもリアルタイムで位置を把握できるという
 使い勝手の良い力を手に入れた有宇。

 

 位置の探知、読心、炎、スカイハイ有宇の万能さ!

 

 早速「翻訳」までゲット!
 ホント、能力者ってば十人十色である。

 

 なんかホントに、「全能力の略奪」だけなら簡単に終わりそうな予感がしてきた!

    ターバンの少年『せ、隻眼の死神ィ!?』

    隻眼の死神『な! なんて恥ずかしい異名だ…、まさか僕がそう呼ばれるなんて』

イメージ 7
 
 以前、闇堕ち回で口にした冗談が、まんま自分に振り返ってくるハプニングはあったものの…
 というか、そろそろ有名人になってきた!

 

 単独行である以上、致命的な事態に陥ったといえる有宇くんですが―――

 

 まあ大した問題じゃなかったね!

    有宇『“病気をひどくする能力”か……』

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

 たとえ可愛い少女の力を奪ってでも成し遂げる…! 

 

成し遂げる為に
 続いて、「病の進行」なんて力も手に入手するのだったが、実はコレこそ必須の能力!
 未覚醒の者も、“病の進行”で覚醒させ奪う

 

 遂には、銃弾の雨すら弾く「防壁」すら手に入れる有宇!

 

 こうなるとほぼ無敵だ!
 また、遂に「治癒」の能力も手に入れるのだが―――

 

 てか“未発症者”まで探し出すとか、アフガンのテロ屋(多分)集団、クオリティ高いですな。

 

 あと治癒子さんかわいい。

    有宇『この手を右目に当てたら、僕はタイムリープも取り戻せるんだ…』

イメージ 12

 こうして、「治癒」も手に入れた有宇は、タイムリープを復活させるかどうかに迷う
 過去に戻れば、熊耳の死も無かった事に出来る

 

 また、今の莫大な能力も引き継げ、確実に彼を救うことが出来るはず。

 

タイムリープを引き継いでたワケですし。

    有宇『能力者のいない世界にする、それだけが僕の使命なんだ……』

イメージ 13

 結局、「時空移動」なんて能力は危ういと感じた有宇は、封印する意味も込めて治癒を断念。
 いや目は治そうよ!

 

 と思いましたが、もう二度と使わないっていう覚悟なんでしょうね。

 

 合理的ではないですが、そも全てが合理的じゃない。

    有宇『うるさい…! うるさい、うるさい!』

    『お前も僕の敵なのか!』

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

 無意識に書きなぐった文字、大半は嘆きだったが、一部は歓喜する声も。

 

たとえ化物になろうとも
 だが、「能力」=「粒子による脳の病」である故に、過剰に脳に負担をかけすぎた結果
 有宇は徐々に、人格が壊れていってしまう

 

 僕は約束したんだ…、あいつの元に戻るって……、あいつって誰だっけ…?

 

 皮肉な事に「略奪」は加速
 約束だけが焼き付き、寝ても身体が勝手に動く始末

 

 友利を含む全てを忘れてしまっても、約束を果たす、その記憶だけが彼を動かし続ける。

 

 有宇くん、最終話でまで人格崩壊を…。 

    モブ『まさか、死神!?』

    有宇『あぁ~~、死神さぁ!!』

イメージ 19

 それにしてもこの有宇くん、ノリノリである。
 流れ出すBGM!

 

 いや、曲の感じからして、てっきりZHIENDが再登場するのかと思いました!

 

※再登場しませんでした。

    有宇『もう辛いよぉ~、やだよ~、どうしてこんな事をやってんのさ~』

    『もう十分だろう? 僕はもう、疲れたんだよぉ~~~』

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

 地球を乗っ取ろう、マジでやるかと思った!

 

隻眼の死神
 遂に、完全にブッ壊れた有宇は、アメリカやトルコの研究基地など、危険地域にも平気で踏み入り
 無数の能力を駆使し、「略奪」に大暴れ!

 

 なんなんだよ…、まだ頑張れってのかよ……!

 

 最後の防波堤は「単語帳」
 しかし、能力者も、色んな形で存在していたようですね。

 

 トルコはまんま日本の研究所みたいだったし、大人を盾に、奪わせまいとする子もいたり。

 

 対・戦車榴弾RPG)も弾く有宇!

    『いやったぁ! アッハハハ!』

イメージ 26

 が、いつしか疲れきった有宇は「能力」がほぼ使えなくなったのか、ボウガン如きに被弾。
 生命の危機に陥る。

 

 たかだか、数人相手に手も足も出なかった兄といい、原始的なヤツが怖い。

 

 物理が一番怖いのだ…!

    “勇気”の少女『弱いものいじめしちゃ、だめ!』

    ボウガンおっさん『よ、弱いものイジメって…、そいつが何者か知ってんのか!』

イメージ 1

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

 なお、「勇気の少女」のcvは、1月の同社アニメで主演となるブリドカット以下略さんでした。

 

最後の能力
 だが、文字通り「勇気ある少女」に庇われ、有宇はかろうじて正気に戻ると
 彼女から能力を奪い、完遂する

 

 まさか…、最後の能力者の力が…、“勇気”だなんてな………

 

 確かに意外だった。
 有宇は、彼女から「勇気」を奪い家へと帰す。

 

 結果、ボウガン男に追撃を受けて、あわや落命寸前となるのだったが

    隼翼『有宇ーーーーーーーーーーーっ!』

イメージ 30

 連絡が途切れた有宇を心配したのか、ボスである隼翼自ら中国に現れ、無事救出に成功
 こうして事件はハッピーエンドに

 

 また「最後」が中国だった以上、有宇は日本能力者を全滅させ、旅立ったようです。

 

 なら今回、探し当てたのは自力なのか…。

    友利『おつかれさまでした。“約束”、守ってくれたんですね?』

    有宇『ところで…、あなたは?』

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

 ミス・傍若無人から現在へ、感慨深い。

 

実は私は
 やがて、治療され目覚めた有宇は、他人を慮る事も難しいレベルまで人格が初期化されていた
 が、その全てを理解し、友利は彼を出迎える。 

 

 私はですね…、あなたの恋人ですっ!

 

 即座に否定される会長!
 自分でも意外そうに、傷付いちゃったりする会長!

 

 けれど有宇は、そんな風に壊れてもなお、自分との約束を大切にしてくれた。

 

 あの「単語帳」がそれを物語る。

    友利『乙坂有宇くん……、おかえりなさいっ!』

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 38

イメージ 37

イメージ 39

イメージ 40

 外見、特に変わってないですが、ホントに短期間でなんとかしたのね…。

 

これからの記録
 こうして、「能力者」にまつわる事態はひとまず終わり、生徒会+歩未は穏やかな日常に
 今まで、たくさん苦労したのだから――――

 

 これからは、楽しいことだらけの人生にしていきましょうっ!

 

 会長の宣誓!
 また、友利兄にはZHIENDのサインが!

 

 有宇は大きな代価を払った、けれどこれからきっと幸せに成るだろうという話―――。

 

 きっとそういう話!

    こうして、シスコンで愛の戦士だった乙坂有宇は、幸せになるのだった

イメージ 1

 キャスト欄の“勇気の少女”にちょっと笑う。

 

シャーロット
 やっぱり、全能力奪取は“困難だけど、頑張ればやり切れる”という方向性を貫く格好で
 むしろ、能力奪取で「化物」になる代価が問題に

 

 考えてみりゃ、粒子で脳が云々って話だったのはそういう事か、と。

 

 単語帳もあんなに重要なアイテムになるとか
 色々予想外でしたし、ZHIENDは、結局「覚悟」を教える役割、本編に深く関わらないのも意外でした

 

 会長を疑ったり、高城君や柚咲に、何か大きな役割があるんじゃ無いか、と思ってみたり
 色々、深読みしすぎたなー、というのが正直なところ
 本当にお疲れ様でした

 

 てか、有宇くんが「過去」の記憶を思い出せたのって、特に理由は無かったのね!