GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

Fate/kl プリズマ☆イリヤ ツヴァイ ヘルツ!第9話「金色の少年」感想。爆誕、人類最古の“暴走王”! すっげえ!

 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ ヘルツ!(2期の2期)。

明かされた真相! “天然物の聖杯”ってなにそれすごい

イメージ 18

イメージ 1

 ミユの正体、数ある世界で偶然生まれた、“最初から魔力が充填された聖杯”とかいうスゴいのが判明!
 そんな超絶レアを奪い合い、ムチャクチャな受肉を果たした英雄王
 暴走ギルガメッシュと大決戦よ!

 関係ない貴方を巻き込んでごめんなさい…? そんなの、友達に言う台詞じゃないっての!

ツヴァイフォーム!
 暴走王、CG併用のおどろおどろしさがハンパない! デカいスゴいかっこいい!
 対するイリヤは、ステッキ二本の強化形態!

 次回、制作現場は予告すら静止画という修羅場! どんな激しい決戦になるのか楽しみですね!

『安心してよ、僕の体に、恥ずかしいところなんてないからっ!』

イメージ 2

 世界の至宝を見せつけていくスタイル。

天然の「聖杯」
 真相は、「大空洞」がそっくりそのまま平行世界のそれと入れ替わった、という事件だった。
 ミユもカードも、あの術式も全て平行世界のもの
 もう一つの聖杯戦争

 そしてミユは、別の世界における「聖杯」の機能を生まれ持っていた人間、というレアな存在。

 金色の少年は、自分達“クラスカード”も聖杯戦争も彼女の為のモノだと笑い
 ミユを取り込み「実体」を得て暴れ出す

 ミユは、自分が皆を巻き込んだと懺悔、イリヤは「そんなの友達への言葉じゃない」と反撃を開始する!

 次回、最終話「世界の片隅で君の名を(続く)」

カレン『私の役割は“監視”…、この先のことには立ち入りません……』

『だから、私の知っている情報を伝えておきます』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 7

 昔の炭鉱では、カナリア(鳥)を連れて行き、毒ガスのセンサーに使用した(もちろん死ぬ)。

カナリア」のシスター
 カレンの情報に、凛は「大空洞」周辺が、平行世界とすり替わったのはないか、と推論する。
 暴論だが、一番つじつまが合うのだ

 ならば大空洞から「出てきた」ミユ、カードは、平行世界の存在という事になる

 いつもの「境界面」の向こう側
 平行世界から、“大空洞の魔術”と彼女らは現れた。

 そも本作が、「原作」の平行世界であるように、無数の平行世界が存在しているのですから。

 ミユの正体とは―――

金色の少年『これで良い?』

イリヤ『良いワケないでしょーーーーーーーっ!』

イメージ 44

 一方、少年は至宝を葉っぱで隠して見せるのだったが、さすが「人類最古の英雄王」と言えよう
 人類最古の服飾、葉っぱすら着こなすスタイル!

※だいたい紀元前2600年頃のヒトです。

金色の少年『そこらの英霊とは違うさ?』

『ごめんね? 僕の半身は、どうしても聖杯が欲しいみたいだ―――』

イメージ 43

 ともあれ、服を着た金色少年は、前回のアレを“術式の残滓”と呼び、それだけでは足りないという
 彼は英霊、実体を持たない存在が「肉体」を持つ為に
 受肉しようとしている

 その際、理性=少年がイリヤに弾き出された結果、残った部分が大暴走とかいう悲劇。

 受肉完遂の為に“聖杯”を欲する。

少年様『聖杯戦争の続きをするにも、キミがいなくちゃ始まらない』

ミユ『それ以上…、口を開くなッ!』

イメージ 6

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 13

 運命、Fateなstay night。 

聖杯戦争」の根源
 だがその世界では、「器<人造人間>」を作る必要も、「中身<魔力>」を英霊で集める必要も無く
 両方、揃った状態で生まれ落ちたという。

 運が悪かったと思って諦めてくれるかな? これがキミの運命<Fate>だと思って――――

 ミユは「天然の聖杯」。
 少年は、“世界が生んだ規格外、規格外の不良品”と呼ぶ

 聖杯の機能を持つ人間、人格を持った聖杯、いずれにせよ歪んだ存在だと。

 聖杯を求め、巨人は大暴れする。

金色君『やっぱりかぁ、受肉が半端で終わっちゃったせいなのかなぁ?』

『“僕の財宝”の内、武具の大半はあっち持ちみたいだねぇ』

イメージ 11

イメージ 12

 クラスカードもまた、大空洞ごと、ミユと一緒に「こちら」に飛んでくるハズだったが
 世界の狭間に落っこちてしまっていたらしい

 目覚めた彼は、ひとまず「儀式の残滓」で受肉を試みたが、イリヤの妨害で理性だけ弾かれた。

 理性を失った肉体は、野放図に膨張してしまう。

ミユ『私のせいだ…、私がここに来なければ……』

『やっぱり、何も望まなければ…!』

イメージ 14

 しかし、「あらゆる望みを叶える願望器」であるミユ自身が、こんな事を言うのも皮肉なもの
 このモノクロでユニクロの少年は一体…ッ!

 一体、彼は、ナニヤシロウなんだ…!

イリヤ『諦めないで! 手を…!』

ミユ『これが、私の運命…、ごめんなさい、関係ないあなたを巻き込んでしまった』

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

 ごめんなさい、今までずっと……、言えなくて…

ごめんなさい
 やがて、諦めたミユはステッキをイリヤに託し、自身は「英霊」の体内に呑まれてしまう。
 少年曰く、体内深くに囚われたらしい

 怒りなら―――、“僕という理性”を失って肥大化した、哀れなこの僕にぶつけてよ…

 誕生、暴走王ギルガメッシュ
 目的がない“理性”も、そのまま暴走体に合流する。

 自分で“醜い”といっちゃう英雄王!

 いずれにせよすっげぇ!

イリヤ『インクルード!』

暴走王『“レプリカ”じゃ、“原典<本物>”には勝てないよ…!』

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

 怒ったイリヤは、「黒化英霊バーサーカー」の宝具、“射殺す百頭<インライブズ>”を召喚するが
 対する黒王、なんと“射殺す百頭の原典”たる弓矢を取り出し
 あっさり撃退してしまう

 本来、バーサーカーが持っていた「ヒュドラを射殺した」ソレの再現!

バーサーカーは、理性を失っているので使えない。

暴走王『こんな形で、無駄に命を散らすなんて――――、あ?』

イメージ 24

 が、打ち抜かれたのは「無数の分身を作る」、というアサシンの宝具がバケた姿!
 今回は、ステッキ二本あったので!

暴走王『―――驚いた、後一本、ステッキがあったらマズかったかも?』

イリヤ『ミユはどこ!』

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

 真っ向パンチで挑むバゼットさん流石すぎる。

だから何よ!
 だが、ステッキを使い切ったイリヤは無防備となり、駆けつけたクロとバゼットに救われる
 茫然自失に陥っていた

 ミユは、自分ごと壊してって言った…、これが運命、あなたには関係ないことだって――――。

 ショックを受けていたイリヤ
 クロは、その「答え」を出すまで戦ってやると身を投じる

 クロとバゼットアニメ二期で猛威を振るった「敵」コンビも、まったく歯が立たない強さ!

 さすがです醜い怪物王さま!

クロ『――――投影<トレース>、オーバーエッジ!』

イメージ 33

 クロは、英霊“アーチャー”を核にしている為、、双剣「干将・莫邪」を強化するとっておきの技
 二刀の“オーバーエッジ”も扱える
 要は強い!

 のだが、使う間もなく吹っ飛ばされてしまった。不憫。

イリヤ『私が逃げてた時―――』

『ミユは独りで、到底敵いっこない敵と戦ってたんだよね…、どうしてなのかな』

イメージ 34

 一方イリヤは、ミユがわざと自分を叱責し、戦場から遠ざけてまで独りで戦ってくれたとき
 一期でのバーサーカー戦を思い出す

 イリヤは、初めての友達だから

 ミユの相棒サファイアは、彼女がそうした理由を聞かせてくれる。

暴走王『どうにも、身体が大きくなると、攻撃まで大雑把になっていけない』

『でも、どうせなら――――』

イメージ 35

 と、イリヤが青春の悩みに納得していた頃、デカピカ王ってばノリノリであった。
 デカいと大雑把? 逆に考えるんだ

 でも、どうせなら…、もっと大雑把にいこうかッ!

 やだカッコイイ!

クロ『何してるのイリヤ!? あんただけでも、飛んで逃げなさい!』

イリヤ『逃げられないよ…』

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 1

イメージ 41

 あたしのしなきゃいけないことがわかった…、ミユを絶対に……、ひっぱたく!

横っ面をひっぱたく勝利の女神
 イリヤの結論、ミユ自身、ちゃんと「イリヤを友達だと思ってくれていた」と再確認した事で
 彼女の腹は据わった

 関係ない貴方を巻き込んでごめんなさい…? そんなの、友達に言う台詞じゃないっての!

 結論☆怒り!
 友達なら、むしろ積極的に巻き込めという所存!

 怒りのイリヤカレイドステッキ」を、二本同時に使用する荒業で対応する!

 あのクソデカ宝具剣を両断って、なにそれこわい!

次回『ルビー…、筋肉も、血管も神経も“私の全部”を使って!』

イメージ 26

イメージ 42

 エンドカード今週の七人の作画監督の一人、古谷梨絵さん。七人の作画監督!!

大暴走の大英霊
 いや、正直なぜギル様が暴れているかは、正直よく解らないといえば正直そうなですが
 理性に対し、身体が肥大化しすぎちゃったからね
 仕方ないね

 CG併用、原典ナインライブズで迎撃とか、デカ剣とか超すげー!

 醜くてもかっこいいぜギル様!
 対し、なんかすごくヒーローっぽくなったイリヤさん、大逆襲開始で最終回!

 次回、最終話「世界の片隅で君の名を(続く)」