GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

Charlotte -シャーロット- 第十二話「約束」感想、たとえ化け物になろうとも♪

その解決策! センスがある…、のか? 始まりと帰還の約束

イメージ 28

イメージ 1

 で、最終話が「これからの記録」ってワケね。あまりに地道で困難で、選択肢として予想外すぎる!
 主題歌、サブタイや予告とも合致するチョイスですが
 まさかソレを選ぶとは。

 いずれにせよ、能力が思春期と共に消える以上、“結果”はそう遠くないって事なのか。

隻眼の乙坂有宇!
 堕落回で、冗談として言った「隻眼」、まさか有宇自身に帰ってくるとはと思うと
 なんかちょっと笑えますね。

 無謀の極みの、そのまた更に上の無謀の無策ですが、なんとかして帰ってくるのでしょうか…?

七野『そりゃ痛いだろう、手術からまだ二日しか経っていない』

イメージ 2

 つまり兄が知る日本全国の能力者にすら、高度な「治癒」は居なかったらしい。

ぶっちゃけ力技です
 遂に、世界中の能力者たちが立ち上がり、テロによって自分達の自由を守ろうと動き始めた。
 有宇は、こうした「能力者の問題」をなくしたいと願い
 友利に策を授けられる

 有宇が世界中の能力を取り込み、次回の発症は、ワクチンで抑えれば良いのだと。

 有宇は友利に愛を告白
 彼女を守る為に、それが最善ならやってみせると誓った。

 友利はなら帰ってきたら付き合いましょう、だから、必ず帰ってきなさいと約束する。

 次回、第十三話「これからの記録(完)」

有宇『何故、兄さんが居ない…?』

七野『おい、殴らせてくれ!』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 いやいや、独りで送り出したのはアンタでしょ! ツッコまれてましたが!

我、他人を想う
 あれから兄は塞ぎこみ、「元凶の癖に生還した」有宇に、七野は怒りを隠さなかった。
 あの組織は、記憶消去で退場との事

 一度、歩未の死で絶望した有宇は、兄も同じ気持ちなのだと察する。

 また「自分が死んだ」場合、歩未を悲しませるのだ
 と、より深く思うようなっていた

 人間が居なくなる、その波紋を有宇はとっくりと考える。

高城『お久しぶりです!』

有宇『高城…、確かに、すごく久しぶりな気がするな』

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

 的確に、視聴者と同じツッコミを入れる有宇くんさすが。

わんこそばのように
 また、高城くんは牛タンカレーを、柚咲はクリームシチューを振舞ってくれ
 病床の有宇君、大感激であった。

 てか有宇君、素直すぎて別人みたいッスよ!?

 高城の「あーん」にノーツッコミだと!

柚咲『ゆさりんのクリームシチューは、元気の源として重宝されているのです!』

有宇『(そんな意味があって、あの日、作ってきてくれたのか……)』

イメージ 10

 クリームシチューは、歩未が死んだ時も、彼女が作ってきてくれたものだったけれど
 実家で「食べると元気になる」と、大ウケだったらしい
 改めて気遣いが身に染みる

 というか、ファンが見たら憤死しかねないシチュエーションである!

 有宇くんってば、色んな意味で美味しい。

有宇『“ミサ”―――、人は死んだらどこへ行く?』

ミサ『さぁな、あたしはまだ“ここ”にいる。柚咲の能力が消えるまではな』

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 16

 ゆさりんの霊媒」って、成仏しちゃった人は呼び出せないらしい…?

会いに行けよ
 今回、自分と熊耳の死を思った有宇は、「まだ大切な人と話せる」大切さを思うようになり
 まだ家族と会える、そう“ミサ”の背中を押した

 ミサは柚咲の仕事を利用し、蕎麦屋を営む両親と別れを交わす

 平凡すぎてコンビニでも食える
 なんて言いだした時は、ホントどうなるかと思いましたが!

 ミサ、きっと昔からそう思ってたんでしょうね、「有宇くんと秘伝ソース」みたいに。

 でも今なら、親の愛情が解る。

ミサ『美味しいです―――、ごちそうさまでした』

イメージ 15

 今度こそ両親と別れを交わすミサ、思えば「成仏」への流れだったんですね。
 いい笑顔でした…。

 実家、ファンが詰め掛けて大変そうですけれど!

歩未『本日は、有宇お兄ちゃんの十六歳のお誕生日なのですぅ♪』

『なので、久々に腕を振るったのですぅー!』

イメージ 37

イメージ 17

イメージ 18

 三度目の「あーん」、ここで照れる有宇君、お兄ちゃんの鑑

愛情の隠し味
 また、久々の歩未特製オムライスを「美味い」と感じ、そんな自分自身に有宇は驚く。
 味は変わっていないのに、美味い

 こんな感想しか言えないなんて、人の事を言えないな…。

 大事なのは双方向
 相手の隠し味、そんな気持ちを感じ取る事。

 そこに込められた気持ちを知り、有宇くんは美味しく平らげるのだった。

 まったくイチャイチャと!

有宇『(あの時の、僕と同じだ……)』

イメージ 19

 一方、兄は六話の有宇と同様に落ち込み、かなり衝撃的な情報をもたらす。
 海外では、能力者テロが一斉蜂起したというのだ。

 前回の件とはまた違う、能力者たち自身による「自衛」の反乱

 そりゃ雪崩を打って起こるでしょうな。

友利『お久っす』

有宇『と、友利!?』

イメージ 20

 そんな日々の中、有宇君、ちょっと会長の部屋には行きかねていたんですが
 当の本人が、あっさり来室するファンサービス
 不意打ちだな!

 有宇君は、この先どうしたら良いか、切羽詰って会長に訪ねる

 テロは波及するし、有宇を狙う犯罪者も来るし、頼みの兄さんは腑抜けになったし……!

友利『―――1つだけ、方法があります』

『あなたが、今現存する能力者、発症する力を全て奪えば終わります…』

イメージ 21

イメージ 22

 ぶっちゃけ、力技です。

あなたにしか出来ない
 会長の答えは、「次の彗星」をワクチンで防ぎ、現存&発症する能力は全て有宇が奪うという
 最高にロックで、力技な方策だった。

 これは、有宇にしか出来ないし、今の有宇になら話せると。

 そのチョイスは無かった!
 が、タイムリープを封じられた今、他の方策は…?

 とりあえず眼球移植とか…。

 会長自身、これは無謀だから止めよう、と会話を打ち切るのだったが

有宇『お前が、それしか無いというのなら。今度は、僕がお前を救いたい』

『お前が、好きだから』

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

 有宇くん真顔、超真顔。

いつもの二人
 有宇は、お前が好きだ、自分にお前を救える手段があるなら、成し遂げて見せると真顔で告白。
 会長、呆然…、からの口喧嘩!
 しかしやがては

 それは奇特な方で…

 呆れるように、彼の勢いを受け止める。

友利『だったら言いましょう、“待ってます”と』

『全ての能力者を救い、もう一度会える事を…、その時、私達は恋人同士です』

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

 有宇を狙うなら会長を人質に、という事態は変わりません。急げ!

嘘ついたら指つめろ!
 やがて、会長は「成し遂げたら付きあいましょう」と約束し、彼の背中を押す格好となる
 たとえバケモノになろうとも、成し遂げる…!

 では約束、帰ってくること。もう一度会いましょう? 絶対です!

 恋人っていうか……、戦友みたいな?
 そんな感じの恋愛契約

 やがて、「能力」も明け渡し、有宇の計画を始動させる役割をも担う。

有宇『だから俺は行くんだよ、これ以上、大事な人を不幸にしない為に』

『それは熊耳さんを失った兄さんだって、同じでしょう』

イメージ 31

イメージ 32

 当然、兄は無謀だと言い募るが、熊耳の思いを盾に押し切ると、他組織を狙うよう助言をしてくれた
 組織クラスなら、「能力探索者」が絶対にいるハズだと
 狙えば効率が良くなる

 日本は押さえ込んでおく…、そのくらいできないと、アイツに顔向けできないからな?

 兄さんカッコイイ!
 でも、それよりまず護衛手配とか眼球の移植とか……。どうなの!?

高城『乙坂さん、絶対に戻ってきてくださいね?』

『同じ病を持ち、苦しみながらも共に過ごした“友達”なのですから!』

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 1

イメージ 35

イメージ 36

 ミサもまた、「ずっと傍に居たんだ」だったんですよね。

行って来ます
 同様に、残る高城と柚咲とミサの能力をも貰い受け、ミサを成仏させると共に
 柚咲にこれまでの事情を話した。

 不安だ…、不安だらけだ……。でもやるしかないんだ、僕にしか為せない事なんだから……

 会長にプレイヤーを手渡し
 いずれ、必ず戻ってくる約束を重ねる有宇君。

 しかし相手は全世界、会長が徹夜した英単語帳といえど、英語圏以外は…!

 厳しい戦いは、こうして始まる…!

次回、無謀すぎる戦い、これからの記録、最終回!

イメージ 15

イメージ 7

イメージ 23

 今回、本当の意味で「有宇は、他人を思えるようになった」んだなって思うと感慨深い。

力技ってレベルじゃねえ!
 やはり、肝は「世界中から能力者をなくす」事で、能力者問題をなくすという戦いに。
 しかしこの選択、確かに意表を突かれた!
 それは確かなんですが…

 あまりに無謀すぎますが、劇中は「やれる」と確信、これはやり遂げる流れか?

 むしろ、結果「有宇がバケモノになる」事こそ
 問題視しているレベル。

 そっちか!

 次回、第十三話「これからの記録(完)」
 冒頭で帰ってきたりしてな!