GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

アイドルマスター シンデレラガールズ 第23話「Glass Slippers.」感想。ガラスの靴を履く資格

 第2話は10月2日に延期、最終話は、なんと10月16日へ大延期!

「頑張ります」には果てが無い。だから、そこに「逃げて」はいけない…!

イメージ 30

イメージ 27

 傍から見れば、みんな一緒に走ってるのに、当人は一周遅れだと錯覚してしまう卯月さん
 迷走や暴走しがちな面々で、いつも変わらない安心印
 だから溜め込んじゃうのが怖い…

 笑顔なんて、笑うなんて、誰でもできるもん…!

ごもっとも…!
 自分の、長所や相対的な実力を認めきれず、そのまま振り出しに戻ってしまうという辺り
 こうくるのか、って感じもありましたね
 笑顔の価値は証明済み

 凛自身、卯月に引かれてアイドルになったんだって思い出しました。

島村卯月、がんばりますっ!』

イメージ 2

 その笑顔に、Pもつい信じてしまうのだったけれど…。

シンデレラの資格
 卯月が、凛たちの個別活動を通じ感じていたものとは、自分に「長所」がない事だった。
 彼女は特訓所に戻り、自分の初心を見つめなおすが
 時間ばかりが過ぎてゆく。

 遂に自分には、まだアイドル早かった、と「舞踏会」不参加を結論。

 だけど、「誰でも出来る」と卯月が嘆いた“笑顔”こそ
 凛を惹きつけたものだったのだ

 凛と未央の激励、Pの信頼、決意した卯月は346プロに顔を出す―――――。

 次回、第24話「Barefoot GIRL」

P『基礎レッスンをやり直したい、との申し出がありましたので―――』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 今週、Pもホント男前だった。

臨時編成
 Pは、卯月の成長に「小日向さんとの新ユニット」が役立つ、そう思い彼女を組ませたのだが
 卯月自身は訓練所戻りを希望、受諾する事に

 その間、「彼女の居場所を空けたままで」いられるよう、苦慮するP。

 まさかの訓練所
 シンデレラ達、困惑であった。

 凛や未央も、卯月の様子が普段と変わらないと感じ、安心しようとするのだが―――

卯月『ここに来ると、何だか落ち着きます―――』

イメージ 6

 彼女にとって、ここは出発点、悪く言えばどん底で「頑張れば上を目指せる」希望があった
 そう、私は感じました

 早く復帰できるよう、頑張ります♪

 その原点に立ち戻れば、もっと頑張れるんじゃないかって。

智絵里『町の声を一杯集めちゃいます♪ レポーターの緒方智絵里と』

蘭子『我が名は神崎蘭子! 嘆きの声に打ち震えるがよいっ!』

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

 Pちゃんによる、代役レポーター・蘭子とかいう冒険的采配。挑戦です!

それぞれの日々で
 しかし、「皆に追いつこう」という卯月の頑張りは、逆に周囲と距離を作っていったようで―――
 アイドルとして、皆が確実にキャリアと挑戦の場を得る中
 卯月はずるずると後退する

 意外と、抱え込んじゃうタイプなのかな………

 とは未央の談。
 何も言わず、特訓していたことがあった。

 何か思い悩んでも、卯月は他人に言わず、何とかしようするとするタイプなのか、と。

 しかし小日向さん、良い笑顔ですね!

千川ちひろ『――――おつかれさまですっ』

P『おつかれさまです』

イメージ 12

 というワケで、またも凛がPに殴りこんだかと思いきや、普通にちひろさんが登場。
 プロデューサーは、荒療治を思い立つ

 ここで、敢えて「new generations」ミニライブを企画するP!

 プロデューサーさんっ! 荒療治ですよ荒療治!!

卯月『改めて、レッスン始めてみて―――』

『改めて、まだまだだなぁって…、出来ないこと、こんなにあるんだって…』

イメージ 13

イメージ 14

 できなくて当たり前、という視点が欠けてしまう努力家。

雪だるまのように
 だが、訓練に集中した卯月は「実力不足」を鮮明に感じ、完全なスランプに陥ってしまっており
 久々のニュージェネ・ライブも断る

 いつもの様子と違う、と、感じることがありました…、new generationsが個別の仕事を、始めた頃から……

 二人は他の可能性を見つけた
 翻って卯月は、自分に誇れるものが無いと感じてしまう。

 遂には、ステージにすら立てなくなる卯月…!

加蓮『歌詞も忘れるくらい、気になってるんでしょ?』

奈緒『ニュージェネは、あたし達にも大切な存在だからさっ!』

イメージ 15

イメージ 16

 そうして、「個別活動辺りから」「卯月がいつもと違う」、と聞かされ思い悩んだ凛は
 トライアドの二人、加蓮と奈緒に背中を押され

 あの時とは、違います。

 ニュージェネの絆を信じてくれたPに応え、未央と共に走り出す!

卯月『――――だから、私も追いつけるように、もっともっと頑張って…!』

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

 つい口をついた言葉が、そのまま答えになっちゃうことってあるよね…。

「一周遅れ」の錯覚
 だが、「ニュージェネを疎かにして悪かった」と謝ろうとした凛たちに、卯月はそうじゃないと返す
 原因は卯月自身、言い募ると答えが出た。

 そうです! きっと早かったんです…、私にはお城の舞踏会なんて……。

 卯月が感じていた劣等感
 彼女は、舞踏会に相応しくないと勝手に結論。

 愕然とする二人に、今やるべきは、基礎だ「頑張る」と言い募り―――

凛『誤魔化さないでよッ!』

イメージ 20

 出られないのは自分が悪いんだ「頑張る」と、と言い募る卯月に一喝!
 いい、声でした…。

 ガチだった。

凛『嘘の笑顔なんて見たくない!』

『トライアド、賛成してくれた…、あの言葉も、笑顔も、ウソだったの…?』

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 1

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

 そうですよね、一話の頃は、卯月ちゃんが我知らず引っ張ってて。

見えないもの
 卯月は、「出られない」理由、自分にアイドルとしての取り得が無い、見つからない悩みを叫ぶ
 プロデューサーは、笑顔だと言ってくれたけど

 笑顔なんて、笑うなんて、誰でもできるもん…!

 ごもっとも…!
 ですが、その言葉は凛には通じない。

 だって凛は目標がなくて、、卯月の笑顔に憧れて、彼女の見ている景色を目指したのですから

 楽しそうに頑張る笑顔に、惹かれたのですから。

未央『しまむー、どんな時も笑って、頑張りますって言ってくれるって…』

『そんなワケ、ないよね…、ごめんね。気付けなくて―――』

イメージ 30

 未央もまた、卯月がいつも笑顔でいてくれることに、安心しきっていた事を謝る。
 中身が、フツーの女の子だと気付けなかった
 友達と言えない 

 卯月…、待ってるから

 凛は待つ。
 未央も、友立ちになりなおそうと語りかけと、立ち直ることを信じる。

P『島村卯月は、シンデレラ・プロジェクトに必要なメンバーです』

『私は彼女を待ちます、いえ、待たせてください』

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

 一期一話を思い起こすと、ホント路線がシリアス中心になったなー、とも思う。

ガラスの靴を履く資格
 無論、各部署を俯瞰する立場に立つ美城常務は、卯月の悪影響を指摘するのだったが
 現場側のPは、必ず戻ってくると信じる

 かつて未央が去った際、トラウマの再発で手をこまねいたP。

 だが今は、帰ってくると信じる!
 Pも成長している!

 信頼に応え、卯月も決然と戻るのだったが―――?

次回、“裸足の少女”。残り2話は、事実上の延期に!

イメージ 7

イメージ 8

 卯月の成長の為に、とPが選んだ小日向さん。ホント良い笑顔よね。そして蘭子絶好調よね!

シンデレラの24時
 魔法が解けて、自分にはシンデレラの資格が無いと思い悩む卯月。
 でも、その資格は友達である凛が知っていて
 未央が信頼してくれる

 ついつい、果てしない「努力」に逃げようとする卯月に、一喝する凛の声がガチだった!

 一話の頃は、凛こそ打ち込むべきものがなかったんだよなーって
 原点回帰もしちゃいましたね。

 なお次回は10月2日に事実上の延期、最終話は、16日へ大延期となるそうだからちきしょう!

 次回、第24話「Barefoot GIRL」
 24時だものね!