GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

Fate/kl プリズマ☆イリヤ ツヴァイ ヘルツ!第8話「監視者」感想 触っちゃった握っちゃった! ってナニを!?

 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ ヘルツ!(2期の2期)。

シリアスがどっかに行くスタイル。金色の少年、もう一つの聖杯戦争

イメージ 13

イメージ 38

 いやー乱世乱世、遂に推測がなった「クラスカード」の正体、黒ピカ様の受肉が描かれる回!
 というか、イリヤさんのステップアップ回ですね!
 握っちゃったよ!

 アインツベルンのモノとは別の、“もう一つの聖杯戦争”が存在する――――。

×××キャッチ!
 Fate名物、「心臓キャッチ」ならぬ×××キャッチ、本作ホントに最低ですね!
 勇ましく戦うイリヤ、カッコ良かったですけど!

 どういう存在かは見ての通りですが、cv関さんじゃないキンピカって、なんか面白いですな。

ルヴィア『まさか、最終手段を“こちら”で使う事になろうとは――――!』

イメージ 2

 漆黒の英霊に、施工主バゼットさんは穴を崩落させるのだが…?

存在しないハズのモノ
 これまで迎撃以外に積極的に行動せず、理性が無い、と思われていた「黒化英霊」だったのだが
 自ら鏡面界を出た「アーチャー」は、意図を持って行動を起こす

 彼が、十年前に終わったはずの儀式、円蔵山に向かった事にクロは仮説を立てた。

 クロ達が知る「聖杯戦争」とは別の
 しかし、同質の儀式が存在し、黒化英霊を突き動かしていると。

 アーチャーは、存在しないはずの魔法陣を発掘、自分を核になんらかの「儀式」を起こし始める。

 焦燥したイリヤは体当たりするが、「金髪の少年」をはじき出しただけに終わり
 黒化英霊は、儀式を完遂してしまう―――?

 次回、第9話「金色の少年」

ミユ『攻撃、してこない…?』

凛『―――なんてこと、敵が、町に…!?』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

 核兵器じみた描写など、インド神話はマジぱない。

インド神話より
 さすが黒ピカ王というべきか、次元の壁を宝剣で切り裂き、黒い「ヴィマーナ」で悠々と脱出
 警戒するイリヤ'sを他所に、何かを目探しする。

 問題は、黒ピカ王の行動に、明らかに「意思」が感じられるという事だ。

 他の黒英霊とは明らかに異なる
 が、中空にあっては、英霊殺しバゼットですら手が出せない―――。

 というか最初から使っていれば、某正義の味方を含め、殆どの英霊は対抗できないという要塞宝具!

 最初から大ピンチであった。

???『――――豚の鳴き声がするわ』

凛『はぁ!?』

イメージ 9

イメージ 10

 だが、保健室の人格破綻シスター・カレンが現れ、「街の人はすべて眠らせ」「他所から寄りつかぬ」よう
 結界を張っていた、と全員に明かす

 観察し、思考し、行動なさい―――、あなた方にできる事なんて、それだけでしょう?

 口は悪いが助言は適切、という厄介な人種。

イリヤ『カレン先生―――、スカート、穿き忘れてませんか!?』

カレン『これは、ファッションです!』

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

 カレンは凛やバゼットとは別の組織、「聖堂教会」から派遣された監視者、事態のもみ消し要員。
 そして、「正装」ではスカートを穿かない
 独特の女性であった……
 
 なお出典はバゼット同じく、原作のファンディスク「Fate/hollow ataraxia

 この格好にも、意味があったりする。

ダメット『問題はありません、私は“海の家<ここ>”の方々に雇われていました』

『―――日本の格言によれば、社員は家族!』

イメージ 14

イメージ 1

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

 いやそのりくつとこういはおかしい。

不法占拠で一休み
 ともかく、黒ピカ王に動きが見られないことから、バゼットの手配で海の家で一休みする事に
 そして、魔力補給する事に

 解んないの? 解んないフリをしているの…? ホントしっかりしなさいよ

 問題は、アレが「聖杯」と口にしていたこと
 聖杯戦争は終わった事

 この矛盾と、ミユが何かを抱え、それをイリヤが聞き出せないでいるという事――――

 いやー乱世乱世。

イリヤ『きゃーーーーーーーーーーーっ!?』

出歯亀カレン『気にせず続けて?』

イメージ 21

 そんな、チュッチュする二人を、実に堂々と見つめていたカレンさんマジぱねえ。
 心臓に毛が生えてる!

 そんなカレン、黒ピカ王の「動き」に気付いたという。

カレン『何かを探している…、アレの“目的”を推定できそうな情報は?』

バゼット『―――聖杯、と、発声しました』

イメージ 20

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

 監視者カレンによれば、聖杯の残骸は機能していないという…?

もう一つの聖杯戦争
 十年前まで、聖杯戦争」という儀式があったが、イリヤの両親が破壊し終結させた。
 黒ピカ王の狙いは、その残骸――――?

 アインツベルンのモノとは別の、“もう一つの聖杯戦争”が存在する――――。

 もう「聖杯戦争」は起こせない
 また彼は、その鍵であるイリヤとクロに見向きもしない。

 これらの状況から、クロ達は仮説を立てる。

 似ているだけの別物だ、と。

イリヤ『――――こんなの、無茶苦茶だよ!?』

ミユ『地表が蒸発して、大空洞がむき出しに! 下に…、何か!』

イメージ 27

 一方、現着した黒ピカ王は山を吹き飛ばし、儀式を行う魔力溜まり「大空洞」を露出
 そこへ降り立つと、さらに宝剣を抜く!

 さすが黒ピカ王、やることがいちいちデカいぜ!

 柳洞寺の人たちは無事なの!?

ミユ『そんな、どうして……、どうしてここにあるの……!?』

イリヤ『魔法陣!? 大空洞の地下にこんなものが!』

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

 突っ込むイリヤさんカッコイイ!

ここにあったモノ
 ともかく、黒ピカ王は「魔法陣」を発掘・起動させ、なんらかの現象を起こし始めていた。
 これを、直感的にマズいと感じ―――

 早く、この儀式を止めなくちゃ……、早く、早く、早く……!

 イリヤさん無茶しすぎィ!
 噴出す魔力、打ち払おうと奮戦する二人!

 イリヤも作画もカッコイイ!

 だが―――

イリヤ『何これ、まさか、間に合わなかっ……、たぁ!?』

??『―――あらぁ?』

イメージ 33

 徐々に、白く変わっていく黒英霊に突っ込んだイリヤ、「少年」を押し出してしまう。
 お互いに想定外!

ミユ『敵は“渦”の中に健在! 失敗? なら、アレは……? イリヤっ!』

イリヤ『アレ…、なんか、手に柔らかいモノが……?』

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

 痛ぁ~、キミ、もうちょっと優しくしてくれないかな? その左手のモノも含めてね?

その手に掴んだモノは
 さて、黒い英霊からはじき出されたのは金髪の少年、彼は事も無げに笑う。
 イリヤは、彼の至宝を掴んでしまい――――

 触っちゃったさわっちゃったサワッチャッタ! 握っちゃったよーーーーーーーーっ!?

 ひどいじけんだったね。
 さすが少年王、出会い頭のセクハラとは好き放題だ!

 呆然とする二人も可愛かった!

 ともあれ決戦だ!

次回『ダメ、だったんだ……、これが私の、運命―――』

イメージ 39

イメージ 1

 エンドカード今週の総作画監督の片割れ、五人の作画監督の一人、澤入裕樹さん。多いよ!

ファンディスクの英霊
 いやー、予告で既に色々見せちゃってますが、黒ピカさまからショタ金さまが分離。
 彼もまた、「Fate/hollow ataraxia」が初出のキャラ
 cv遠藤綾さん

 いよいよ核心に触れ始めつつ、イリヤもミユも大混乱でしたね!

 でも、世界の至宝を握った手で握られたんだから
 ルビーも大変だわ!

 次回、第9話「金色の少年」