GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

アイドルマスター シンデレラガールズ 第22話「The best place to see the stars.」感想。トライアドプリムス最高! からの!

「頑張ります」の呪い! 卯月シナリオ、過酷にスタート!!

イメージ 30

イメージ 25

 全般、先輩になった凛が本当にカッコ良くて素敵だと思ったら、成功をPに褒められた笑顔がまた…!
 手書きの本領、トライアド・プリムスのステージが最高!
 曲も、視点の動きもダンスも素敵!

 しかし「頑張らなきゃ」に縛られるしまむらさん…、ステージや成功、盛りだくさんな山場!

「驚く」常務
 また、ラストで島村さんが追い詰められた時、「驚いてた」常務がすごく印象的。
 彼女らしくないというか。

 いわば「敵」である常務ですが、最後のシリーズ、そこでどんな役割を果たすのでしょうか?

秋のアイドルフェス、冒頭からスタート!

イメージ 2

 アーニャさん、初のソロ活動、冒頭から最高の笑顔だった!

絆の場所にて
 346プロ、秋のアイドルフェスは「Krone」のお披露目も兼ね、盛大に開催されたのだったが
 肝心のKroneの一人、鷲沢文香が倒れ
 一時中断を余儀なくされる

 が、「グループ」として先達であるCP、現場のPが奔走することで持ち直しに成功

 これには、常務も彼女らとプロデューサーを認めざるを得ず
 秋フェスの試験はクリアに

 だがKrone成功が、ますます凛をニュージェネから引き離す事が、卯月に大きなショックを与える。

 次回、第23話「Glass Slippers.」

美波『シンデレラ・プロジェクトぉ~、ファイト・オーっ!!』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 美波さん、すっごくリーダーしてた! リーダー的存在だった!!

ゴー・ファイト!
 早くも、秋フェスの真っ最中からのスタート、今回は野外でなく大規模な施設を用いて開催!
 なんとも、常務らしいチョイス。

 魂を…、輝かせてきてください。

 今週の見所!
 会話を、ランランに合わせるプロデューサー!

 いつもの「困ったな」って仕草から、何を言うのかと思ったら!

 ふふんと応じる蘭子も最高に蘭子弁でしたねー。

本田『本当の事を言うと、ニュージェネとして出たかったな…。でも』

イメージ 7

 そんな賑やかなCPチームから離れ、シリアスに支度を待っていた「Krone」凛ちゃんさんに
 未央は本音をぶっちゃけ、そして感謝を告げる

 残念だけど、でも、おかげで新しい世界を拓くことができたから!

 重石を取り除くスタイル!

卯月『―――凛ちゃん!』

『ステージ、頑張ってくださいね! 私も頑張ります♪』

イメージ 8

 一方、同じく裏方を務めているしまむらさんは、どことなく何か言いたげな雰囲気。
 というかトライアドの二人、奈緒&加蓮も少し辛そう
 いや、顔合わせづらいですよね

 なんでしょう…、緊張してるのかも

 まだまだ、無自覚な傷み。

部長『それぞれの良さがよく出ている…、これが、パワーオブスマイルかな?』

常務『―――成程、“素材としては”一定の強度があるようだ』

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

 前期ラストの合同曲、GOIN'!!!が背景扱い…、なんだか面白い。

冠の重さ
 とまれ、参加したシンデレラプロジェクトの面々はイキイキと演じ、会場を沸かせてゆく。
 Pの方針、個性を生かす“パワー・オブ・スマイル”
 絶賛大成功!

 が、Kroneの一人、線の細い鷲沢文香が倒れ、ステージは一時中断に。

 通常、ここは「プロデューサー」に頼む場面
 が、彼女らのPは雲の上

 担当Pである、美城常務と連絡が取れず、Kroneはますます混乱に陥っていく。 

 常務、門外漢であるツケが出た…!

P『出演順を入れ替えて、トライアドプリムスが先に出る事は、可能ですか?』

凛『―――イケる!』

イメージ 13

 そこで、「凛のP」であるプロデューサーが頼む格好で、トライアドプリムス先行に決定!
 凛ちゃんさんカッコいい!

 しかし、曲やステージのセットを動かすには、もちろん時間がかかる

 そこで買って出るワケよ!

未央『私に何か、できることあるっ!?』

みく『会場のみんなー! どーお? ライブ、盛り上がってくれたかニャー?』

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

 華麗なエアギター!

先輩たちの経験則!
 今回、フリーである未央が連絡役となり、シンデレラPが「場つなぎ」役を買って出ると共に
 未央と卯月は、奈緒と加蓮を訪ねる

 ところで、二人はフライドチキンの素晴らしさを知ってる?

 緊張した「新米」にアドバイス
 以前は、背中を押してもらった三人が、今度は背中を押す側に! 

 もちろん、凛も緊張してないワケじゃないが―――

『もちろんです。私は、あなたのプロデューサーですから』

イメージ 18

 何のてらいもなく、ガッチリ応じるプロデューサー、二人の関係変化が心地よい!]
 成長、総決算って感じの回!

『いくよ!』『『うん!』』

『『『チョコ、レイ、とぉーーーーーーーっ!!』』』

イメージ 19

イメージ 1

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

 ありすで良いです、の二人も良かった!

トライアドプリムス!
 やがて、踏み出した三人のデビュー曲、これまででも一番じゃないかって演出でしたね!
 動くだけじゃなくて、カメラワークもすごく良くて
 息を飲むくらいだった!

 また、「チーム」としては先輩であるシンデレラ、Kroneにアドバイスも。

 選抜アイドルだって、まだまだ発展途上
 ユニットとしては新米!

 今回の件は、Krone全体がチームとして機能し始める、結束の試練に!

凛『あ…、プロデューサー、どうだった?』

P『良い、ステージでした』

イメージ 28

 ある意味、「外敵」ですらあったKroneと、仲間となっていくシンデレラたち。
 そこで、Pの評価に目を輝かせる凛ちゃんさん
 すっごくキレイだった!

部長『良いもんじゃないか、“ここ”からアイドルを眺めるのも』

『上からしか見えない景色も美しい、だが―――』

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

 Kroneも、チームになった感じが良かった!

星を見るのに最高の場所
 また、結果的に「裏方」を訪れる事になった常務は、部長に現場の良さを語られ、考える事に。
 ここにいるからこそ、感じられるものがある

 何かを夢見ている者同士の、絆の力が、あの華やかな舞台を支えている――――

 常務は、「結果」を評価し、良いものだけを選り出した。
 でも、それでは見えないものがある

 その結果を、華やかなものを生み出しているのは、夢見る者同士の結束なのだと。

 常務は、ひとまず「秋フェス試験クリア」で応じる。

卯月『――――私、頑張りますっ!』

イメージ 33

 ともあれ、第一関門突破に沸くシンデレラ達は、凛とアーニャのKrone続投も笑って了承。
 いまや、Kroneも仲間の一部みたいなもの
 応援は当たり前!

 けど、「ニュージェネ一本」という当たり前が、戻ってこなかった

 その事に、しまむらさんは強いショックを受け…?

凛『最近、(卯月と)話せてなくて…、これって私のせい!?』

P『今の島村さんには、小日向さんとの活動が、必要だと思います』

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

 お仕事が楽しい、そう笑える小日向さんの強さ、それが卯月に欠けているものか…?

「頑張る」の呪い
 やがて、小日向美穂ちゃんとの新ユニット撮影中、卯月の爆弾は炸裂する。
 笑えなくなってしまったのだ

 トレードマークの笑顔、頑張ります、両方が破綻する卯月…!

 見かねたPは休養を。
 が、それは「役に立てていない」とも感じられたのか、更なる絶望を与える。

 こんな、ぎこちないしまむらさんだと…!?

 時計の針は「12時」へ!

次回、シンデレラにとっての12時、魔法は解けてしまう…?

イメージ 1

イメージ 20

イメージ 21

 トライアド・プリムス、すっげー良かった!

魔法が解けて
 今週で、常務との対立状態もヒト段落といった感じ、Kroneの面々もすごく緊張していて
 仲を深める姿、すごく良かった!

 常務も、上から眺める「きれいな舞台」だけじゃない、と感じる一幕。

 口の上では変わりませんでしたが
 けど、いっそう頑なな感じになってしまった辺りが、むしろ良かったと私は感じました。

 彼女は確固たる信念があって、それと覆すものに出会ったような感じ。

 次回、第23話「Glass Slippers.」
 ガラスの靴…?