GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

乱歩奇譚 Game of Laplace ♯10「変身願望」感想、死ぬには良い日だ(暴動)

やはり、ナミコシ少年が本当に欲しかったものは…。次回、最終回!?

イメージ 40

イメージ 1

 全てを予測する数式、その欠陥とは「製作者の死」、アケチとナミコシ、いずれかの死へ加速する前夜回!
 あの十字傷、ホントに「アニメを真似て」面白半分でヤられたとか
 いちいち悲惨すぎる!

 ご覧? 死ぬには良い日だ…………。 

東京心中
 ラスト、暴動に包まれたどうしようもない街を、硬い表情で評するナミコシ。
 あれが彼の望んだ光景…?

 謎めくラスト、ちょっと早いけれど最終回が楽しみ!

ハシバ『収拾されるハズだった事態は、混迷を見せ始めていた……』

イメージ 2

 二十面相は、自身の復活、「抑止力アケチ」の完敗を見事に演出する…!

死に至る数式
 三年前、本物の二十面相の休止と同時期に、炎上自殺したナミコシは都市伝説と化していた
 彼が復活し、“抑止力”アケチを出し抜いた事は
 二十面相復活を印象付ける

 全ては、この復活劇で「二十面相支持」を引き上げ、悲劇を起こす為だったのだ。

 ナミコシは長々と「動機」を語った
 諒解したコバヤシは、彼と「二十面相ら」と共に自殺すると宣言。

 全ては数式完成、社会の変質、数式の有用性の実証、アケチと過ごした日々を証明する為に。

 次回、♯11「白昼夢(完)」

コバヤシ『何故、ボクを誘拐するんですか? ナミコシさん?』

十字傷の男『へえ…、キミは僕を知っている、それに驚くそぶりも無い』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

 この時は、ナミコシの目的が解ってなかったのね。
 
牢獄の少年時代
 コバヤシ誘拐、その目的は「昔話を聞かせる事だ」というナミコシ、彼の生い立ちが語られる
 優秀、優しく人付き合いが苦手な少年。

 彼の小さな「社会」、自宅と学校は地獄だった

 家で虐待、学校はイジメ。
 そして残酷な事に、「中学生」には他に居場所なんて作れなかった。

 この二つが地獄であれば、人生丸ごと地獄も同然。

 さらりと、「また転んだのか?」、なんて言っちゃう教師もヒドすぎる!

二十面相『彼と出会ったのは、その直後だった』

イメージ 10

 ナミコシは、「自分」を突き放し、或いは「自分自身の事」だと織り交ぜて過去を語る。
 アケチ先輩の回想と同じ場面

 ただし、周りがみんな髑髏に見える以外、ナミコシの見ている世界は普通である。

 アケチ先輩の場合、背景とか薄れてましたもんね

ナミコシ『僕が作りあげる法則、暗黒の世界を照らすもの、暗黒星』

アケチ『導き出すのは、社会の変質か? ―――面白い』

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

 先輩お気に入りの音楽って、ナミコシ譲りだったのね。

ラプラスの悪魔
 ナミコシは、数学者ラプラスの考えを実現させ、数学的に社会を変えようと試みていた。
 それは妄想だったが、二人の天才性が実現へ近付ける

 僕たちはのめりこんだ、世界を変える為に…、いや、実際どうだろうね…?

 だが逆に、それが「手段」に変わっていく。
 同じ目標という幸福。

 祭りの為に始めたはずが、祭りの支度の方が面白くなっちゃったタイプ。

二十面相『暴力は、当然続いていた。教室でも、家庭でも』

『でもね、辛くはなかった………』

イメージ 16

 もちろん、暴力も虐待も止まらなかったけれど、生き甲斐ができたことがナミコシを元気付けた
 居場所がある、それは大きい。
 とてもとても大きい

 しかも―――

アケチ『久しぶりに来てみれば…、まだやっていたのか、クズ共!』

モブ『はい、コイツ死亡~~グハッ!?』

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

 ただの空手だった!

通信カラテすげぇ!
 ずっと、図書館にこもりきりだったはずのアケチが、わざわざ助けに来てくれた喜び。
 彼にとっても、自分が特別だという証明。

 通信空手の限界だ。いかんせん、筋力と体力が追いつかない

 あの脱臼、そういう事!?
 ただの虚弱!?

 てっきり天才すぎる代償に身体がどうたら、とか、そんな設定なのかと!

アケチ『前から思っていたんだが……、良い顔で笑うよな、お前』

イメージ 20

イメージ 21

 そうして、救われていくナミコシ少年に、コバヤシ少年の目にも涙……、涙、だと……!?
 あの人でなしのコバヤシ君が!?
 どんな涙!?

 ナミコシの半生に、共感をしたというのか……!?

ナミコシ『彼は理解した――、数式だよ』

『そう気付いたからこそ、僕は成し遂げると決めたんだ……』

イメージ 22

 だが、ナミコシの出した結論は、あまりに「間違ったもの」だったようです
 ちょうど、前回のアケチにも似ているかも

 彼は、アケチが良くしてくれるのは、「数式」への興味ゆえだと思い込んでしまったらしい。

 自分の価値を考えない。
 ついつい、自分自身の価値を見過ごしてしまう二人。

モブ『せんせー、テレビアニメ見て、カッター振り回しましたァ♪』

モブ『ハハッ、アニメなんて見るかってェの、キモ♪』

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

 ああ、二十面相マスクに「傷がある」のはそれでか!

怒りの武道
 やがて、イジメはますますエスカレートし、あの「頬の傷」を刻み付けられるのだが
 行った者、教師はアケチが殲滅

 しかし、「家庭の事情」には踏み込めず、子供の無力を露呈する。

 更に、「アケチをリンチにする」という噂に
 遂にナミコシはキレた。

 あれほど、イジメられてもキレなかったナミコシが、ここで「数式」を実行。

 呆気ないほど簡単に、“原因”は消え去る。

二十面相『この計算は、僕が導いたものだけど、現行法では犯罪とならない』

コバヤシ『どうして、アケチ先輩に助けを求めなかったんですか?』

イメージ 31

イメージ 32

 さっき泣いたコバヤシは、ナミコシを苦しめた者たちの死に、ニコヤカな笑みを浮かべる。
 無論、疑問もあった

 彼をヒーローか何かのように思っているのかな? …彼も、僕と同じ中学生だったんだ

 傷を負わされた時、アケチは「家庭の事情」に踏み込めなかった
 ナミコシは彼の限界を知った。

 だから「数式」に頼ったのだが――――

アケチ『解っているのか! 俺達の数式には欠陥が判明した!』

『文字通り、“致命的な”欠陥、数式作成者の死!』

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

 なるほど、前回の「検視官の弟」の自殺、ナミコシの身代わりになって死んだのか!

恐ろしき錯誤
 が、アケチは「もう数式は使うな」、これ以上進めれば、俺たちいずれかが死ぬという。
 それが“致命的”欠陥だった。

 が、数式だけが、自分とアケチを繋いでいると彼は思いこんでいた。

 故に完成させるべく暴走
 数式で二十面相という象徴を生み出し、次々と事件を起こし、自殺までも偽装した。

 全ては、ここで「二十面相は誰にも負けない」と演出する為

 長い計画であった!

二十面相『ネット上では、僕の顔写真は広まったよ――――』

『全て、法則の一部だ』

イメージ 38

 前回、多くのモブが「ナミコシ復活」に驚いたのも、意図的に流出させた為だった。
 彼の「死」と共に、本物の二十面相は沈黙
 三年の月日が流れた

 情報操作により、死んだナミコシ少年こそ、“本物の二十面相だ”と噂が広まる。

 最近の二十面相活発化で、噂も活性化したでしょうし。

コバヤシ『何がしたいんですかあなたは? 世界を変える?』

『それは、結果的なものですよね?』

イメージ 1

 また今回の流れからして、「二十面相」は本来は想定外、世直しなんて考えていなかった!
 考えていたとしても、きっと別の形

 だが、アケチが危ないと感じた彼は、断罪装置として数式を使用。

 世界を変えるなんて、「結果的なもの」だった。

二十面相『そうだね…、僕はアケチ君にみて欲しい、知って欲しいんだ』

『あの日々に見た夢が、幻ではなかったと』

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

 解りました。つまり、法則の最後のピースとして、ボクの命が必要なんですね?

夜の夢こそまこと
 昔話は、数式「暗黒星」完成こそが彼の望み、アケチとの友情を確かにする為の事だと語る為
 コバヤシは、その真意を諒解する

 ご覧? 死ぬには良い日だ…………。

 ナミコシは、自分とコバヤシと「二十面相たち」の死によって
 数式が完成すると語る

 既に、地獄絵図が展開された地上を眺め、ナミコシ達は「自害」を図るが……?

 コバヤシ君、察し良すぎィ!!

次回、最終話「白昼夢」。夜の夢こそまこと、なら昼の夢は…?

イメージ 20

 まさかメンヘラ「担任」さん、改心ナミコシを刺し殺して終了。なんてオチは…? まさかね!

濃厚な心中計画
 といったら身もフタも無いですが、手を差し伸べてくれたアケチ、彼との友情を確かにする為か
 ナミコシは、アケチが「数式」にしか興味を持ってない
 そう誤解して暴走

 彼が数式が誤りだと拒絶したから、それが本物だと、そう証明する為の暴走だと。

 むしろ「お前が死ぬ! やめろ!」って止めてたのに
 アケチ、気持ちが伝わらない!

 早くも最終話、思ったのとは違う展開になりそうですが、あと一話でどうまとめるのでしょう?

 次回、♯11「白昼夢(完)」
 夜の夢こそ真実。