GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

クラスルーム☆クライシス 第十話「常務 霧羽ナギサ」感想、あれ伏線だったの!?

  汚い、さすがラスボス汚い! トントン拍子は敗北フラグ……!

イメージ 21

イメージ 37

 常務となり、A-TEC再建を「復讐の武器だ」と言い捨て奔走するナギサ、彼一流の「嘘」かと思いきや
 残念! 騙されていたのはナギサだったのよ!
 ナギサですらないがな!

 

 以前、ナギサなんて女みたいな名前しやがって! と罵ったクソ眼鏡兄貴、まさかの伏線!!

 

そりゃねえよ!
 以前、イリスはナギサの兄妹なのかと誤解していましたが、まさかの当人。
 ナギサ本人は、やはり知らないのか?

 

 さて、ラスボス兄さんはどんな要求をしてくるのでしょう。

  アナウンサー『今後の国会は、二大政権連合の対決という構図に―――』

イメージ 2

 元与党、星民党は2割まで後退しましたが…?

 

トラバサミ
 ナギサは、「科宮の直系」という出生を利用し、副社長派の神輿となる道を選ぶ。
 常務となり、社長の無策をあげつらう作戦を立てるが
 待っていたのは絶望だった

 

 実はナギサは影武者、イリスと入れ替えられた「白崎家」の子供だったのだ

 

 頼みの綱の「政治家」も、兄はナギサの手法をスケールアップして対抗
 元与党を、連立の形で「与党」に居残らせた

 

 結果、ナギサは全ての強みを失い、記憶を取り戻したイリスは試作機ごと火星地表に落下する―――。

 

 次回、第十一話「それぞれの逆襲」

  カイト『あと一ヶ月でA-TECの運命が決まる、そんなこと言ってる場合か!』

  『社内や重役達に成果をアピールして、存続を勝ち取るんだ!』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 今回はあくまで「試験飛行」、問題は次の「社内プレゼン」なのね。

 

常務 霧羽ナギサ
 1月4日、仕事始めと共にナギサは二階級特進、重役会議の一員「常務」昇格を果たしていた。
 対し、A-TECは彼との別離に眉を寄せる

 

 果たして励ませば良いのか、恨めば良いのかどうすれば!

 

 ともかくプレゼンだ!
 来月、試作機「X-3」の完成度を重役に見せつけ、我らが存続を勝ち取らねばと。 

 

 ミズキも、行き場のない気持ちをメカにぶつける!(物理)

  柳井 副社長『とうとう来たかナギサ君! その若さでよくやった』

  『社長派と我々は、完全に拮抗したッ!』

イメージ 7

 一方、黒幕かウサギみたいな声をした副社長、「一族」以外でありながらナンバー2に座す男は
 本業であるロケットを蔑ろにし、副業で利益を上げる現社長
 有能なる長兄、カズヒサに噛み付く

 

 みたところ、ナギサや本業は口実、「カズヒサを倒し社長に就く」のが狙いか。

 

 それ故、非常に足元がお留守な人物であった。

  ナギサ『社長も、僕を昇格させるのは苦渋の決断だったでしょうね?』

  柳井『だが、こちらには古林先生がいる…!』

イメージ 8

イメージ 9

 ナギサの価値は、前回「勝たせた」古林議員の恩、彼を通じて「新・与党」に食い込んだことだ。
 同社は、旧与党派だったが、敗戦で彼らは価値を失った
 与党とのつながりが必要なのだ

 

 何より、ナギサは謀殺された「もう一つの創業一族、科宮」の遺児

 

 社長攻撃の格好の材料だ。

  花子『ナギサ様も、なんだかんだとA-TECを気にかけてらっしゃるんですね♪』

  ナギサ『カズヒサを倒す為の手段に過ぎない―――』

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 16

イメージ 17

 アンジェリーナ花子かわいい!

 

霧羽ナギサの戦い
 ナギサは、副社長の「武器」にされていると知りつつ、カズヒサを倒す為に粉骨砕身する。
 社長が、ユウジを使ってA-TEC潰しを命じた事
 これが鍵だ

 

 今、A-TECの有能さを示せば、潰そうとした社長の無能さを糾弾できる!

 

 自身の為にA-TECを助ける!
 ナギサは頑張り、花子も微笑む奮闘劇だったが…!

  ミズキ『ちゃーんと、“ナギサ君”って呼んであげようよ♪』

  イリス『なんとなく、その名前で呼ぶ事は抵抗が……』

イメージ 15

 一方、今はA-TEC再建「X-3」完成に勤しむべきだと、ミズキは火の吹くような努力を重ね
 見かねたイリスと、しばし笑いあう

 

 なるほど、イリスは彼の元部下だから、名前で呼ぶのは恐れ多いのかな……?

 

 と、思ってました(過去形)。

  イリス『ミズキは……、彼のこと、好きなんだ?』

  ミズキ『―――うん。…うん!!』

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

 十五億なんとかなった!
 
思いと努力の先
 また、なにくれとナギサの世話をしていたミズキは、彼への特別な思いを認める
 そんな彼女と共に、遂に試作機「X-3」は完成―――

 

 だが渦中のカズヒサ社長もまた、元与党・星民の党首と会談…!

 

 三者三様、事態は動く!
 動くのだが…!

 

 ナギサ、独り「仲間」に背を向ける――――

 

 強い男だぜナギサ!

  ナギサ『私の方から、緊急で決議をとりたい議題があります―――』

イメージ 30

 かくして、運命の日、ナギサは事実上の「社長糾弾の決議」に乗り出す。
 が、明らかにコレはダメな流れだ…!

 

  カズヒサ社長、「渋い顔」をする

イメージ 28

 この時、社長が「不満だった」のは、ナギサが気付かなかった事なんでしょうね。
 完全に裸の王様

 

 ここで自分の罠に気付き、撤退、或いは反撃してくれるのではないか?と。

 

 そんな思いだったんじゃないでしょうか。

  組合長『悪いけど、今、軽口叩いている場合じゃないですよ服部君』

  花子『その名で呼ぶな殺すぞ』

イメージ 29

イメージ 31

イメージ 1

イメージ 32

イメージ 33

 同乗してたのは、イリスの家族じゃなくて「部下」だったのね。

 

ナギサ、三日天下
 だが、「プレゼン」に先駆けて飛んだイリスは、甦ったトラウマによって試作機ごと墜落
 ナギサもまた、重役の中で孤立していた
 あの「副社長」すら―――

 

 カズヒサ社長の手配りで、元・与党は、新与党と連立政権を組み「与党」の座に!

 

 ナギサのアドバンテージは消失
 花子、愕然。

 

 それはナギサがやった手段のスケールアップ版、格の違いを思い知らせる!

 

 のみならず―――― 

  イリス『科宮ナギサは……、あたし!?』

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

 記憶が完全な形で甦るイリス、「祖父」が語りかけたのは、彼女では無かっただと…!?
 女の子の姿をした、「孫」とはナギサ!

 

 つまり、「ナギサ」はイリス、本物の影武者だったって事!?

 

 男女逆転した格好をしてるし!

  ナギサ『高橋さん、吉田さん、柳井副社長……!?』

イメージ 37

イメージ 38

 会議室のナギサは、「自分派(副社長派)」全員と、自分で口説き落とした役員の裏切りに呆然
 おそらく、カズヒサは明かしたのでしょう

 

 この「ナギサ」はただの影武者、DNA判定一発でわかることです。

 

 では何故バレなかったのか?
 ともかく、「科宮」「政治家との繋がり」の二つの強みを失い、ナギサ轟沈…!

  次回『勝ってもウジウジ、負けてもウジウジ、鬱陶しいヤツだな!』

イメージ 1

 予告のカイトひでえ! 

 

ナギサ崩壊
 コレ、会議室でショック受けて戻ったら、政治家ってカードは消えてるし真相を聞かされるし…
 ナギサ、どんだけ酷い目に!?
 酷すぎぃ!

 

 まあ、副社長の爺ちゃんんも、価値がなくなりゃポイですよね!

 

 試作機も吹き飛んだのか?
 それとも、緊急装置か何かで無事なのか…?

 

 次回、第十一話「それぞれの逆襲」