GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『GATE』第10話、五人娘のニッポン旅行編、完結! いい拍手だった!【GATE自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり「絶望と希望」】

出会った悪意と善意。スゴ過ぎた文明に、姫様は何を思う……?

イメージ 23

イメージ 1

 今回、散々「現代世界」の悪意に追い回された姫様ですが、最後に出会った拍手、本当に素晴らしかった!
 常に「日本」が戦争をしたがっている、と考慮している姫様だけに
 あの万雷の拍手、きっと大きいですよね

 あれだけ多くの人たちが、善意を以って送ってくれた、これは本当に大きい!

えー、日本編おわりィ?
 独特の、異世界ギャップがすごく楽しく、伊丹隊長の個人情報ラッシュだったシリーズも終了
 また、異世界に戻っちゃうのね

 ったく、いま少し時間と予算を頂ければ、皇女は間違いなくBL面に堕ちたであろうに…!

戦闘員『他の国の連中と…、着物姿の、少女に……!』

CIA『何を言っている!?』

イメージ 3

イメージ 7

 前回、アメリカの政治的圧力により、自衛隊は『護り』を泣く泣く解いてしまいましたが
 アメリカの誤算は、中国とロシアの存在
 他、二カ国が居たこと

 結果的に、彼ら三カ国が殺しあうことになってしまったワケね!

 不幸中の幸い!

やっぱり「異世界」はスゴい

イメージ 4

イメージ 5

 また、これまで「一方的にヤられる側」だった異世界勢ですが、逆に圧倒する事に。
 異世界勢でも、亜神、神に誓いロゥリィは圧倒的
 銃弾すら物ともしない!

 この身体は傷付いても再生する…、亜神は死なない…

 実はけっこう喰らってた!

『……いえ、死ねないのよ』

イメージ 11

 日本編以来、人外っぷりを見せ付け続けるロゥリィ、彼女が「亜神」となったのも何かあるのか
 また、神に近付き本当に人を捨てる
 その心は揺らぐのか

 なんだか、少し寂しそうでしたね。

異世界って、やっぱりスゴい

イメージ 12

 また、眠りの魔法であっさり無力化してしまったり、やっぱ異世界ってスゴいのね。
 レレイかわいい。

殿下『待たれよ。これから私の推測を言うので、聞いて欲しい』

イメージ 14

 また、今回の件について殿下は間違った推測を述べますが、それは「この世界」への知識不足
 和解を進めたくない、日本人同士の内紛では?
 という誤解

 また、こうした知識を持って帰ってしまう以上、その前提で「帝国が動く」のが気になるところ

 日本が、向こう世界では「帝国」に相当する地位の大国だ、という誤解。 

伊丹『ヤバいな、群衆にどんな人間がいるのか分からない』

イメージ 27

 にしても、ピニャ達に対し「銀座事件の仇だ!」と暴れる、そんな人たちが出てこなく
 平和裏に進み、本当に良かったですね。
 マジでビビった!

 明らかに非武装大観衆に平和的に見送られた姫殿下たち。

 問題は、そうした情報を帝国がどう受け取るか。本作、全24話で確定してますが、果たして継続か分割か

ついつい、元ダンナを「先輩!」って呼んじゃう腐嫁いいよね…。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 1

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

 確か前回いわく、伊丹の危うさが原因で別れたらしいし、心情的には離婚前と同じらしいし…?

次回、久々の鎧姿に
 さてさてさーて、軽視されているという姫殿下、彼女の切羽詰った異世界情報
 帝国上層部、特にノリノリ皇帝はどう処理するんでしょう
 戦う気が前提ですよね

 彼ら、「女の弱腰」みたいな視点でしょうし、あとロゥリィのストッキング描写が頑張りすぎ!

 楽しい異世界(日本)の旅も終わり 
 改めて、異世界の神、魔術、モンスターの凄さ」も知った今シリーズ。

 ドラゴンが空飛ぶ戦車とは言い得て妙でしたが、さて次の展開と、あとテュカとレレイのおめかし可愛い!

 次回、第11話「来訪者」
 ダークエルフ

■関連感想記事
 第7話「皇女の決断」