GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

乱歩奇譚 Game of Laplace ♯9「恐ろしき錯誤」感想、お前もかよ! “予知の数式”、その先に

危うし、コバヤシ少年! だが、それ以上に危うい気がするのは…?

イメージ 8

イメージ 1

 二十面相とは、“二十面相という現象の総称”でしたが、やはりラスボスにあたる人物も登場!
 が、それ以上に気になるのは、やはりエンディングのラスト
 嗚呼、コバヤシ少年の運命やいかに!

 果たして、アケチのすぐ傍に居る二十面相とは、“彼女だけ”なのか……!? 

「財閥の御曹司」ハシバ
 ここは、ハシバもまた二十面相というのが定番ですが、今回の冒頭が気になるところ
 私刑が加速し、権力者が憎まれる今
 彼は危ないのでは?

 思えば、彼が「財閥の少年」という設定は、「二十面相に憎まれる側」になる為なのかなー、とか。

モブ『偉そうな奴らは、自分の手を汚さずズルしてやがる!』

イメージ 2

 加熱し加速する二十面相たち、不景気が生み出す怒りの捌け口―――?

復活祭
 アケチの亡き親友の数式、暗黒星とは「事象がどう連鎖し、結果を出すか」示す、一種の予知であった。
 逆に、欲しい結果を、どんな事象が生み出すかを調べる事で
 あの「二十面相」も生まれたという。

 この数式を解いたアケチは、二十面相を終わらせる「結果」を求め、犯行に立ち向かう。

 が、彼が数式を解く事も「予知」され
 利用されてしまった。

 世に「二十面相潰し」と知られたアケチを出し抜き、二十面相「ナミコシ」は、堂々たる復活を遂げる。

 次回、♯10「変身願望」

アケチ『暗黒星、この数式はあらゆる“結果”を予測できる』

コバヤシ『逆に、欲しい結果の為に、何をすれば良いかも分かってしまう?』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 先輩、序盤から時々見てましたものね。
 
「予知」の数式
 かつて、数学者ラプラスが提唱した未来を見通す知性、それを現代数学で実現させた“暗黒星”こそ
 二十面相の発生源であった。

 ナミコシは、二十面相という結果を求め、暗黒星に予知をさせたのだ。

 三年前、ナミコシは死んだ
 今、アケチは「数式」の解析に躍起になっていた。

 この遺品“暗黒星”を使えるようになれば、逆に「止める手段」も予知してくれるはずだ。

 しかし、解析は困難を極める。

ハシバ『これが二人の作った数式、暗黒星…』

アケチ『―――世界の全てが、この数式に内包されている』

イメージ 6

 この数式は、Aという事象が起こすB、Bが起こすC、Cが起こす―――を積み重ねてゆき
 存在する事象から、未来を見通す仕組みだ。

 バタフライ効果小さな要因が引き金、連鎖して大きな事象に発展する様とも繋がる

 もし、蝶のはばたきが、いずれトルネードの引き金になるとするなら
 その原因、連鎖の流れを解析できれば?

 この数式は、「欲しい結果」を生み出す数式となりうる。

コバヤシ『アケチ先輩にも解けない数式……、手伝わせてください!』

『ナミコシさんと作った物に、触れられたくないんですか?』

イメージ 7

 ナミコシが遺した「完成形」の解析にあたり、コバヤシは作った人の意思、クセを推理
 ハシバは、財閥の次期当主として叩き込まれた分析力で
 解析をバックアップする

 だが、アケチが「欠陥だ」と研究から離れた間に、数式は膨大なものとなっていた。

 ハシバはコバヤシの腹チラにドキドキするが、解析は困難を極める…!

コバヤシ『ねぇハシバ君、これ知ってる?』

『二十面相のフォロワーが集まった、ハッシュタグ

イメージ 8
 
イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

 近い近い! デカいデカい!!
 
危うき少年たち
 また、ネットを媒介に爆発的に広まった二十面相には、“後継者”を名乗るカリスマも現われ
 奔走するアケチを、無力だと嘲弄していた―――

 学校の勉強より重要だと思わない? 世の為、人の為に。

 一方コバヤシは解析に
 ハシバは、彼にすっかり押されていた。

 ビッグコバヤシ!

 ホント、コバヤシ君の尻ってば、強調されすぎだと思うぜ!

ハシバ『アケチさん、少し休んだら……、自分の事も考えてくださいよ!』

コバヤシ『―――アケチ先輩は、自分の事を考えてません』

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

 ごく初歩的なこと、盲点ってなそんなモンですわな。

錯誤
 だが、ハシバの苦言がきっかけとなり、この数式には“アケチが必要だ”と読み解かれる!
 何故なら、今、二十面相を「阻害する壁」として
 アケチは見逃せない存在だ

 何より、作ったナミコシは彼に拘泥していた、要素に混ざっていないハズは無い!

 しかしハシバ君、薄いな!?

ハシバ『――――成、立?』

アケチ『数式が示す次の事象は…、犯行予告の電話』

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

 キャー! アケチ先輩のタイピングカッコイー!

これで、全て整った
 かくして、完成した「暗黒星」は、今後の二十面相事件の有り様を詳細に予知し
 ピタリピタリと、未来を言い当てる

 ワタシをトメテみろ、アケチくん?

 後継者の予告!
 彼は、既に「二十面相」予備軍は、あらゆる場所に居ると誇る。

 職場に家庭に学校に、そしてアケチのすぐ傍に。

 もはや、「支持者」の協力を仰げば、どこでもどんな犯行でも起こせるという事よ…!

コバヤシ『後継者は、ひどくアケチ先輩にこだわっている』

コーヒー先輩『俺が、二十面相にとっての抑止力だからだ――――』

イメージ 20

 あらゆる場所に「支持者」、二十面相予備軍がいたとしても、「捕まる可能性」があるなら
 彼らとて、協力してはくれないだろう

 よって二十面相を全滅させてきたアケチ先輩は、二十面相「発生」の障害

 アケチが消えれば、一気にその数を増すハズ!

“後継者”の目的は二十面相を増やすこと、先輩を倒すことは不可欠だ

イメージ 21

 しかしです、このシーンで「ハシバ君が」描写されたのは、一体どういう事なのだぜ?
 まるで、「アケチを倒しましょう!」って
 彼が力説してるみたい

 彼もまた、あっち側だとでも言うのか……?

ハシバ『学校に来いよ、クラスで浮いちゃうぞ?』

コバヤシ『別に僕は気にしないよ?』

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

 そんな中、ハシバは学校に行くのが「当たり前」、コバヤシを苦労させたくないのも「当たり前」だと
 当たり前だから、という一辺倒で攻め
 見事、存在をかすれさせる

 え? コバヤシ君、ハシバ君に興味を失いかけている……?

 この描写、一体どういう意味なの…!?

清廉潔白な医師・ムナカタ『本日は、お集まり頂きありがとうございます』

『私の国民栄誉賞の授与が決まりまして―――』

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 1

イメージ 28

イメージ 29

 ドレスアップしたコバヤシ君がかわいすぎて困る。

登場二分で地に落ちる名声
 数日後、「清廉潔白」を謳う医師ムナカタのパーティーにて、彼は不法な医療を告発される。
 彼は、とある少年の治療をした。
 彼を救った

 だが、治療に用いた「硬膜」が汚染されており、少年は不治の病に……

 姉は事実をつきとめ
 ムナカタは、その事実を隠蔽する。

 姉は悔しさに泣いた―――!

弟『<泣かないで、お姉ちゃん………>』

イメージ 30

 姉の悲しみに耐えかねた少年は、「泣かないで」と願い、余命一年の命を絶ってしまった……。
 少年、cv山口勝平…!

 そういう事か…!

ムナカタ『デタラメだ! 誰かが私を貶めようと!!』

二十面相『事実よぉ♪ ワタシの弟のことだからねェーーーーっ!!』

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

 cv藤田咲さん、WORKINGの伊波さん、BFTのシアとは全然違うのが面白い!

ファイナル・ショッキング!
 以上、「アケチの近くに居る二十面相」こと、検視官ミナミは堂々と姿を現した!
 何故なら、既に犯行は終わっている…!

 ハーイ♪ 今回の二十面相は、私でしたー!!

 でしたじゃねェよ!
 彼女は、弟と同じ「汚染された硬膜」を、食事に混ぜていた!

 てかお前もかよ!!

 経口、口から食べても感染する!

悪徳医師ムナカタ『私への冒涜は、医学に対する冒涜だ!!』

ミナミ『みっともない取り乱し様…、患者には無断でやっておいて――――』

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

 お前は犯行を遂行できず、ただ無為に逮捕される――――

終わりの始まり
 無論、コバヤシが居た時点でお察しの通り、今回の犯行は「予知」の範疇に過ぎなかった
 だがしかし、これもまた「予知」の範疇

 そこにいるよね? アケチ君―――――。

 ハイ出てきた!
 この暗黒星の解析もまた、予知された事象!

 予知が予知された、そう思い知らせる為の、デモンストレーションに過ぎなかった!

 嗚呼、このcv福山ボイスはやはり……!

コバヤシ『アケチ先輩っ!』

イメージ 41

 その際、何故か制服姿に戻っていたコバヤシは、何者かに昏倒させられた模様。
 さて、一体誰なのか?

 というか、手首に傷持つ「ハナビシ先生」の役割とは一体…?

 今回、出番かと思ったのですが……。

二十面相先生、「ドミノ倒し」を実演する

イメージ 42

 また、一種の幻想風景だったのか、「ドミノ倒し」を実演する二十面相先生。
 ドミノのように、小さな一個の現象をキッカケに
 大きな事象が巻き起こる

 様々な事象、一つ一つ異なる現象が、大きな一つの絵を生み出すのだ。

 なんてアーティスティック☆コンチクショウでしょうか…!

ナミコシ『うつし世はゆめ、よるの夢こそまこと――――』

アケチ『ナミコシ…!』

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

 うつし世とはこの世、夜の夢こそ真実……?

恐ろしき錯誤
 やがて仮面を脱いだ「二十面相」は、白昼堂々焼死した少年、ナミコシだと正体を明かす。
 全ては、この復活劇を印象付ける為!

 そして二十面相は…、現実となる。

 悪徳医師も「事故死」。
 アケチは、二十面相の犯行を止める事ができず、また彼当人も現われた。

 やはり生きていた? それとも、生きていたと思わせるトリック?

 次回、傷男となったナミコシは何を語るのか?

今回サブタイは、「ナミコシが死んだ」という錯誤だったのか…?

イメージ 23

イメージ 24
 
 ハシバ君から目が離せなくて困る。

恐ろしき「不一致」
 なるほど、ミナミ検視官のアホみたいな能天気さは、悲しさと怒りの裏返しだったのか…。
 あの、「死体くん」がまんま弟さんの声という
 なんてこった

 また、敵が漠然とした「人工的な都市伝説」から、「人間」になり、着地が見えてきましたね。

 EDの意味、アケチ探偵の「数式ノート」が波及し
 死屍累々の宴!

 その果て、ラストシーンの意味も、いよいよ明かされるときが近いのか…?

 次回、♯10「変身願望」
 ナカムラさん、ハナビシ先生の動向も気になる!