GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

僕は友達が少ない 11巻(完結)感想。ターンエー的に最終巻!

「次巻は丸々エピローグです」。有言実行、あとがき通りに最終回

イメージ 1

イメージ 2

※画像右下隅クリックで拡大。

 前巻で、『大騒動』と呼べるものも終わったと考えれば、ホントに「いつも通り」に戻っての最終巻
 なんとなくですが、読後感が『俺の妹が(以下略)』の後と似てます
 こう決着させるのかー、みたいな。

 これから、彼らの関係がどうなっていくのかは、それこそ「彼ら次第ですね」みたいな

一応の決着
 冒頭から、「たぶん破局で終わるんだろうな」と思ってた関係も気になり
 一気に読み終えてしまいました。

 あじゅうはしねーーーーーーーーーーーーっ!!

関係にケリをつけて、卒業して、再出発する最終回

イメージ 3

 個人的にいえば、一番好きなのは理科ですし、彼女エンドってワケはないとも思っていました
 今回の決着は、「今の時点の決着に過ぎない」と捉えたので
 今後、可能性はあるさと思うエンド。

 たぶん全員に。

 いやだってほら小鷹ですし、「誰とも付き合わない結末」で、周りの子はあの子達ですからみたいな。
 ともかく、長い執筆お疲れ様でした。

 完全な満足じゃないですけれど、ちゃんと締めくくってくれただけでも万々歳だと思う次第。

 MF文庫「僕は友だちが少ない 11巻(完)」。
 KADOKAWA発行、作者:平坂読、イラスト:ブリキ、2015年8月発売

■関連記事