GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

Fate/kl プリズマ☆イリヤ ツヴァイ ヘルツ!第6話「Blue glass moon」感想。“カード”と聖杯戦争、オーギュストと士郎の関係!

 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ ヘルツ!(2期の2期)。

カードって、何のこと? “聖杯戦争を終わらせた女”も疑問顔である

イメージ 34

イメージ 23

 エンドカード素晴らし過ぎて色々フッ飛びましたが、カードと戦争は無関係、ミユは何かを知っていると示唆
 本来、聖杯戦争の為に“作られた”クロとイリヤにとっても
 今回の件は決して無関係ではない―――

 八枚目のカード…、そんなもの、あるわけない……!?

最大最強の英霊
 間が空いた為、二期のおさらいをしつつ戦う決意を固めるお話。
 あとオーギュストさんが活躍する話

 一期では半ば抹消されてたのに、二期以来、大活躍過ぎて嬉しい悲鳴ですね!

士郎『ヒマなら、手伝ってくれないか?』

イメージ 2

 セラ、エアコンは出来るだけ使わない主義、とかいうホムンクルスの鑑。

答えを求めて
 ルヴィア邸の再建と共に工事も完了、いよいよ、「八枚目」回収作戦が始まろうとしていた。
 バゼットも同行し、カードの奪い合いになると共に
 相手は完全に未知な強敵

 クロは、「カード」と聖杯戦争の類似性から、母アイリを問い詰める

 だが、アイリは聖杯戦争は終わったと繰り返し
 イリヤも直感的に確信する

 唯一、真実を知っていると思われるミユと共に、パーティーは「八枚目」に挑むのだが……?

 次回、第7話「執行者」

アイリ『イリヤちゃん達は海にいったじゃない?』

リズ『実は、私達の水遊び欲も刺激されていた。だからこうなった』

イメージ 1

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

※この後むちゃくちゃボコられた

命儚いプールだ大人よ
 夏の日、士郎の手伝いで水やりをしていたイリヤとクロは、母とリズの水遊びに巻き込まれ
 ついでに士郎も巻き込まれる

 なんでさーーーーーーーーっ!?

 士郎さん本当ギャルゲーだなぁ
 さすがだなぁ

 ていうか、お母さん延々とサボッてて良いんでしょうか?

 切嗣は働いてンねんで!

セラ『お向かいの再建工事が、つい今しがた完了したと』

『なので今日は、再建祝いのランチパーティーが催されるそうです―――』

イメージ 6

イメージ 7

 また、バゼット戦で全壊したエーデルフェルト日本邸の再建が完了、パーティーのお誘いが。
 ちなみに、ダメットさんがバイト暮らしをしているのは
 その弁償の為である。

 水着を探すのに、少し時間がかかります――――

 で、セラの水着姿はブルーレイ特典映像ですねわかります。

アイリ『ごめんなさいね? いつかのお礼もまだしていないのに……』

凛『ああ、学校に来た時の?』

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

 わざわざ持ってきたのか、普段から持ち歩いているのか

がっこうおれい!
 さて、アニメ一期一話では、朝取り掛かって夕方には落成してたエーデルフェルト邸だが
 細かいツッコミはともかく再建祝いである

 今は、たまたま持ってた士郎の写真くらいしかないわ♪

 積極的に、義理の息子を売るスタイル!
 さすがですアイリママ!

 この世界では、士郎は切嗣の連れてきた義理の息子、つまりイリヤは義理のお兄ちゃんに恋を以下省略

 いやー乱世乱世。

士郎『さ、さーて…、次は何を……』

オーギュスト『私の肉は、食べられないと…?』

イメージ 14

イメージ 15

 一方、当の士郎さんは「私の肉(意味深)」を押し付けられ、オーさんの細やかなイヤガラセに
 目に入れても痛くないお嬢様
 この執事、忠義者

 お気をつけ下さい? お嬢様に覚悟もなく近付く悪い虫、いや失礼、人間などひとたまりもありません……

 アメリカバイソンをも一撃死、それが執事のスキルである。

クロ『忘れたのイリヤ? 屋敷の再建と同じくらいになるって言ってたでしょ?』

凛『―――八枚目のカード回収、作戦会議!』

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

 せめてランサーがあればなぁ(一期一話以前、バゼットさんが殴り倒して回収したカード)

シンプル・イズ・バースト
 さて問題の「八枚目」回収には、執行者バゼットも同行、争奪戦の格好になると共に
 長らく地中にあった為、詳細も解らない

 オマケに魔力の流れの根幹に居座り、周辺に異常を起こしていたレベル。

 二期一話のトラブルの原因
 近辺の魔力の流れ、これをたっぷり吸っているのだ

 パワーは従来の七枚の比ではない。

凛『正体不明、過去最強の敵、とれる作戦はひとつしか無いわ』

『最大火力を以って、初撃で終わらせる!』

イメージ 19

 対策はシンプルだが、バゼットに返却されたカードは「キャスター」「アサシン」そして
 使いこなせない大剣の「バーサーカー
 手持ち火力が少ない

 無論、「英霊変身<インストール>」の奥の手はあるが、凛たちには秘密だ。

 できれば明かしたくない
 なんたって、凛やバゼット達とて魔術師組織の一員なのだし

凛『まあ、カードに頼らずとも、最大火力を出す作戦はないワケじゃないわ』

『これが本当に最後の戦い、持てる手段を用いて…、勝つわよ!』

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 24

 切嗣がホントに出てこない……。

決戦前夜
 無論、凛たちは宝石魔術の「奥の手」を用意、ミユも火を吹くような真剣さで立ち向かう。
 今までと同じじゃない、イリヤは悪い予感を感じ始め
 それはクロも同様だった

 ねえ教えてママ、カードと聖杯戦争の関係を……!

 ようやく踏み込んだ!
 原作「Fate」,その儀式とあまりに似た形式、クロにはその知識があった、。

 本来、クロはその為に「作られた」のだから。

ルヴィア『貴女の態度はおかしかったわ…、ほんの少しですけれど』

ミユ『今回の作戦から、外して頂いても構いません』

イメージ 22

イメージ 23

 日本に来た日、「居場所をください」と懇願した少女を、ルヴィアは誰よりも信じる。

居場所を下さい
 一方、ルヴィアも「ミユの事情に踏み込まない」が、それは敢えてそうしているのだ。
 ルヴィア、溢れる母性……!

 聞いても聞かなくても変わらない、だって貴女は…、私の妹ですから

 ええ話やドリル姉さん…。
 彼女と違い、ミユは「原作」を持たない、本作完全オリジナルの存在なのである。

クロ『ねえママ答えて、カードと聖杯戦争の関係について!』

アイリスフィール『カードって……、何?』

イメージ 25

イメージ 26

 クロは「聖杯」として作られたイリヤ本来の知識、人格が解放され、カードを核に実体化した存在。

聖杯戦争
 さて、「この世界の聖杯戦争」は、十年前に切嗣とアイリが終わらせ今も事後処理の真っ最中。
 クロの推測は空を切った

 だが、「カード」と聖杯戦争は異様に似ている

 アイリは知らないと繰り返し
 クロは疑い、イリヤは「ママは知らない」と直感的に断言する。

 当事者、アイリが知らない「聖杯戦争」――― 

バゼット『無関係の人間、それも子供を巻き込むなど―――』

凛『無関係、とも限らないわ』

イメージ 27

イメージ 30

イメージ 31

 一方、0時の「作戦開始」を前に、寝袋バゼットに「子供を巻き込んだ」と責められた凛
 彼女達も関係者かもしれない、と推測を漏らす
 しかし―――

 信じているのよ。強さも、その危うさも解った上で…、あの子達の意思と、それが導く答えを!

 今や仲間、今週のルヴィアさん格好良いわ!

イリヤ『これは、“私達の問題”なの』

クロ『私達? 具体的にその括りの中に居るのは、誰と誰なの?』

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 32

イメージ 33

 八枚目のカード…、そんなもの、あるわけない……!?

これは“私達の問題”
 クロは、「ミユがカードの正体を知っている」と指摘するが、イリヤは先を急ごうと返す
 カード回収の中で、答えが見つかるハズだと

 私達で見つけよう、答えを! それがどんなものであったとしても、この目で見届ける――――

 一期と二期での長い伏線
 また、「カードによる変身」もミユは知っていたのよね。

 その性質上、イリヤとクロは聖杯として、「過程をすっ飛ばして答えを得られる」特性があります。

 ですが彼女は、やり方を知っていたんですよね。

次回『もう間に合わない! あの女は、死ぬわ―――』

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 34

 エンドカードは、今週の作画監督の片割れ、遠藤大輔さん。オーギュスト!!

予告で防がれてる!?
 改めて、手持ちが「魔法破り短剣」「隠密分身」「デカすぎ大剣」って……使い勝手悪すぎィ!
 ミユさん愛用の必中槍、ゲイ・ボルグがあれば…!

 ここに来て物語は動き出し、次回、今期初のバトル展開に!

 でもアレだ、オリジナル回を入れるなら
 なんとかしてバトル回やっとけばなー、とも思ったりしました。なんとなく。

 次回、第7話「執行者」